FCJ Rd.5-6 結果報告
5月24-25日 ツインリンクもてぎ
第5戦 予選  1位 ドライ 第6戦 予選  2位 ドライ
決勝 23位 ドライ 決勝  6位 FL ウェット 参加台数26台

今回のもてぎラウンドは自信を持って挑むことが出来ました。
ただ、決勝のスタートのあたりは不安に思っている部分が少しありました。
不安に思っているからスタートを失敗したりミスをしたりしました。これは自分のメンタルの弱さが出てしまいました。


・合同テスト
火曜日水曜日の合同テストでは自分の課題である、USEDタイヤの使い方だけを意識して走りました。
その中で レイン・ドライコンディションと色々な状況を走ることが出来、いい経験をしました。どんどんいい路面になっていく中で走り方をどんどん変えていかないといけませんでした。
水曜日の2本目にNEWタイヤを入れました。そこでの内圧を予選に生かせるように自分の中で整理しました。
その後のセッションで、ロングのテストをしました。終えてエア圧を測ると路面温度のせいで予定していたエア圧より高くなっていました。
これらの経験したことをまとめてレースに備えました。


・予選
テストの段階でNEWタイヤのおいしいところ、そして自分のいけないところを、頭の中でイメージして予選に挑みました。
NEWタイヤのおいしい部分は計測3周目と事前のテストの結果からわかっていました。
だから、計測に入るまでは前のマシンとのスペースを確保することだけに集中しました。そうすれば無駄なラップをしなくて済みました。


・第5戦
 まずスタートは、反応は良かったのですがその後にホイールスピンをさせてしまいました。結果3位で周回を重ねていたのですが、5周を過ぎたあたりからブレーキをした時に違和感を覚えました。
最初は気のせいだと思いましたが、だんだんひどくなってきてこれはスローパンクチャーだとわかりピットに入りタイヤ交換をしました。
これは自分の力ではどうしようもなかったので、第6戦に向けて気持ちを切り替えました。


・第6戦
 スタート後の1コーナーでリアブレーキをロックさせてしまったことで、コースオフしてしまいました。
そこで、最後尾まで落ちました。そしてV字コーナーで止まっている車両を避けきれずに接触してしまいフロントウィングを破損してしまいました。
しかし気持ちはあきらめたくなかったので、常に攻めの姿勢を貫きました。
その中で、最終ラップにファステストラップを獲ったことで、次回の富士ラウンドに向けて良い流れを自分で作れたと思います。

確かに結果は残っていませんが、予選の内容・決勝の内容を踏まえると確実にステップアップしていると思います。
だから次回の富士ラウンドが楽しみです。


チームサムライ FTRS FCJ   ♯20 松井 孝允







タカミツ Website

松井孝允 Race Report FCJ [Rd.5-6 ツインリンクもてぎ]