円心塾での居合

居合とは 居合は、戦国時代、戦場で槍・長刀等が折られ、あるいは打ち落とされた場合などに、素早く刀を抜き放って敵に乗ずる暇を与えないために生じた武術であると言われています。居合道という武道として確立されたのは、林崎甚助源重信が神明夢想流を考案したのが始めと言われています。以来、門人たちに受け継がれ様々な流派が生まれました。
無外流居合兵道 円心塾では無外流居合兵道を稽古しております。
無外流は、江戸時代に辻月丹資茂(つじげったんすけもち)によって
開かれた剣術です。
辻月丹資茂は13才のとき京都に出て山口流の山口卜真斎につい
て剣術を学び、26才のとき江戸に行って麹町に道場を構えました。
精神修養のため麻布の吸江寺の開祖石潭禅師に師事して、禅学と
中国の古典を学びます。45才のとき悟りを開き、禅師から「一法実
無外 乾坤得一貞 吹毛方納密 動着則光清」の偈(げ)を与えられ、
無外流を開きました。
無外流居合兵道は、11代中川士龍先生により体系付けられたものとなります。

必要な物品
  • 居合着(3,000円~8,000円)
  • 剣道袴(3000円~8,000円)
  • 帯(2,000円~4,000円)
  • 居合用模擬刀(25,000円~50,000円)
道着・袴は居合と兼用で構いませんので、2種類購入されなくても大丈夫です。