本文へジャンプ







チーム情報





アソシエーションフットボール(association football)、つまりはサッカー(soccer)のことです。
早稲田大学ではサッカー部のことをア式蹴球部といい、その名は日本サッカーの歴史に由来しています。


早稲田大学ア式蹴球部(サッカー部)は、1924年(大正13年)に創設され、「サッカーにおいて、また人間形成において、早稲田が1番であり続けよう」という熱い思いから生まれた合言葉「早稲田 the first!」のもと、現在に至るまで84年間安定した発展を続けてきました。
ア式蹴球部女子はこの熱い思いをそのまま携えて創設されたチームです。


Waseda Maroon&Whiteの略で、「海老茶と白」という意味です。
以前のユニフォームが海老茶と白の縦じまだったことに由来しています。



1991年にア式蹴球部に女子部が創設されて17年。着実に伝統を築きつつあります。現在、監督、トレーナー、学生トレーナーの指導のもと、 なでしこリーグ撃破!インカレ優勝!を目指すとともに人間的成長を課題に、練習に励んでいます。
 現在部員は24名(2008年3月現在)。部員になるために必要なのは、サッカーをやってみたい!サッカーがうまくなりたい!という気持ちのみです。部員の中には、各年代代表選出経験のある、バリバリのサッカ ー経験者とともに、大学からサッカーを始めた者も活躍しています。 グランドでは熱く、泥臭く練習に試合に励んでいます。



全日本サッカー選手権ベスト8!インカレ優勝!!
 
 (C)2008 Waseda University Women's Association Football Club All Right Reserved
            ※当Webサイトに掲載されている文章・画像の無断転載を禁じます