7.4.2 ハザードの明確化及び許容水準の決定

  

7.4.2 ハザードの明確化及び許容水準の決定

7.4.2 ハザードの明確化及び許容水準の決定

このページでは、7.4.2 ハザードの明確化及び許容水準の決定とはどういうものか、初心者にも優しくお伝えしています。


トトロ

7.4.2.1

ISO22000

製品種類・工程種類・実際の加工施設と関連して発生予想されるハザードは、明確・記録されること。

明確化は次の事項に基づくこと。


  • 7.3で収集した事前情報・データ
  • 経験
  • 可能範囲で、疫学的・外部情報(その他の過去事例を含む)
  • 最終製品・中間製品・消費時のハザードに関するフードチェーンからの情報
  • 各ハザード段階(原料から加工・配送までの)が明示されていること。
トトロ

7.4.2.2

ISO22000

ハザード明確時は、次の事項を考慮すること。


  • 規定作業の前後段階
  • 工程用装置・ユーティリティ/サービス・周辺環境
  • フードチェーンの前後つながり
トトロ

7.4.2.3

ISO22000

明確化された各ハザードは、最終製品ハザードの許容水準を可能時にいつでも決定すること。

決定水準は、法令・顧客要求事項により意図される用途・その他関連データを考慮すること。

決定の正当性・その意結果を記録すること。


トトロ

7.4.3

ISO22000

明確化されたハザード(7.4.2参照)について、以下の評価を実施すること。


  • ハザードの除去・許容水準までの低減が安全食品生産に必須かどうか?
  • その管理が規定許容水準をクリアするために必要であるかどうか?
  • 各ハザードは、健康悪影響の重大さ・頻度に従い評価する。
  • 採用評価方法は記述すること。
  • ハザード評価の結果を記録すること。

7.4.2 ハザードの明確化及び許容水準の決定 メニュー

7.4.2 ハザードの明確化及び許容水準の決定 トップ
リンク集
リンク集1
リンク集2
リンク集3
リンク集4
リンク集5
サイトマップ1
サイトマップ2
サイトマップ3
サイトマップ4
サイトマップ5
サイトマップ6
サイトマップ7
サイトマップ8
サイトマップ9
サイトマップ10

7.4.2 ハザードの明確化及び許容水準の決定 おまけ情報




 

rorrss1.0rss2.0atomsitemapurllistsitemaptxt