本文へジャンプ
福岡雪合戦大会実行委員会

 



以前、子供の遊びと言われていた雪合戦は今やオリンピック正式種目を目指すスポーツとなりました。
子供の雪遊びから進化したその名もスポーツ雪合戦です。



1988年に北海道壮瞥町で国際ルールが制定され翌1989年2月25日に同町で第1回昭和新山国際雪合戦が開催されました。
1993年には日本雪合戦連盟も結成。
昭和新山国際雪合戦は現在では25回を数える国際大会となり、国内でも各地に連盟
がつくられ様々大会が行われています。

また雪合戦は国内だけにとどまらずスウ
ェーデン、オランダ、フィンランド、ノルウ
ェーなどのヨーロッパの国々やオースト
ラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリ
カなどの各国でも雪合戦という名で国際
ルールのもとに試合が行われています。
また雪合戦は雪上だけではなく、体育館
などの室内を始めグランド、ビーチなどで
も室内球等を使って行われています。
九州では大分県雪合戦連盟主催による全九州雪合戦大会が国際ルールにもとづい
て九重森林公園スキー場にて行わてれいます。
福岡でも2011年より秋に福岡市内のももち
浜において福岡雪合戦大会実行委員会主催による「福岡雪合戦大会秋の陣inももち浜」というビーチ雪合戦大会を開催しておます。