コートの種類 
 
 テニスを行うコートは、地面が平面で、必要な広さが確保出来れば、どこでも構いません。
しかし、普通は以下の5種類が一般的になっています。

【クレーコート】 
粘土または赤土と、細かい砂を混ぜあわせて作ったコートです。球足が遅く、足腰への負担が少ないのが特徴です。日本で多く見られるコートです。
また、陶土を焼いて作った土(レンガの粉)を使ったコートでアンツーカーコートと言うものもあります。こちらは水はけが良いのが特徴で、全仏オープンで使用されています。 
【グラスコート】 
芝生のコートで、球足が速いという特徴があります。手入れをするのが大変なので日本ではあまり見かけません。ローンコートとも言われます。全英オープンで使用されています。 
【オムニコート】 
人工芝に砂をまいたコートで、手入れが楽で多少の雨であればプレーが出来ますが、ボールはあまり弾みません。日本の公式トーナメントでは最も使用されているコートです。 
【ハードコート】 
表面が硬質素材で出来ているコートです。硬質素材なので、足腰への負担が比較的高くなります。全米と全豪オープンで使用されています。 
【室内コート】 
クレーコートやハードコートもありますが、最近の主流はカーペット素材です。天候に左右されないので便利ですが、屋外コートに比べると使用料金は割高になることが多いです。  
 
 
 
 
 ゲームの種類 
 
 テニスには、1人vs1人でシングルスコートで行うシングルス、ダブルスコートで行う同性の2人vs2人によるダブルス、男女ペアの2人vs2人によるミックスダブルスの3種類があります。 
 
 
 
 
 得点の数え方 
 
 テニスでは、1つのプレーに勝てば1つのポイントが得られます。このポイントの数え方は以下のようになっています。 
0ポイント:ラブ(0:Love) 
1ポイント:フィフティーン(15) 
2ポイント:サーティ(30) 
3ポイント:フォーティー(40) 
ゲーム
おまけ:
この数え方は時計の文字盤を4分割したものとイメージしていただければ分かりやすいのですが、それですと「なぜフォーティーファイブ(45)じゃなくてフォーティ(40)なの?」と疑問が浮かびます。これは結構簡単な理由で、「長くて言いにくいからファイブを省略した」というだけで、本来はフォーティーファイブの方が正しいようです。
あと、0はなぜラブなの?という疑問も浮かびます。これは、諸説あるようなのですが、最も有力なのは「0が卵の形に似ているので、フランス語でl'oeuf(レフ)と呼ぶようになり、それを英語のLove(ラブ)と聞き違えて広まった」という説です。因みに他には、「for Love(愛のために:損得のない、無償で)から来ている」なんていうチョット赤面してしまうような説もあるようです。 
 
 
 
 
 勝敗の決め方 
 
 基本的には4ポイントを先にとれば1ゲームを獲得でき(※)、通常は6ゲームを先取した方が1セットを獲得します。試合の勝敗は、ゲーム、もしくはセットを取った数によって決します。
※3ポイントで両方が並んだ場合はデュースとなり、その場合は4ポイント以上の取得が必要になります。

一般的なアマチュアの大会などでは1セットマッチ、もしくは8ゲームマッチ、プロの女性の試合や男性のメジャーではない大会では3セットマッチ、メジャーな男子の大会では5セットマッチで行われています。 
 ゲームの始め方 
 
 テニスのゲームは、一方のプレーヤーがサーブを打つことによって始められます。
このサーブを打つ権利の選択方法は、試合前にコインを上げて表裏で決めるコイントスや、ラケットを回して倒し、倒れた方向や表裏によって決める方法などがあります。
選択権を得れば、
(1)サーブを打つ権利
(2)レシーブする権利
(3)コートを選ぶ権利
の中から何れか1つを選ぶことが出来ます。
通常はサーブを打つ方が優位なのですが、天候により(陽射しや風向きなど)コートを選んだ方が良い場合もあります。もしコートを選べば、相手はサーブかレシーブか自身の好きな方を選ぶことができます。 


用語がんばって覚えてくれ↓↓↓↓↓

● アウト
ボールがネットを越えてコート外の地面に落ちるか、コート外の設備・用具・人などに当たった場合を言います。 
 
● アドバンデージ
デュースになった後に、次のポイントを取って相手より優位に立った状態のことを言います。 
 
● アレー
ダブルス用のコートの、ダブルス・サイドラインとシングルス・サイドラインの間の細長い領域のことです。 
 
● アンツーカーコート
陶土を焼いて作った土(レンガの粉)を使ったコートで、水はけが良いのが特徴です。全仏オープンで使用されています。 
 
● アンパイア
主審(審判)のことを言い、通常はネットの延長線上、ネットポストの外側にある審判台の上に座り、ゲームの進行を管理します。アンパイアはアウトやフォールトの判定、スコアのコールなどを行います。
また、大会によっては「ラインアンパイア」「ネットアンパイア」など、複数の審判員によってゲームが行われる場合もあります。 
 
● インプレー
サーブが行われてから、ポイントが決まるまでの間を言います。 
 
● オムニコート
人工芝に砂をまいたコートで、手入れが楽で多少の雨であればプレーが出来ますが、ボールはあまり弾みません。日本の公式トーナメントでは最も使用されているコートです。 
 
● オンザライン
ベースライン/サイドラインの上に落ちたボールの状態を言い、インプレーとして扱われます。 
 
 
 
 
 カ行 
 
● グラスコート
芝生のコートで、球足が速いという特徴があります。手入れをするのが大変なので日本ではあまり見かけません。ローンコートとも言われます。全英オープンで使用されています。 
 
