中古テニスラケット.com 中古テニスラケット専門の
通販ショッピングサイト


インターネットで買える中古テニスラケットの通販ショッピングサイト
プリンスウィルソンダンロップヘッドバボラヨネックスブリヂストンテニスラケット

中古テニスラケット.comトップ

 中古テニスラケット募集
中古テニスラケット委託・買取ラケットの詳細情報


 テニスお役立ち情報
 中古テニスラケットQ&A
 初心者の為のラケット選び
 紫外線対策
 プレースタイル別
  ストリングスと特徴
 試合に役立つメンタル強化


 サイト情報
 特定商取引法表記と
  グリーンテニスショップ概要
 ストリングスについて
 リンク集
 リンクについて


 グループサイト
 グリーンテニス
 中古テニスラケット通販ランド
 快傑テニス王
 知覧テニスの森公園
 知覧で茶々チャ!
  Shall we テニス?


 メーカー別ラケット
 プリンス
 ウィルソン
 ダンロップ
 ヘッド
 バボラ
 ヨネックス
 ブリヂストン
 その他のメーカー


 アイテムコーナー
 グリップテープ
 小物



(グリーンテニス)

TEL
099-255-0754


定休日:毎週火曜日

お問い合わせフォーム

女性スタッフ募集!




テニスお役立ち情報
試合に役立つメンタル強化


競技スポーツにおいて勝つ要素としてよく言われるのは、心(精神力)、技(技術)、体(体力)です。
この3つは、長い間の練習や、試合経験の積み重ねによって身につけることができますが、精神力は技術、体力に比べ、目に見えない部分である為、その強化という点においては違った難しさがあります。精神力とは試合中の緊張や不安、焦りなど、自分自身の弱さや対戦相手への必要以上の警戒感などに惑わされることなく、良い方向に持っていく力と言うことになるのではないでしょうか。
ここではテニスの試合中におこる精神的不安定な状態の具体例をいくつか上げ、その対処方法を説明して参りたいと思いますので、参考にして頂ければ幸いです。



     


(1)試合前の緊張時

やっと練習の成果をためすことができると思って楽しみにする。
またリラックスする為に、自分の好きな音楽を聴くなどして試合まで時間を過ごす。
試合前も試合中も、対戦相手も自分と同じように、時にはそれ以上に緊張しているものです。
試合前のサーブ練習など、じっくり相手を見てください。結構緊張していますよ!
それよりも普段の練習を思い出して、コーチからのアドバイスを振り返ってみるのもいいかもしれません。



(2)自分を見失った時

試合中、何がなんだか分からなくなることがある。チェンジエンドが一番の気分転換場所、ゆっくり足を投げ出し、
雲を眺めたりして、今までのプレーを忘れる。
少し余談ですが、対戦相手だけではなく、コートの周りも見てみては?自分や相手の応援の人や他のコートを見たりして、
ほんの少しだけ今の状況を忘れる事も結構いい気分転換になりますよ。



(3)集中できない時

ただ漠然とプレーするのではなく、1ポイント、1ポイントを数えながらプレーする。また、ポイント間で、ガットを直したりして、
気持ちを落ち着け、次のポイントに備える。
目の前の1ポイントです!「このポイントは我のポイントにあり!絶対取る!絶対取る!!」と、
松岡修三も試合中にでかい声で言ってましたっけ。1本、1本の積み重ねです。



(4)ビビッて打てなくなった時

動きが固くスムーズなスイングができなくなっている状態なので、ムダなくらい体を動かし(その場で足ふみ、
ジャンプなどする)リラックスした状態にもっていく。
特にサーブが入らずダブルフォルトを連発する時などは、一呼吸置いてスウィングをチェックして見てください。
フォームが小さくなってないか?打点はどうか?打ち急いでないか?など、規定の時間をいっぱいに使ってフォームと
心のチェックをしてみて下さい。素振りを何度かしてからサーブを打ってみてはどうでしょうか。
最後に「練習で入ってるのだから、ここで入らない筈はない!このサーブ、返せるものなら返してみろ!」これ位の
図太い神経も必要です。
試合中の精神的なプレッシャーが大きいと、肉体的にも疲労が重なります。水分の補給は怠りなく。




(5)負けそうで不安な時

目の前の一球に全力を傾ける。また、今、自分ができること(足を動かす。ボールをしっかり見るなど)をしっかりやる。
1ポイントとるごとにガッツポーズを作ったり、よし、と声を出したりして、鼓舞し、気分を高めていく。
初めにも書きましたが、ゲームセットまでは相手も不安なのです。いつ逆転されるかビクビクしています。
その心理をうまく使ってナイスショットが決まったときなど、空元気でいいですから大きな声で自分を鼓舞しましょう。
しかし、あくまでもマナーは守ってくださいね。エースが決まっても、相手選手に向かってこぶしを突き上げ、大きな声で
威嚇する様な事は絶対やってはいけません!対戦相手にも配慮しながら自分を鼓舞してください。



(6)形成不利の時

ポイント間はゆっくり歩き深呼吸し、あわてずに次のポイントに備える。ポイント間の時間を有効に使う。
殆ど(5)と同じですが、「この状況からの逆転勝利はかっこいいぞ〜〜。」など、逆転の発想です。
マッチポイントを聞くまでは、必死でしがみついてください!テニスの試合は何がおきるか分かりません!


(7)形成有利の時

ここが一番の落とし穴?リードしている時は、つい安心しがちなものです。油断してると徐々に追いつかれ、
逆転を許してしまいます。
そうなったら殆ど修復は不可能と思ってください。
そうなる前に大事なこと!
ポイントやゲームの計算はしない!!後、何ポイントで、何ゲームで勝てる。
こんな計算はぜったいダメですよ!(3)でも述べたように、目の前の1ポイントに集中してください。
「このポイントは我のポイントにあり!絶対取る!
絶対取る!!」


これらのマイナス要因を排除できた時、貴方の目の前にはまぶしいほどに光り輝くトロフィーが・・・・・・・。
そして、栄光の喜びと至福の達成感で貴方の心は満たされる事でしょう♪


以上のように、いくつか例を上げましたが、他にも精神面の不安材料というのはあると思います。
いかに自分の心を冷静に保ち、一球に向けて神経を集中できるか、逆境から立ち直り、積極的な気持ちになれるかなどが、
よいショットを可能にし、満足な試合を行なわせることにつながると思われます。また、これらのことを、毎日の練習やゲームの
中で、常に意識しながら実行していくことが、精神を安定、強化することにつながっていくと思われます。




北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重
滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 まで、全国に発送いたします。