本文へスキップ

羽鳥バレーボールスポーツ少年団のホームページへようこそ。

羽鳥バレーボールスポーツ少年団は設立43年、全日本大会の県大会に出場、神奈川県スポーツ交流大会では県3位、モルテンカップ県大会ブロック優勝の好成績を収めている。日頃の練習はランニングやパス、サーブ練習一人10本、レシーブ練習や試合形式の練習などを行う。そんな練習を共にこなすメンバー達はとても仲良しだ。山城監督は「バレーを通じて” 人間を育てる“ ということを常に心がけています。試合に勝つ事だけでない、体も心も強く優しくしっかりした子ども達になってほしいと思っています。試合で誰かが失敗しても『それくらいいいよ、次があるから』とメンバー同士が声をかけあう姿を見るととてもうれしいです」と話す。