FCJ Rd.3-4 結果報告
5月10-11日 鈴鹿サーキット
第3戦 予選 1位 ウェット 第4戦 予選 5位 ウェット FCJ Official Report
決勝 リタイヤ ウェット 決勝 リタイヤ ドライ 参加台数26台


今回はテストの段階から自分に余裕がなかったです。
というのも、まずコースに慣れることから入ったからです。富士はコースを気にすることなく他の状況から走り始めることができていたのですが、今回はそれができていませんでした。

木曜日、金曜日の走行で自分の出来ることだけに集中するのは良かったですが、他の事に気が回らなかったです。
たとえば、富士では風の方向を常に気にしていたのですが、鈴鹿ではそのレベルにいくまでに少し時間がかかってしまいました。

予選は雨のコンディションとなったわけですが、第3戦の予選は自分の100%の力を発揮できました。そのときはタイムを出した瞬間に順位を確認していませんでしたがポールだと確信しました。
第4戦の予選は自分がミスを犯してしまった結果がでたと思います。
しかしあれだけミスをしたにも関らず0,3秒の差と思うと、ポールは取れていたと思います。

第3戦の決勝は自分の気持ちに少し余裕がなかったです。というのも、フォーメーションラップに出る時にスタートがすごく上手くいったため一周目から後方を離そうと考えました。
そのためタイヤを暖めようとした結果スピンしてしまいました。
今後は気持ちにゆとりを持つトレーニングをしていこうと思います。

第4戦はすごく落ち着いてスタートできました。
しかし2周目のペースが自分で抑えてしまったため追突されてしまいました。
これは相手を攻めるより自分がもっと速く走れば問題ないので、次の走行で冷えているときの速さもプラクティスの時から意識して走ります。



今回のレースは色々なことを体験することができました。
終わった後に僕は確かにすごく悔しいとは思いましたが、落ち込んでいるかと聞かれるとそれはないです。とはっきり言えます。
これで自分が上位にいれたことで自信にも繫がったし、さらに速くなれる課題が見つかったことで楽しみが増えました。
ちなみに予選一回目はすごく気持ちよかったです。


チームサムライ FTRS FCJ   ♯20 松井 孝允









松井孝允Web Site

松井孝允 Race Report FCJ [Rd.3-4 鈴鹿サーキット]