● グランドストローク
ワンバウンドしたボールを打つショットを総称してこう言います。 
 
● グランドスマッシュ
ワンバウンドして高く弾んだボールを打つスマッシュのことを言います。 
 
● グランドスラム
世界の4大大会(全英/全米/全仏/全豪)を一人のプレーヤーがすべて制することを言います。
グランドスラムには3種類あり、グランドスラムと言えば、普通は「4大大会を連続して制す」ことを言います。例えば「全英(6月〜7月)→全米(8月〜9月)→全豪(1月)→全仏(5月〜6月)」というように、年度が変わっても連続して制すれば良いことになっています。
この通常のグランドスラムでも達成するのは困難なのですが、それよりも困難なのが「年間グランドスラム」です。これは言葉通り、全豪→全仏→全英→全米と、1年間ですべてを制することを言います。
最も達成しやすいのが「生涯グランドスラム」で、言葉通り年度を問わず生涯で4大会全てを制することを言います。
因みにグランドスラムの達成者は男子0人/女子3人、年間グランドスラムは男子2人/女子3人、生涯グランドスラムは男子3人/女子4人となっています。
※生涯グランドスラムにはグランドスラムと年間グランドスラムの達成者を含んでいません。 
 
● クレーコート
粘土または赤土と、細かい砂を混ぜあわせて作ったコートです。球足が遅く、足腰への負担が少ないのが特徴です。日本で多く見られるコートです。 
 
● コードボール
ラリー中、ネット上部にボールが当たってから相手コートに入ったボールのことで、プレーは継続されます。 
 
 
 
 
 サ行 
 
● サービスエース
サーブで打ち込まれたボールを相手に打ち返せず、サーブが直接ポイントとなることを言います。 
 
● サーブ
自陣コート外で、サイドラインとセンターラインの延長線上の間の領域から、ボールを空中にあげ、着地するまでにラケットで打つ行為を言います。このボレーでプレーは開始されます。 
 
● サイドライン
コート内外を区切るラインの、長い方のラインを言います。シングルス/ダブルス、ともに23.77mです。 
 
● シングルススティック
ダブルスのコートでシングルスのゲームをする際に、ネットの高さを調整するためにアレー内に立てるポストのことを言います。 
 
● ストリング
ラケットのボールを打つ網(ネット)の部分を言います。ガットとも言います。 
 
● ストローク
サーブ、レシーブと続いた後は、お互いにボールを打ち返してラリーとなります。このラリーを構成する「ボールを打つこと」を言います。ストロークには「グランドストローク」「ボレー」「スマッシュ」「ロブ」の4種類があります。 
 
● スプリットステップ
相手プレーヤーがボールを打った瞬間、両足で軽く跳ね、着地の際の反動をいかして次の動作に入りやすくすることを言います。 
 
● スマッシュ
高い位置にあるボールを叩きつけるように打つことを言います。「粉々にする」という意味があり、強く激しいショットです。 
 
● スムース
ラケットの表側を言います。 
 
● スルー
ゲーム中に、打ったボールがネットの網目を通り抜け、相手コート側に落ちることを言います。この場合、ラリーの最中であれば打った側の失点、サーブ時ではフォールトになります。 
 
● セルフジャッジ
アンパイアがいない状態で、プレーヤー同士でゲームを進行管理することを言います。通常は自陣コートに関する判断を自身で行い、状況が微妙な場合は相手プレーヤーに優位な判定をするのがマナーです。 
 
● セットポイント
あと1ポイント取れば、そのセットを奪うことが出来る状況のことを言います。 
 
● センターサービスライン
サービスラインの中央を繋ぐラインで、サーブで打たれたボールがこのラインを越えるとフォールトになります。 
 
● センターマーク
ベースラインの中心点につけられているマークを言います。 
 
 
 
 
 タ行 
 
● ダブルフォールト
ファーストサーブ、セカンドサーブ、ともに失敗することで、相手の得点になります。 
 
● デュース
相互のプレーヤー(ペア)がゲーム獲得まで残り1ポイントで並ぶことを言います。3ポイントで並んだ場合に最初のデュースになります。デュース後は一方が連続してポイントを上げなければゲームを獲得出来ず、一方が1ポイント取った後に相手が1ポイント取れば、再度デュースとなります。 
 
● テンション
ストリングの張り具合を言います。 
 
● トップスピン
ボールをこすり上げるようにして打つテクニックです。ボールに縦向きの回転がかかり、バウンド後に大きく跳ねます。 
 
● トス
サーブを打つ際に、ボールを上に放り投げる動作を言います。また、ゲームを始める前にサーブ権やコートの選択を決めるコイントスをこう呼ぶこともあります。 
 
● ドロップショット
ボールに逆回転をかけ(バックスピン)、ネット際に落とすテクニックのことを言います。 
 
 
 
 
 ナ行 
 
● ナイロンストリング
化学繊維のナイロンで出来たストリングで、比較的廉価で耐久性に優れています。 
 
● ナチュラルストリング
牛や羊の腸の繊維を加工して作られたストリングを言います。打つ際の感触など、性能は良いのですが、他素材のストリングに比べると高価です。 
 
● ネット
コートを2つに区切る網を言います。2本のネットポストの間を、ネットポストの地点で高さ1.07m、コートを横切る中央部分で高さ0.914mになるようにして張ります。シングルス/ダブルス、ともに高さは同じです。 
 
● ネットポスト
ネットを張るための高さ1.07mのポストです。サイドラインから0.914m外側に立てます。 
 
● ノットアップ
相手から打たれたボールを、ツーバウンド以上した状態でボールを打つことで、相手の得点になります。 
 
● ノットレディ
相手がボールを受ける準備が出来てない状態でサーブを打ってしまうことを言います。サーブの成否に関わらず、やり直しになります。 

戻る