相手がボレーに来たら
 ボレーをする人の足元に
 ストロークで打つというのが基本です。

 相手にローボレーをさせることで
 ボレーを難しくさせることです。

 これは基本ですので
 ぜひ練習してください。


 次にボレーヤーに対してボールを打つ時は
 しっかり身体をひねることや
 コースを隠すようにしましょう。
 打つ構えがしっかりとれる事が大事です。


 ボレーヤーに打ったボールは
 ボレーされるとすぐに返ってきます。
 自分の打ったボールを見とれないようにしましょう。
 ボレーヤーにボールを打ったら
 すぐに打つ構えをする事をしましょう。

 ボレーヤ−がネットとどれくらい近くで
 ボレーしているかを見ましょう。

 ネットにかなり近い場所でボレーをしている場合は
 ロブが有効です。
 ネットから離れている場合には
 足元にボールを沈めるようにする事が大事です。

 打つコースに迷ったら
 2つあります。

 ボレーは正面がとても打ちにくいものです。
 とくにラケットを持つほうの肩あたりから
 下のほう(お腹や腰あたり)が
 大変打ちにくい場所です。

 相手の正面を狙う事はあまりお勧めできないのですが
 打つコースがなくなったらそこに打つことも
 「あり」です。

 もう一つはダブルスで相手が二人ともボレーヤーで
 あるときです。
 これは相手が並行陣を取っている場合です。

 打つコースに迷ったら
 相手二人の間を出来るだけ低いボールで
 速いボールで打ちます。

 これは意外と効果があります。
 相手ボレーヤ−がどちらがボレーするかで
 迷うからです。

 「二人の間に打て!」
 
 は打つコースがないときに
 ぜひ試してみてください。

戻る