中京少年野球大会規定
1 . 試合は、トーナメント方式とし、1ゲーム7イニングとする。
但し、5回を過ぎて7点差が生じたときにはコールドゲームとする。
2 . 試合開始後80分を経過すると、以後新しいイニングには入らない。
同点の場合は、主催者が試合方式を決定し勝敗を決める。
3 . 試合会場への集合は、各試合開始予定時間の30分前とし、試合開始予定時間の10分前までに
メンバー表(2通)を当日の審判員に提出して攻守を決める。
試合開始予定時間の10分前までにメンバー表が未提出、また、選手が9名揃っていないときは
棄権とする。
但し、主催者が認めた時は、この限りにあらず。
4 . 降雨による試合の成立は、4回の表裏が終了した時点で成立する。
但し、4回表の攻撃が終了した時点で後攻側がリードしている時は成立し、その他の場合は
再試合とする。(試合は後日主催者から連絡する。)
雨天時における、試合の中止、中断は当該審判員がこれを決定するものとする。
5 . 試合に出場できる選手は、当日のメンバー表に記載の選手とする。
選手名簿(冊子)に記載されている選手だけではありません。
6 . 出場選手は、Aリーグは6年生以下、Bリーグは5年生以下の選手とする。
但し、6年生の女子選手はBリーグの試合に出場できる。
7 . 大会使用球は、マルエスボールC号とする。
各チームは2個提出して試合を実施し、使用球は終了後グランド提供チームにお礼として
提供するので、試合チームへは返却しない。
8 . 天候不順時の問い合わせ
試合当日の午前7時に、各チームの代表者1名が 
大会委員長 春名重富 携帯電話090−5851−8222
に問い合わせることとする。
9 . 会場設営
各試合の若番号チームはベース一式、後番号チームは石灰・ラインカー・メジャーを持参して、
共同して会場設営を行う。
10 . 試合中の言動は少年らしく、応援団も節度ある言動、態度を遵守する。