FCJ Rd.13-14 結果報告
8月30-31日 富士スピードウェイ
第13戦 予選 18位 ウェット 決勝 4位 ウェット
第14戦 予選 11位 ハーフウェット 決勝 14位 ドライ 参加台数26台


富士ラウンドには自信を持ってサーキットに入りました。天気が土曜日までは良くなさそうだったので前回のレースの良いイメージのまま走りました。
しかし天気はころころと変わるので難しいコンディションでした。その中で予選は自分が走っていてそんなに悪い感じではなかったので自信を持ったまま決勝に挑みました。
決勝では自分の走りが出来たと思います。結果は確かに良くありませんでしたが手ごたえのある内容でした。

・合同テス
木曜日は雨で前のレースのイメージで入ってきてフィーリングがよかったので、特に自分の感覚のまま走りました。
その他はタイヤのエア圧を少し調整するだけでよかったです。
金曜日はドライコンディションでした。そこでは晴れた場合の予選に向けてシミュレーションをしました。
その後はロングをシミュレーションしました。そこでいまいちのフィーリングだったので少しエア圧を調整して少しは良くなりました。
あとリアウィングを寝かせたセットになりオーバーステア傾向でした。

・予選
1回目の予選はハーフウェットでレインタイヤでの走行でした。そこで自分はとにかくプッシュすることだけに集中しました。しかしそれがレインタイヤをブローさせてしまい最終ラップのコンディションが良いときにはタイヤが辛い状況でした。
2回目はドライコンディションでしたので、タイヤのおいしいところを使おうと思い集中していきました。
結果はあまりよくなかったのですが自分の状況を考えると内容は良かったです。

・第13戦
雨が降ってきてとにかく自分のベストを尽くそうと思い走りました。
特にスタートは後ろだったので、ウォータースクリーンで全然見えなかったので慎重に行きました。
少し落ち着いてきたら自分のペースで走れるようになり、オーバーテイクもして順位を上げることが出来ました。
後はとにかくコース上にとどまることが重要なのでそこに重点を置いて走りました。
だから今回は雨のレースならではの内容になりました。

・第14戦
この日はドライコンディションだったので、とにかくポイントをとる目標にしました。
その中スタートで2・3台抜いて1コーナーに差し掛かった時に接触してしまいフロントウィングを壊してしまい後はそのマシンで出来ることだけをしてチェッカーまでマシンを運びました。
このレースで自分の出来ること出来ない事の判断が明確に出来るようになりました。
だからこの経験を活かし自分のレースに繋げていきます。


#20 TDPスカラシップFCJ
                 松井 孝允







タカミツ Website

松井孝允 Race Report FCJ [Rd.13-14 富士スピードウェイ]