2013 関甲信
関甲信初戦
対山梨大学


本日の先発は黒田(2年)
しかし不安定な立ち上がりで連打を浴び、いきなり4点の先制を許す。


打線は2回裏、一死一二塁から佐藤(4年)がライトへのタイムリーヒットを放ちまずは1点。


さらに死球と敵失策でためたランナーを
好調井ノ上(3年)がセンター前ヒットでこの回一挙4点を奪い、試合を振り出しに戻す。


同点で迎えた5回裏、センターへの勝ち越しタイムリーを放つ西村(1年)
さらにこの回1点を奪い6−4とする。


見方の援護を貰った先発黒田はその後もランナーを許すものの要所を占め二回以降無失点に抑える。


このまま6−4で勝利。
山梨大学には去年の雪辱を晴らすことができた。



そのまま間を置かずに次の試合へ。
相手は千葉大学


二戦目の先発は池谷(2年)


4回表、ここまで2失点の池谷から田中(3年)へスイッチ


4回裏、ライトオーバーの三塁打を放つ関口(3年)


6回表、連打を浴びピンチの場面で田中は降板。
マウンドには清水(1年)が向かう。


6回裏、一死二塁から森(3年)、関口、井ノ上の連打で2点を奪い点差を縮める。
上、森 下、井ノ上



しかし反撃もここまで。
2−5と、悔しい結果になってしまった。