吹矢について
 特徴

 ・ 腹式呼吸を積極的に使うことによる体調の改善、緊張の緩和。

 ・ 普段の生活では使わない肺のデッドスペースまで使うことによる肺機能活性化

 ・ 標的を狙うスポーツに共通する精神集中力向上とストレス解消。

 ・ 年齢差、性差、体力差による格差は少なくほぼ対等な競技が可能。

 ・ 矢の初速は、個人差があるが時速100km/hから150km/h程度。

 ・ 武道に類する形で、段位・級位の認定制度もある。

 ・ 最低限呼吸が出来れば可能であり、障害者スポーツとしての普及も広がりつつある。
                                
                                 



 競技ルール

 ・ 国際吹矢道協会(IFA)競技規則に準ずる。

     国際吹矢道協会(IFA)競技規則はこちら  
  吹矢には
   1.スポーツ 
   2.腹式呼吸健康法
   3.玩具
   4.レクレーション・イベント
   5.動物麻酔用吹矢
   6.狩猟用吹矢
   7.福祉介護スポーツ
   8.大道芸・カラクリ吹矢などの見せ物
  多くの用途があります。              
                                 



 主な用具

 ・ 筒の規格は全長120cm・内径13mmで、カーボン、グラスファイバー、合金等の材質がある。
   (ジュニア用として全長100cmの筒も存在する)

 ・ 矢は薄いビニールフィルムを円錐状に巻いたもので、
   先端には錘の役目として金属製の釘が差し込まれている。
 

 

▲ このページのTOP