延長戦

大正15年夏準々決勝   12345 678910 1112131415 16171819
前橋中 30020 00010 00000 00005
静岡中 00010 00400 00000 0001X6
延長19回の壮絶な死闘を制した静岡中はその勢いで初の全国制覇へ

昭和8年夏準決勝   12345 678910 1112131415 1617181920 2122232425
明石中 00000 00000 00000 00000 00000 0
中京商 00000 00000 00000 00000 00001X 1
史上最長、伝説の延長25回。吉田(中京商)と中田(明石中)が完投。2年連続で選抜準優勝の楠本保投手はこの一戦に登板していない。
25回裏、無死満塁から1番大野木の二塁ゴロで決着。中京商は決勝で平安中を破り、
空前絶後の夏の甲子園3連覇を達成(吉田正男は3年連続の優勝投手)。

昭和9年春
2回戦
  12345 678910 1112131415 16171819
享栄商 00000 00010 00000 00045
徳山商 00001 00000 00000 00023
選抜大会最長の延長19回、近藤(享栄商)が投げ勝つ。

昭和9年春準決勝   12345 678910 1112131415 延長15回日没引分

再試合

享栄商 00000 000000000 0 0

浪華商 001 000 120=4

浪華商 00000 00000 00000 0

享栄商 000 000 200=2

史上初の引分再試合。近藤(享栄商)は全試合を完投、選抜大会の最多投球60回を記録

昭和29年夏準決勝   12345 678910 1112131415 1617
新宮 00000 00000 00000 011
北海 00000 00000 00000 000
戦後最長(当時)の投手戦を2年生左腕・前岡(新宮)が制す

昭和33年夏準々決勝   12345 678910 1112131415 161718 延長18回引分

再試合

徳島商 00000 00000 00000 0000

徳島商 000 102 000=3

魚津 00000 00000 00000 0000

魚  津 000 000 100=1

板東(徳島商)・村椿(魚津)の熱闘は、この夏から設けられた大会規定により18回引分。名言「泣くな村椿」

昭和37年春準々決勝   12345 678910 1112131415 161718 延長18回引分

再試合

作新学院 00000 00000 00000 0000

作 新 学 院 000 100 100=2

八幡商 00000 00000 00000 0000

八  幡  商 000 000 000=0

八木沢(作新学院)と駒井(八幡商)の投手戦は、選抜大会史上唯一の延長18回引分。

昭和39年夏
1回戦
  12345 678910 1112131415 161718 延長18回引分

再試合

掛川西 00000 00000 00000 0000

八代東 200 000 000=2

八代東 00000 000000000 00000

掛川西 300 020 10X=6

東京オリンピックの昭和39年夏・開幕第1戦はいきなり延長18回0対0、規定により引分再試合。

昭和41年春準決勝   12345 678910 1112131415
宇部商 3 00000 00000 00104
中京商 01002 00000 00011X 5
名門と初出場校の対決は試合時間4時間35分、現在も大会最長記録

昭和44年夏決勝   12345 678910 1112131415 161718 延長18回引分

再試合

松山商 00000 00000 00000 0000

松山商 200 002 000=4

三沢 00000 00000 00000 0000

三  沢 100 000 100=2

昭和の名勝負、史上初・決勝戦での延長18回引分(大会規定)。速球の太田と制球の井上の壮絶な投げ合いでゼロ行進。みちのくの夢に最も近づいた
運命の15回、奇跡の25球。翌日の再試合も一人で投げ抜いた太田は悲劇のヒーローに。

昭和45年夏
1回戦
  12345 678910 11121314
高崎商 20200 00200 00006
東邦 00000 00420 0001X7
終盤に6点差を追いついた東邦が14回サヨナラ勝ち

昭和48年夏
1回戦
  12345 678910 1112131415
柳川商 00000 10000 00000 1
作新学院 00000 01000 00001X 2
江川(作新学院)、プッシュ打法の柳川商から23奪三振

昭和48年夏
2回戦
  12345 678910 1112
作新学院 00000 00000 000
銚子商 00000 00000 01X1
江川(作新学院)、雨中のサヨナラ押し出し四球

昭和49年夏
2回戦
  12345 678910 1112131415 16
土浦日大 00000 01100 00000 01
東海大相模 00000 10010 00000 1X2
村中・原の1年生コンビが活躍、工藤が力尽きる

昭和49年夏準々決勝   12345 678910 1112131415
鹿児島実 03000 00000 00011 5
東海大相模 20000 00010 00010 4
定岡(鹿児島実)・原(東海大相模)ナイター対決

昭和50年春決勝   12345 678910 111213
高知 01200 01000 00510
東海大相模 31000 00100 0005
東西の優勝候補が激突、豪快な打ち合いの末、高知が決勝の5点

昭和52年春準々決勝   12345 678910 11121314
丸亀商 00000 00000 00011
岡山南 00000 00000 0002X2
0−0緊迫の投手戦、結末は岡山南の逆転サヨナラ

