★サーブを安定させるには!★ 

 サーブの動きは複雑でボールをあげるタイミングやスイングするタイミングが
 合っていないとサーブが安定しないように思います。
 特にトスが上手くあがらないためにトスのボールに合わせてスイングする事が多いと
 なかなか安定しないように感じます。

 トスに合わせて振るのではなくラケットのスイングに合わせて
 トスを上げる気持ちを持つと良いでしょう!
 スイングの中にボールがあるように心がけると上手くいくと思います。

 またある程度サーブが打てるのに安定しない方は
 腕の上下動がサーブの不安定の原因になっている事もあります。
 後方でラケットを担いだ時の手の位置が最初低くて
  インパクトに向かうときに高くなると手の位置の上下動がありすぎて
 サーブがネットやフォールトになりやすい事もあるのです。

 後方でラケットを担いだ時の手の位置を高くして
 その手の位置の高さをなるべく保って打つと安定する事があります。

 コツは手の位置の高さを保ってラケットを手首を柔らかく使って
 くるっと回す感じにしてサーブを打つことです。
 後方でラケットを高く担いでそこでくるっとまわしてサーブする!
 試してみてください。  

戻る