■打点を変える。 

 ファハンドストロークをオープンスタンスで打つときは  打点が前過ぎるとボールを打ち抜くことが難しくなってしまいます。  基本はへその前で打つなのですが、 オープンスタンスで打つときは  利き足のつま先で打点を取るのがおすすめです。  スクエアスタンスでは踏み出した足のつま先、オープンスタンスでは利き足のつま先  と覚えておくといいでしょう。 握るグリップの種類によって打点は前後にずれます。  セミウエスタン・ウエスタングリップの方はそれより少し前!  コンチネンタルグリップの方は少し後ろに調整してください。
■フォアハンドストロークは身体全体を使って打つ!

 フォアハンドストロークのコツはボディ・ターンです。  打つ前には上半身を横に向けて下さいネ。  打つ時は前方への腰のターンを元に上半身を前方にターンしていきます。  腰から上半身、上半身から肩、腕、肘、手、ラケットの順番で前方に 動く感じです。  そして打つ直前にグリップを握って力を入れます。  ボールが飛んでいく時にはその方向へフォーロースルーをとります。  腕だけで打つのではなく身体全体で打っている感じだと簡単にボールが飛びますヨ。 ■ラケットの中央で当てる。

 ラケットのスイートエリアと呼ばれる所で打つとボールはらくらく飛んでいきます。  ここは手に衝撃も少なく少ない力で飛んでいき、打った音もいい音がします。  あなたの持っているラケットが丸かったら  スイートエリアは面の中央より少し手元の方にあります。  あなたの持っているラケットが四角いなら  スイートエリアは中央から上下の部分もエリアです。

 ラケットのスイートエリアを1番。 ラケットのフレームは3番。  それ以外の面の部分を2番。(オフセンターと呼ばれる所です) として  ボールを打った後に番号を言う、あるいは心の中で思うのです。  あっ今打ったボールは2番だった。  あっ今3番で打った。  あっ今1番に近いところで打った。  注意することは打つ前に何番で打とうと思わないことです。  打った後の結果を観察することですよ。 音や手にくる感触を元に観察してください。  そして打たれたボールも見てくださいね。
 すると自然にボールをできるだけラケット面の気持ちいい部分に  当てられるようになってくるのです。  気持ちいいところに自動的に身体が修正してくれるのです。  インナーテニス理論といわれるものです。 試してみては?
■バックハンドの両手打ちは手首を伸ばせ!

 バックハンドストローク両手打ちでボールをうまく当てるコツは  ラケットと腕が直線に近い形にすることです。    ラケットとラケットを持った両手の角度がありすぎると  ボールをラケットの中央に当てるのが難しくなります。  両手打ちバックハンドでボールを打つときの打点で  ラケットを持ったときの形が手の位置よりも ラケットヘッドの方が上にある方は  ラケット面の下半分にボールが当たることが多く、ボールが深く飛ばなかったり  フレームにボールが当ったりします。
 ボールとの距離感は腕の延長上にラケット面があると とても取り易いのです。  手に届くくらいの離れた所にある物を手で掴むとき、腕は物のほうへ伸ばしますよね。  ラケットを手のように扱うことが大切だと言われます。(感覚的にですよ)  腕の延長上にラケット面がなるべくあるようにラケットを握るのです。  手首を少し伸ばしてみましょう。  それで両手打ちバックハンドを打つと ボールが良く当たりますヨ。   試してみては?
■ボレーは直前で打つ!!

 ボレーでボールをうまく飛ばすコツは  ボールがラケットにかなり近づいてから打つことです。  ボールがまだ来てないうちにラケットを動かしてボレーしようとすると  ボールを上手く飛ばせないことも多く、ラケットを引きすぎて  ラケットの中央に当てるのが難しくなります。
 ボレーでは、ボールがラケットと当たるくらい近づいたときに  ラケットを動かして打つと上手く飛んでくれます。  ボールをぎりぎりまでひきつけて打ってみましょう。  ボレーでは正面近くのボールは打ちにくいので  ボールとの距離感は斜め前にボールがあるように  身体を逃がして打つととても打ち易いのです。 
 ボレーを打つときはグリップを握って ボールをラケットで弾ませるといいでしょう。  ボレーを準備しているときは グリップの力は抜いて構えてくださいネ。  ボールが良く飛びますヨ。  試してみては?
★レシーブのタイミング★

 レシーブをするときのタイミングは、相手のサーブにあわせるのがおすすめです。  相手がサーブをするためにトスを上げます。  トスを上げるのと自分がジャンプするのをあわせます。
 ジャンプした後、コートに足が着地するのと  相手がサーブでボールを打つ瞬間をあわせます!  速いサーブはこれで僕は合わせています。  遅いサーブはこのタイミングから前へ打ち込んでいきます。  着地のときは踵をべったりつけないように!   結構おすすめです。
★予測★

