2013 新人戦
新人戦初戦
対神奈川工科大学


本日の先発はエースの宮澤(1年)



4回表、ホームに生還し喜びを爆発させる 左、池谷(2年) 中、末國(2年) 右、西村(1年)


ピンチを迎え、マウンドに集まり臼杵監督から気合を注入される 左、臼杵監督 中、黒田(2年) 右、宮澤


ピンチの場面でも内野に外野に声を掛け、チームを引っ張る西村


同点で迎えた9回表、先頭の清水(1年)がセンター前ヒットで出塁。しかし、得点にはならず。


その裏、宮澤は三人で抑え試合は延長タイブレークへ。


延長10回表、奥田(2年)がセンターへの2点タイムリーヒットを放ち、これが決勝点となる。
その裏、犠飛で一点を失うも5−4で勝利。



翌日の二回戦 相手は神奈川大学


本日の先発は池谷(2年)
しかし初回で2失点してしまう


その裏、先頭の米村(1年)がレフトへのツーベースを放つも後続が倒れ得点ならず。


昨日完投した宮澤、昨年の新人戦敢闘賞の末國と二人の投手をつぎ込むも
強力神大打線を前に大量失点を喫する


しかし4人目にマウンドに上がった清水が力で相手打線を封じ込める


なんとかしたい市大打線であったが、相手の威力のある直球と切れ味鋭い変化に苦しめられる
上、黒田 下、石原(1年)



躍動する清水
4回2/3を自責点ゼロに抑える“怪投”


結局試合は1-15で規定により7回コールド負けを喫した。
力の差を見せつけられ、悔しい思いをした試合。
この敗戦をバネに、より強いチームを目指していきます。