平成21年2月14日から3月28日までの土曜日に全7回の運動教室を行ないました。

参加者は、幼稚園児14名。

今回は、前回養老町で開催した1回だけの運動教室とは違い、全7回行ないました。

1回目から7回目に行なう種目を決め運動をしました。

  1回目 走り方、ボール運動

  2回目 ボール運動、跳び箱

  3回目 跳び箱、マット運動

  4回目 マット運動、サッカー

  5回目 サッカー、鉄棒

  6回目 鉄棒、バレーボール

  7回目 バスケットボール、ちびスケ

と、いろんなことにチャレンジしました。

1回目には、ケーブルテレビさんが来てくれました。

スポーツ(専門的にすること)を行なう前に、運動をする=からだを動かすことだと思います。

そのからだを動かすことが、楽しいと思わなければ、スポーツは楽しくないと思います。

この幼児期に、いろいろなことを経験することが、これからの運動神経によい刺激となります。

全7回で、運動が楽しいと思えってもらえたと思います。

体を動かすことで脳の働きが良くなり集中力が高くなります。

子どもは、よく笑い、よくあそび、よく育つのです!

         

すべての種目の写真を撮ることはできませんでしたが、

子どもたちの笑顔は最高です。

この笑顔を見るためにまたがんばりたいと思います。

参加してくれたお友達ありがとうございました。