 相手の目を見ます。サーブのとき、ストロークを打つ前、ラリーの時!  相手の視線の先が打つコースです。  あなたは打ちたいと思う相手のコートを打つ前に見ますか?  見ない方はほとんどいないのです。チラッと見ますよね♪  相手も同じです。チラッと見ます。
 素直な相手なら!そこに打ちます。  そこに動いて行ってみて下さい!  相手は驚きますよ!読まれてるって!  結構おすすめです。  おかげで相手からロブが上がるのがすぐわかるようになりました(^^)
★コースの打ち分け★

 コースの打ち分けは基本的には打つ方向に対してしっかりスタンスを取ります。  でも試合になるとなかなか足を止めて打つことは出来ません。  このときはボールのどこを打つかに集中します。
 ボールの真後ろを打てばストレートに飛んでいきます。  ボールの向こう側を打てばクロスへ飛んでいきます。  ボールの内側を打てば逆クロスに飛んでいきます。  ダブルスの試合でポーチボレーを打たれることが多いのは  クロスに打つようなスタンスと身体の向きをしていることから  読まれることが多いように思います。
 ストレートにも打てるスタンスを取ってボールの向こう側を打つようにすると  ポーチをしようとする相手の前衛は出にくいと思いますよ。  結構おすすめです。    おかげで相手が焦ってポーチするのが見えてストレートに打つのも楽になりました(^^)
★ボールのバウンドする位置を予測する★

 ボールのスピードが遅いときには  ネットをどのくらいの高さで越えるかによって  ボールの深さを予測すると良いです。  ボールスピードが遅い場合はネットを高く越えてくる場合は深く飛んできます。  ネットを低く越えてくる場合はボールは浅くなります。  ボールのスピードが速い時には低く深く飛んでくることがあります。  順回転のボール(トップスピンボール)の場合は  短く飛んできても跳ねて来るので最適な打点の位置は  深いボールと同じになることがあります。  逆回転のボール(スライスボール)は  高く飛んでくるとバウンド後にあまり伸びてきませんので  深いボールでも少し近づいて打つことがあります。  スライスボールが低く飛んでくるときは  バウンドする位置から伸びてきますので少し後方で打つことになるでしょう。  素直なボールに対してはバウンドする場所が自分のいるところより  4メートルくらい前になるように自分で動いています。  大体ラケット6本分くらい前にバウンドしてくるように自分の身体を移動させます。  トップスピンボールは跳ねて来るので打点を少し高い位置で打つように意識しながら  さらにラケット1本分だけ後方に下がって打ちます。  ただ相手のボールが速いときは深いボールはライジングで  打ってしまうことも多いのでバウンドするところからラケット1本分離れたところで  上がってくるボールにあわせて打ってしまいます。  ベースラインでラリーをするとき  サービスライン(自分のコート側でのコート中央の横ライン)  よりラケット1本分くらい深くバウンドしたボールは  ベースラインにいてちょうど打ちやすいボールになります。  これを基準にしてサービスラインよりも深く飛んできそうだと  思ったらベースラインより少し下がるように意識します。  サービスラインよりも前にバウンドしそうだと思ったら  すぐにベースラインより前に移動してボールを打つように意識します。  バウンドする位置の予測は指でバウンドする位置を指差しして  予想するような練習ができると良いでしょう。  ボールの跳ね方や軌道はコートの横から観察して  イメージを掴むのもよいかと思います。  僕の場合はサービスラインからラケット1本分ベースラインより  のところに基準を置いてボールの予測をしています。  その位置に目印となるようなもの (小さいテニス用の三角コーン)や  ボールを置いてラリーをしてみると  バウンドする場所によって打ちやすさがつかめます。  ボールに上手く近づけない、距離感がつかめない人にはおすすめですヨ。 ★強いボールは蹴って打つ!★   強いボールを打とうとするとき   スイングを速くしようとすると  腕も力が入ったり、バランスが崩れたりします。  それよりも足でコートをしっかり蹴って打つと  上半身が安定しながら強いボールが打てます。  特に浅いボールを強打するときにはオープンスタンスで  軸足で前方に蹴りながらコンパクトにスイングすると  上手く打つことができることが多いですヨ!  おすすめです。 ★打つときは身体の軸を意識する!★  テニスは動いて打つことが多いのでバランスが大切です。  特に頭がふらつかないこと!  上半身が前傾し過ぎないことが重要です。  身体の中に1本芯があるイメージがあると良いと思います。  この芯を軸にして身体を回転させる意識が上半身のバランスを保ちます。  身体の中を通る芯は身体の中心を通る棒のようなものをイメージするよりも  頭のてっぺんの中心から首の後ろのうなじあたりを通って真下に伸びて  左右のかかとの線を結んだ中央に続く1本の棒をイメージすると良いですヨ。  身体の中心に考えるよりも背骨に近い軸がバランス良く動き打てる感じです。  身体の中心よりもちょっと背中よりに棒をイメージして   それを軸にして身体を回転させたり動いてみてください。
戻る