スーパー耐久レース 結果報告
第2戦  FUJIスピードウェイ  天候・予選ドライ 決勝ドライ
7月23~24日
[ST-2 class] 予選 2位 Result
決勝 1位 Result
参加台数39台

チーム:RS オガワ ADVAN ランサー
ドライバー:大橋正澄・阪口良平・松本武士

 こんにちは。#20RS オガワADVAN ランサーのC ドライバーを勤める松本武士です。幕戦の菅生から約2 ヶ月のインターバルがありましたが、あっという間に第2戦がやってきました。今回もざっくりと、出来る限り単純で分かりやすくレポートしていきますので、読んでみてください。

22日(金)フリー走行
 まずは占有走行の様子から。この日は約50分の走行枠が3本ありました。1本目はマシンチェック、セッティングの確認で阪口選手が走行しました。特に問題なく、2本目は大橋選手と僕で半分ずつ走行。もう少しリアのグリップを落として、曲がりやすくしたいので前後の車高を調整。3本目に1人ずつ交代で走行してセッティングに問題は無いのでこの日は終了。タイムもトップでいいフィーリングで終えました。

23日(土)予選
 Aドライバー予選は、エンドレスがかなり速かったですが、他のチームは伸びて来ず2番手を確保。Bドライバー予選は他のチームもタイムを伸ばして来て3位、合算でグリットは2位となりました。
 自分が担当したCドライバー予選は、決勝でのマシンの動きをチェックするために、燃料を満タンにして中古タイヤで走行しました。重たい状態でも乗りにくいなどの問題なく、むしろ乗りやすくいいフィーリングでした。決勝の準備は整いました。

24日(日)決勝
 スタートドライバーは阪口選手。スタート直後からしばらくは、エンドレスと僅差で緊迫した展開が続きました。しかし、1時間が近づくころには少し差が開いてきました。無理せず、安定したペースを続け、1時間15分を過ぎたあたりでドライバー交代。2番目の松本に交代。ここで珍事件が発生。公表するのは恥ずかしいので、知りたい方は僕にお問い合わせください(笑)
 まずまずのペースで走行を続けて、3番目の大橋さんに交代。大橋選手も安定したペースで無理なく走行をしていると、なんとホームストレートでエンドレスの車両がエンジンブローでストップ。これで自動的にトップへ。2番手とは差があるのでペースを落としてマシンを労わる走行へ変更。2回目のピットインでもう一度阪口選手へチェンジして、チェッカーへ向けて万全の体制に。1時間後、無事にトップチェッカー、RSオガワ今期初優勝。僕にとってはS耐初優勝です。

 次の岡山へ向けて、チームの雰囲気、マシンのコンディションは最高の状態です。それを崩さないように、僕がメンタル面をもう少し強くしなければいけません。
今回の経験で、いろいろ学ぶことができました。同じミスはもうしません。
次の岡山は、僕にとってはホームコースなので、たくさんの応援を宜しくお願いします。


松本武士









松本武士 Race Report スーパー耐久レース [Rd.2 FUJIスピードウェイ]