神道夢想流杖道

杖道とは 江戸時代初期の武術家である夢想権之助勝吉が開いた神道夢想流杖術を起源とした武道です。長さが4尺2寸1分(約128cm)・直径8分(約2.4cm)の樫で出来た丸木の杖を武器として使用します。杖と木刀の2人組で型稽古を主に行う古武道となります。
神道夢想流杖術の起源 夢想権之助は、天真正伝香取神道流の奥義を究め、更に鹿島神流の流祖、松本備前守に学んで鹿島神流の奥義を究め「一の太刀」の極意を授かったと言われています。しかし、剣豪宮本武蔵と試合をしましたが、武蔵の二天一流の極意である十字留にかかり、押すことも退くことも出来ず敗れてしまいます。
それ以来、権之助は、武者修業をして諸国を遍歴し、武蔵の二天一流十字留打破に工夫専念して修行を続け、筑前の国に辿り着きます。霊峰宝満山に登り、竈門神社にて、祈願参籠すること37日後、夢の中に童子が現れ、「丸木をもって水月を知れ」との御神託を授けられました。
権之助は、その御神託をもとに、創意工夫し、3尺2寸の太刀より1尺長くした4尺2寸1分、直径8分の樫の丸木を作りこれを武器とし、槍、薙刀、太刀の3つの武術を総合した杖術を編み出し、遂に宮本武蔵を破ったと伝えられています。その後、福岡藩に召し抱えられ、明治時代まで門外不出の武術として継承されてきました。

必要な物品
  • 剣道着(3,000円~8,000円)
  • 剣道袴(3000円~8,000円)
  • 杖(2,500円~3,000円)
  • 木刀(2,500円~3,000円)
道着・袴は居合と兼用で構いませんので、2種類購入されなくても大丈夫です。