稽古風景 F&Q

 
SA越谷 TOP
 稽古風景・F&Q
稽古予定
入会金・月謝 他
見学・体験

 

 

 

 

【 稽古風景 】

 

「少年少女クラス」

 

  「体術クラス」

 

  「武器術クラス」

 

※ご覧になりたいクラスを、クリックして下さい。

 

         

          【  FAQ  】

 Q1 合気道S.Aと他流派との違いは?

 

A1−1 合気道S.A.は、道場外の「約束事のない世界」で

          <使える合気道技>の完成を追求する団体です。

 

A1−2 技術的には蹴り技やコンビネーション(連続技)・自由組み手

             などの稽古体系があります。

 

A1−3 技術向上のために、オープントーナメント方式の

            自由組み手の大会を年2回、開催しています。

 

A1−4 打撃はありますが、稽古は、あくまで<高度な>合気道が

            中心の稽古体系です。

 

 Q2 実戦性の高さは?

 

A2−1合気道S.A.の技は、櫻井代表師範の機動隊・

          警察SP・SATへの指導経験が根本にあります。

 

A2−2 複数の実戦空手団体が合気道S.A.を認めて、

             技術交流をしているのも一つの証明です。


 

 Q3 合気道S.A.は誰でも、修得できますか?

 

A3 日常生活を普通にできる方ならば、どなた修得できます。


 

 Q4 S.A.越谷の特徴は

 

A4−1 素手の「体術」と「武器術・武器取り」の両方が、

             同時に学べる、数少ない稽古場です。

 

A4−2 体術・教授五段 武器術・錬士参段の代表が

            惜しみなく、高度な合気道の技法を指導しています。


 

  Q5 S.A.越谷の指導内容は?

 

A5−1 合気道S.A.の奥義の「基本動作」と厳密な「型稽古」を重視です。

 

A5−2 護身を重視。護身打撃技と合気道技の融合と合気技の変化・

            応用技を 指導しています。


 

 Q6 組み手稽古について?

 

A6 組み手をするかどうかは、ご本人の希望です。しかし、

       ある程度の基礎が出来るまでは行いません。

 

 Q7 昇級・昇段の審査とは

 

A6−1 体術・武器術ともに、毎年、3月・6月・9月・12月の

           年4回 審査が行われています。

 

A6-1 少年少女クラスは6月と12月の年2回です。

 

A6−2 受験は自由ですが、上達のためには、

           審査を受けられることをお奨めします。

 

 Q8 初段になるには、どのくらいの期間がかかりますか?

 

A8 個人差はありますが、週1回の稽古で、1年半から2年間くらいが目安です。

       少年少女クラスは 約4年です。

 

Q9 体術と武器術を同時に始めて、大丈夫でしょうか?

 

A9−1 大丈夫です。S.A.越谷の場合、生徒さんのほとんどが

            両クラスに同時入門しています。

 

A9−2 体術と武器術は合気道という武道の表裏一体の技術です。

            相乗効果で上達します。

 

 Q10 武器術する意義は?

 

A10-1 合気道は素手の剣術という言葉があるように、

           武器術に稽古は深い術理の体得になります。

 

A10-2 武器操法は、合気道に必要な「武術筋」や「手の内」を練り上げます。

 

Q11 自分で木刀を振るなどの稽古ではいけませんか?

 

A11-1 我流の稽古は、むしろ有害です。正しい技法を

            指導してくれる指導者に学ぶべきです。

 

A11-2 合気道S.A.の武器術は、櫻井代表師範の長年の手練の結晶です。

           有効で貴重な技法です。



Yahoo!ジオシティーズ