Aricusホーム > アミューズメント > キャプテンの野球講座 > 野手編

▲上へ

▲上へ

▲上へ

▲上へ

コントロールについて

 

球速について
球種について

 野手の基本的な役割としては打球処理で投手を助け、相手ランナーの進塁を防ぎ、得点を許さないということです。
それを踏まえた上で各ポジション別の特別な役割を挙げていきます。ここで言う「役割」とは捕って、投げるといったこと以外の「特に注意すべきポイント」といったニュアンスでとらえてください。


キャッチャー(捕手・ほしゅ)
・ピッチャーのリード ・野手のポジション変更の指示 ・送球の指示 ・盗塁の阻止
このように捕手の仕事は主にチームをまとめ、試合をコントロールすることです。
投手をリードするには、投手を見ることはもちろん相手の打者も見なくてはいけません。
野手のポジション変更をするには味方の野手を見なければいけません。
送球の指示、盗塁の阻止ではランナーを見なければいけません。
つまり、捕手というポジションはグラウンド上の全てを見極めなければなりません。
場合によっては、相手ベンチの動き方を読むということも必要になってきます。
広い視野を持ちましょう。


ファースト(一塁手・いちるいしゅ)
・野手の送球を捕球
一塁手の役割は主に野手の送球をキャッチすることと思っていいでしょう。
バッテリーが必死に考えて打者と対戦し、打たせた打球を野手が大事に捕球し、ファーストへ送球する。
このアウトを取る一連の動きのラストを飾るのが一塁手です。
一般的に「一塁手は守備が簡単」と思われがちですが、
みんなの思いが詰まった送球を捕球するという役割が一塁手にはゆだねられているのです。
そのみんなの思いに応えるような締めくくりでアウトをとりましょう。


セカンド(二塁手・にるいしゅ)
・一塁、二塁のベースカバー
二塁手の主な役割としてはやはりベースカバーでしょうか。
ダブルプレー時、盗塁時のセカンドベースカバー、バント処理時のファーストベースカバー、
この左右の動きが二塁手には求められます。
一塁が近いから肩が弱い人がやるというイメージがあるかと思われますが、一二塁間の打球、二遊間の打球を捕球し、悪い体勢から送球しなければいけないので肩強さや器用さは必要となってきます。
セカンドはいろいろ予期しないプレーが続出します。機転の利く二塁手になりましょう。


サード(三塁手・さんるいしゅ)
・バント処理 ・三塁線打球の死守
バント処理には心の準備が必要です。心の準備とそれなりのダッシュ力があればそんなに難しいプレーにはなりません。
しかし、送りバントの打者をファーストでセーフにしてしまったり、セーフティバントを決められてしまうとチームに大ピンチを招いてしまいます。いつも「バント」ということを頭に入れておきましょう。
そして、もう1つ大事な役割が「三塁線の死守」です
三遊間の打球は抜かれてもシングルヒットにしかなりません。
しかし、三塁線を抜かれた打球というのはほぼ確実に長打になります。
なので、三塁線の打球は「死守」しなければいけません。
なぜ「死守」という言葉を使ったか、それは三塁線の打球は往々にして強い打球が多いからです。
強い打球でも身体で止めに行く気合が三塁手には必要です。


ショート(遊撃手・ゆうげきしゅ)
・二塁、三塁のベースカバー ・三遊間のカバー ・二遊間のカバー
二塁手同様ベースカバーが重要となってきます。
そして遊撃手のもう1つの大事な役目の1つとして、三遊間のカバーです。
先に説明したように、三塁手は三塁線に意識がいっていることが多いです。
なので、遊撃手はその手薄な三遊間をカバーしなくてはなりません。
しかし、二遊間の打球をおろそかにしてはヒットを増やしてしまうことになります。
二遊間の打球というのは二塁手が捕るよりも遊撃手が捕った方が当然送球がしやすくなります。
遊撃手にはこの左右の動きが求められるでしょう。


レフト(左翼手・さよくしゅ)
センター(中堅手・ちゅうけんしゅ)
ライト(右翼手・うよくしゅ)

・内野手のカバーリング
外野手は各ポジションで必要な能力は変わってきますが、守備時の基本的な考え方は一緒です。内野手のカバーリングという意識です。
内野手のカバーリングというのは内野手が思いっきりプレーするための外野手の支えです。
例えば、ノーアウトランナーなしで内野ゴロが転がった場合、内野手は当然ファーストに送球をします。このとき、後ろにライトがカバーしてるのと、していないのではどちらが投げやすいでしょう?当然カバーがいた方が思い切って投げれるでしょう。
外野手の仕事はこういうことです。
地味な役割と思うかもしれませんが、チームとしてとても大事なプレーなので毎回健気にカバーリングに走りましょう。

 初めまして、Aricusの監督兼野手のキャプテンです。
ここでは野手に必要は知識や心得などを紹介していきます。

 私は主に少年野球で内野手、中学野球で投手、高校野球で外野手ということを経験してきました。現在草野球では捕手をやることが多いです。
 ここではあらゆる視点から見た理想の野手像を紹介していきます。

野球講座(投手編)
始めに
監督編
投手編
野手編

 ┣始めに
 ┣守備
 ┣攻撃
 ┗野手の役割

初心者編

 さて、次は攻撃についてです。
打撃フォームなどについては個性が思いっきり出るのでこれが正解というものはありません。なのでここでの説明は控えさせていただきます。

ここでは打撃に関する知識を中心に紹介したいと思います。
野球というスポーツは点を取られなければ負けませんが、点を取らなければ勝てません。
しかし、5点も10点も取る必要はありません。
相手チームよりも点を取れば勝ちなのです。
つまり、私が言いたいのは「状況に応じたバッティングを心がけよう」ということです。

では「状況に応じたバッティング」とはなんなのか?
アウトカウントやランナーの状況、点差、イニング、相手ピッチャーの状態、自分の後の打順・・・考える状況を挙げればきりがありません。
それらの状況を全て考えるのはもちろん、打者にはそれぞれ個性があり、それぞれに役割があります。
打順による役割もありますが、やはり役割は個人の特性に依存することが多いです。

ワンナウト3塁の状況を例に挙げて説明しましょう。
試合展開としては確実に1点を取りに行きたい場面と仮定します。
パワーのあるバッターなら犠牲フライを狙いに行くでしょう。
しかし、非力なバッターに犠牲フライを打てと言ってもなかなか難しいものです。このようなバッターはスクイズや内野に高いゴロを打つことを考えるのが点を取る確率が一番高いと言えるでしょう。

このように「状況に応じたバッティング」とは試合の状況を読んだ上で「自分のできる一番のバッティングをしよう」ということです。

 野手の役割はポジションや打順によって様々ですが、守備と攻撃において、野手の役割として共通することが1つずつあると思います。
守備面では「投手を中心に失点を最小限に抑える」
攻撃面では「全員で少しでも多く点を取る」

この2つの目標を目指すことで勝利は近づくでしょう。
全員で勝つ喜びを堪能しましょう。