上尾西リトルリーグ

 リトルリーグとは

 


1939年、アメリカペンシルバニア州ウイリアムスポート市在中のカール・ストッツという人が、近所の子供達12人でチームを結成したのが始まりです。
始めの頃は、野球好きな9〜12歳の少年達で作られたわずか3チームの小さな団体でしたが、アメリカ各地に仲間が増えるにつれて、いつしか
「リトルリーグ」と呼ばれるようになりました。
そして47年には、第1回の世界選手権が開催されるほど、広がっていきました。
現在では100を超える国と地域で、約7000リーグ300万人が参加しています。
発祥の地・ウィリアムスポートには、いまでもリトルリーグの世界本部が置かれています。


日本では1964年、関東連盟が発足。2年後に関西連盟ができ、全国に広がっていきました。
現在は全国に12連盟、リーグ数は297(697チーム)あり、国際登録数はアメリカに次いで世界第二位の規模を誇ります。
団体名は2000年10月にリトルシニアと合併し「全日本リトル野球協会」となり、2005年5月19日、文部科学省から「財団法人」の認可がおりました。


住んでいる地域にリトルリーグがあれば、申し込むことができます。
ただ入団するためには条件があります。入団する年の4月30日現在で満9歳から12歳の少年少女、という年齢です。さらに原則として、自分の住んでいる地域のリーグにしか入れません。そのため、せっかく入団しても地域外であると、あとで取り消されることもありますから気をつけて下さい。もちろん、両親の賛成がなければ入団はできません。



年齢に基づいた投球数
昨年までリトルリーグの投手は1試合に6イニングという投球制限がありましたが、今シーズンから「1試合6イニング」が以下のように「年齢に基づいた投球数」に変わりました。
▼10歳以下=75球
▼11〜12歳以下=85球
★休息時間この年齢による投球数の実施と並行して次のように休息時間も決まった。
▼選手が1日に61球以上の投球をした場合=3日の休息
▼選手が1日に41球〜60球の投球をした場合=2日の休息
▼選手が1日に21球〜40球の投球をした場合=1日の休息
▼選手が1日に1〜20球の投球をした場合=休息日は必要としない

離塁の制限
普通の野球の場合、走者が塁から離れるのは自由ですが、リトルリーグには制限があります。つまり投手が投球した球が打者にとどく前や打者が球を打つ前に走者は塁を離れてはいけないことになっています。これに違反し塁から早く離れて得点しても、その得点はみとめられません。もちろん走者はアウトになりませんが、もとの塁にもどらなくてはならないことがあります。

投手への制限
肩やひじの保護のため、投手は最大85球と投数が決まった。

グラウンドの大きさなど
内野は一辺18・29メートルの正方形とする。外野フェンスまでの距離は60・95メートル以上なければならない。
バッター・ボックスは縦1・82メートル、横0・91メートルの長方形とする。
コーチス・ボックスは1・22メートル×2・44メートルとする。
本塁は五角形のゴム板で表示する。一辺が43・2センチの正方形の2つの角を切り取り、一辺を43・2センチ、二辺を21・6センチ、二辺を30・5センチとする。
ベースバッグの大きさは35・6センチ平方から38・1センチ平方以内とする。外辺の厚みは5・7センチ以下とし、中に柔らかい材料を詰める。
投手板は横45・7センチ、縦10・2センチの矩形の白色ゴム板とする。投手板の前縁から本塁の後部先端までの距離は14・02メートルとする。

使用するボール
使うボールはプロ野球と同じものです。重さが141・7グラムから148・8グラムのもので、周囲が22・9センチから23・5センチ以内のものです。

使用するバット
使用できるバットは、木製でも金属製でもかまいません。長さが83・81センチ以内のもので、大きさは直径5・71センチ以内のものです。

使用するスパイク
金属、くさびの付いた靴は使えません。ゴム製くさびの付いた靴は使えます。

ヘルメット
ヘルメットは両耳つきのものを1チーム最低7個用意しなければならない。打者、次打者、全走者及びコーチは、このヘルメットを着用すること。成人のベースコーチについては任意とする。

プロテクター
男子プレーヤーは全員サポーターを着用すること。捕手(男子)は金属、ファイバーまたはプラスチック製のカップ型サポーターを着用するものとする。捕手は「襟つきの長い胸当て」「のど当て」「すね当て」「捕手用ヘルメット」を着用すること。捕手は練習中、投手のウォームアップ中及び試合中は「マスク」「のど当て」「捕手用ヘルメット」を着用すること。

ユニホーム
チームのプレーヤー全員は、同じ色、仕立て、スタイルの番号の付いたユニホームを着用する。公認のリトルリーグ・ワッペンはユニホームの左袖の上部に付けなければならない。
監督、コーチは、通常のユニホーム及び金属スパイク靴を着用してはならないが、帽子、スラックス、シャツは着用しても差しつかえない。

使用できるミットまたはグラブ
捕手は捕手用ミット(一塁手用ミットまたは野手用グラブとは違う)を使用しなければならない。手を保護できるものであれば形状、サイズ、重さの制限はない。
一塁手は縦(先端から末端まで)が30・5センチ以下、横(親指のまたからグラブの外線まで)が20・3センチ以下のグラブまたはミットが使える。重さの制限はない。
一塁手と捕手以外の各野手は縦が30・5センチ以下、横(親指からグラブの外縁まで)が19・4センチ以下のグラブを使用できる。重さに制限はない。
投手のグラブは、縫目、紐、網を含めた全体が一色でなければならい。但し白色または灰色であってはならない。

公認用具
ユニホーム、木製バット、金属製バット、スパイク、ボール、グラブ等はリトルリーグ本部公認の製造業者によってつくられたものを使うことになっています。


-全日本リトル野球協会公式ホームページより-


 

copyright (C) 2015上尾西リトルリーグ Reserved.

(全日本リトル野球協会 北関東連盟所属)