【 合気道 修行 十五 徳 】 

1.合気道の基本動作により丹田が練れ下半身の安定が出来てきます。

2.回転動作等により、三半規管の発達やバランス感覚が良くなります。

3.合気道技では体軸(脊柱等)を正しく使い、動きや姿勢がよくなります。

4.武道の動的腹式呼吸により、自律神経の安定と内臓強化が出来ます。

5.「インナーマッスル(深層筋肉)」が強化されて、老化防止になります。

6.実戦合気道の基本の「重心移動」の稽古で、足腰が粘り強くなります。

7.「間合い」や「呼吸」の練習により、空間認識や瞬発力が鍛えられます。

8.合気道技の稽古で、手首、肘、肩などの関節が柔軟で強靭になります。

 

9・実戦合気道の<路上でもできる受身>で、転倒時の怪我が防げます。

10. 合気道では勝敗を超えた稽古が出来るので、ストレス解消になります。

11. 技の「受け・掛け」を繰り返す稽古で、温かい人間関係が生まれます。

12. 合気・武器術の稽古の反復で、手や指の細密な動きが体得できます。

13.実戦合気道の習得により、理不尽な暴力に怯えず平安に過ごせます。

 

14. 苦手な相手と「合気」をして、良好な人間関係が築け、ストレス軽減。

15. 長年の地道な稽古の積み重ねで、「我慢強い」精神力が作られます。