打球を打つ点1
グランドストロークのときに打球は放物線となるが、どの位置打つのがよいか。
一番ミスが少ないのは、バウンドして頂点に達し、それから落ち始めたところをたたく。なるべく相手の打球を早く予知して、動いてこの点で打とう。もちろんライジングを意図的に打つ場合は別。
打球を打つ点2
打球を捕らえる位置は自分の体に対してどのあたりがよいか。
グリップの厚い人、薄い人、オープンかスクウェアにかまえるかで多少の前後はあるが、基本的には自分の体の中心線より前だ。どのくらい前かは、雑誌や本で確かめてい見ると良い。思いのほか前でとらえると感じる人が多いはず。 体の中心線くらい或いはそれより後ろで玉を捕らえる癖があると、手首やひじをまげてラケットコントロールをする→アウトしたりネットしたり→故障につながると、ろくなことはない。
オープンスタンスとスクウェアスタンス
オープンスタンスは、利点は早い反応をしやすく、クロスに打ちやすく、腰やひざへの負担が小さい。不利な点は逆クロスに打つとサイドアウトしやすい。スクエアはコントロールが安定するが、準備に余裕をもって行いたい。打ったあとは正面に構えうることを習慣化する。
相手の打球の予測
ストロークでミスを減らす最も効果的な方法の一つ。
相手が打った瞬間飛んでくるボールの方向と深さを予測しよう。訓練しだいでかなりできるはずだ。他の人が試合しているきも、自分がプレーヤになったつもりで集中してボールを予測する訓練をする。かなり動きが改善する。
相手の打球をよくみるということ
ストローク中に相手のボールをよく見ることで、ボールに集中することができ、ミスが少なくなる。苦境のときやプレッシャがかかっているときほど効果的。
トップスピンを打つときに振りが大きくなりすぎる
相手の玉をむかえるときに、ラケットの位置は相手の玉の軌道から数センチ下程度でいい。ラケットの面から外れるくらい下から振り上げると、ミスが増える。スピンの量を増すためには、素振りしてスイングスピードを上げることが重要で、大きく振る必要はない。
スライス球はトップスピンで返球しにくい?
トップスピン回転の打球のリターンはトップスピンで返しやすいが、スライス回転やストップボレー気味の玉はトップスピンで返しにくい、スライス球をトップスピンで返すとくネットにひっかけてしまう。これは実はテイクバック時のラケットの高さ合わせに問題がある。ラケットをひくときにラケットの高さと打球の高さをあわせるように引く。だがスライスやストップボレーはバウンド後に予想外に低くはずむことが多く、それをトップスピンで打つとかぶせてしまい、ネットする。相手がスライスで返してきたら、予想して低く腰を落として構えると旨くいく。
今までの話しはトップスピンでもきちんと打てるということだが、やはりスライス球は打ちにくいということは間違いない。
これを試合で利用しない手はない。相手がスピン系でビシバシと打ってくる場合、スライスやストップボレーで返すと、調子を崩せる場合がある。トップスピナーにはスライスアレルギーが結構いる。
足が止まってしまう
足が止まると、玉への反応が遅くなり、上体や手だけで玉を合わせに行くのでバランスを崩し、ミスショットが増えるのだ。
対策は、
やはりスピリットステップを習慣づけることが重要。やり方は雑誌や教科書にも書いてあるが、実際にコーチや上級者の動きを目で見た方が実感しやすい。
目で見て、上級者になりきったつもりで、芝生の上でステップの練習してみよう。
ボールに追いつくときに余裕もっておいつくと足が止まる。実は追いつくときに少し足りないくらいがいい。
ボールを追うときに大またステップをしない。小刻みな歩幅で動く。

まだまだ足が止まる理由たくさんあるのだ。ダブルスの試合のときに玉の行き来をみてしまい、傍観者になってしまう。
これが止まってしまう大きな原因。ダブルスのとき、玉を打ち合っている以外のパートナーもきちんと動く必要がある。
それは相手にプレッシャを与えるとか、相方のカバーリングエリアを補うためとか、前に出て攻撃にでるとか、何かしら動いているのだ。それは教科書や上級者の試合をみて自分で習得していかないといけないこと。遊びでしているテニスでは身につかない。

左手の話
フォアハンドではテークバックのとき左手は体の前に差し出すように、ハの字のようにします。
打つときは左手はわき腹にひっこめます。この動作の意味は、体のバランスをよくする働きがありまして、コントロールアップにつながります。
バックハンドはテークバックのとき左手はラケット中央フレームを握る。打つ直前にはなす。そのとき両腕はハの字に開きます。
戻る