昭和54年夏
3回戦
  12345 678910 1112131415 161718
星稜 00010 00000 01000 100 3
 箕島 00010 00000 01000 101X4
奇跡、ドラマとして語り継がれる名勝負。運命の一塁手転倒、2度の同点アーチ(嶋田・森川)等々。
引分寸前の18回、上野の左前安打で箕島サヨナラ勝ち。

昭和55年春決勝   12345 678910
帝京 00000 00000 0
高知商 00000 00001X 1
伊東(帝京)・中西(高知商)対決

昭和55年夏
1回戦
  12345 678910 111213
日向学院 00001 00000 0023
旭川大高 00010 00000 003X4
旭川大高、13回2点勝ち越されるも逆転サヨナラ

昭和56年夏
3回戦
  12345 678910 1112
北陽 00000 01000 001
名古屋電気 1 00000 00000 1X2
工藤(名古屋電気)・高木(北陽)の投手戦、中村のサヨナラホームラン

昭和57年春
2回戦
  12345 678910 11121314
明徳 00000 00000 00213
箕島 00000 00000 0022X4
初出場・明徳(現・明徳義塾)、76歳・松田監督散る

昭和58年夏
1回戦
  12345 678910 111213
吉田 00101 00000 0013
箕島 00000 01010 002X4
粘りの箕島、延長戦ドラマ再び、13回逆転サヨナラ

昭和59年夏決勝   12345 678910
取手二 20000 02004 8
PL学園 00000 10310 4
木内・奔放野球の取手二が茨城に初の優勝旗 中島が決勝3ラン

昭和62年春準決勝   12345 678910 11121314
P L学園 00010 40000 00038
東海大甲府 20300 00000 00005
序盤に大量5失点、春夏連覇を果たすPL学園にとって最大のピンチだった

昭和63年春準決勝   12345 678910 1112131415 16
宇和島東 00001 20001 00000 15
桐蔭学園 10100 00101 00000 04
初陣・宇和島東が小川の快投で死闘を制し、初優勝へ

昭和63年夏
2回戦
  12345 678910 11121314
池田 02000 00000 00002
浜松商 00002 00000 0001X3
名門校同士の熱戦

平成2年夏
3回戦
  12345 678910 11121314
丸亀 00000 00000 00011
平安 00000 00000 00000
延長14回の緊迫の投手戦

平成2年春準決勝   12345 678910 1112131415 1617
北陽 00000 30000 00000 003
新田 01000 00200 00000 01X4
引分目前の17回、寺前(北陽)から池田(新田)が劇的サヨナラアーチ

平成4年春
1回戦
  12345 678910 11121314
松山商 00000 00210 00003
三重 00000 10200 0001X4
終盤に点を取り合い、延長の末三重がサヨナラ勝ち

平成7年夏準々決勝   12345 678910 111213
神港学園 00020 00020 0004
今治西 01200 00010 001X5
一死一三塁から遊ゴロの間にサヨナラ勝ち

平成7年夏
3回戦
  12345 678910 1112131415
柳川 00001 00000 00000 1
敦賀気比 00100 00000 00001X 2
内藤(敦賀気比)・花田(柳川)の熱闘、飯田のサヨナラ犠飛で決着

平成8年春準々決勝   12345 678910 111213
智弁和歌山 00000 00000 0033
国士舘 00000 00000 0000
13回に智弁和歌山が決勝の3点

平成8年夏決勝   12345 678910 11
松山商 30000 00000 36
熊本工 01000 00110 03
サヨナラ犠飛を阻止!矢野、渾身のバックホーム

平成10年夏準々決勝   12345 678910 1112131415 1617
横浜 00022 00000 10000 129
PL学園 03010 01000 10000 107
春夏連覇の松坂(横浜)と互角に渡り合ったPL学園、常盤の決勝2ランに沈む。

平成11年春準決勝   12345 678910 1112
沖縄尚学 20010 02000 128
PL学園 01010 03000 106
PLを延長で破り沖縄県勢初優勝へ

平成14年夏
1回戦
  12345 678910 111213
桐光学園 00000 00000 0033
鳥栖 00000 00000 0000
負傷した船井のランニング3ランホームランで決勝点

平成15年夏
3回戦
  12345 678910 11
平安 00000 00000 00
東北 00000 00000 1X1
服部(平安)17、ダルビッシュ有(東北)15の奪三振合戦

平成16年春
2回戦
  12345 678910 11121314
00000 00010 00012
鵡川 00100 00000 00001
一死二塁から嶋田の三盗が捕手の悪送球を誘って勝ち越し

平成16年夏
1回戦
  12345 678910 1112
青森山田 20010 00000 003
天理 00000 30000 01X4
延長12回の激闘となった開幕戦で9回表に青森山田の大東が平成生まれ初の出場

平成17年春
1回戦
  12345 678910 111213
清峰 00001 10000 0024
愛工大名電 00001 01000 0002
初出場校がセンバツ覇者を撃破、好投古川が自ら決勝打

平成18年夏
3回戦
  12345 678910 111213
今治西 11101 04000 00210
日大山形 41101 00100 003X 11
阿部200球熱投、女房役秋場のサヨナラ犠飛で県勢初の夏8強

平成18年夏決勝   12345 678910 1112131415 延長15回引分

再試合

駒大苫小牧 00000 00100 00000 1

駒大苫小牧 000 001 002=3

早稲田実 00000 00100 00000 1

早 稲 田 実 110 001 10X=4

斎藤(早実)と田中(駒大苫小牧)の名勝負は決着がつかず、37年ぶり2度目の決勝戦・引き分け再試合へ。
翌日も斎藤が完投、2日間の激闘を制した早実が夏・初優勝。わずか1点及ばず駒大苫小牧は3連覇成らず。

平成19年春
2回戦
  12345 678910 1112
熊本工 00100 00200 036
千葉経大付 00101 00010 003
流れを引き寄せた11回サヨナラ阻止、左翼二殿の本塁返球

平成19年夏
2回戦
  12345 678910 1112131415 延長15回引分

再試合

佐賀北 20000 11000 00000 4

佐  賀  北 000 103 410=9

宇治山田商 00004 00000 00000 4

宇治山田商 001 000 000=1

ロングリリーフの久保(佐賀北)と中井(宇治山田商)が互いに譲らず、引き分け再試合

平成19年夏準々決勝   12345 678910 111213
帝京 01020 00000 0003
佐賀北 11100 00000 001X4
県立校の快進撃、井手のサヨナラヒットで優勝候補帝京を撃破

平成20年春3回戦   12345 678910 1112131415 延長15回引分

再試合

平安 00000 02001 00000 3

鹿児島工 000 000 000=0

鹿児島工 00000 02001 00000 3

平    安 000 100 00X=1

両校譲らず激闘3−3引分。再試合も先発した川口が1−0完封。創部100年「平安」最後の勝ち名乗り。

平成21年春
1回戦
  12345 678910 1112131415
福知山成美 11000 00000 00003 5
国士舘 00200 00000 00000 2
田嶋2点適時二塁打で均衡破る。15回激闘、福知山成美の選抜初勝利

平成21年夏
3回戦
  12345 678910 1112
明豊 20001 00210 028
常葉橘 00420 00000 006
今宮(明豊)vs庄司(常葉橘)。逆転劇の立役者は投打で活躍の今宮。

平成22年春決勝   12345 678910 1112
興南 00001 40000 0510
日大三 02100 20000 005
延長12回5点を勝ち越し。島袋198球熱投で興南がセンバツ初V

平成23年夏
3回戦
  12345 678910 1112
能代商 1 00000 00000 12
如水館 01000 00000 02X3
史上初の延長戦3連勝!立役者はロングリリーフ浜田

平成25年春
1回戦
  12345 678910 111213
広陵 00000 00030 0003
済美 00000 30000 001X4
安楽(済美)が232球、下石(広陵)が219球の投手戦はサヨナラ決着

平成26年春
1回戦
  12345 678910 111213
日本文理 00000 00102 0003
豊川 00000 00012 001X4
豊川が驚異的な粘りで9回・10回同点劇。その勢いで13回サヨナラ。

平成26年春2回戦   12345 678910 1112131415 延長15回引分

再試合

桐生一 00000 00100 00000 1

広 島 新 庄 000 000 000=0

広島新庄 01000 00000 00000 1

桐  生  一 100 000 30X=4

山田(桐生一)と山岡(広島新庄)が互いに譲らず激闘1−1引分。再試合も両投手が先発し、山田が投げ勝ち完封

平成27年春
1回戦
  12345 678910 11
浦和学院 00000 00000 22
龍谷大平安 00000 00000 00
一昨年春の覇者浦和学院が前年覇者龍谷大平安に投手戦の延長で勝利

平成28年春準々決勝   12345 678910 1112
明石商 00000 10000 001
龍谷大平安 00000 01000 01X 2
延長12回、小川のサヨナラ打で近畿対決制す

平成28年春決勝   12345 678910 11
高松商 00000 00100 01
智弁学園 01000 00000 1X2
全試合完投の村上が中越えサヨナラ打で初優勝、25年ぶりの決勝戦サヨナラ

平成29年春
2回戦
  12345 678910 1112131415 延長15回引分

再試合

福岡大大濠 00000 00100 00000 1

滋 賀 学 園 110 010 000=3

滋賀学園 1 00000 00000 00001

福岡大大濠 210 020 00X=5

史上初の2試合連続延長15回引分、1試合目は三浦(福岡大大濠)と宮城、棚原(滋賀学園)の投げ合い

平成29年春
2回戦
  12345 678910 1112131415 延長15回引分

再試合

福井工大福井 00003 30010 00000 7

福井工大福井 000 000 002= 2

健大高崎 00401 01010 00000 7

  健大高崎  400 600 00X=10

史上初の2試合連続延長15回引分、2試合目は9回まではシーソーゲーム、9回に重盗で追いつきそのまま引分

平成29年夏準決勝   12345 678910 11
花咲徳栄 012100 020039
東海大菅生 211000 002006
埼玉県勢初優勝に向けて花咲徳栄が粘りの延長勝ち

平成30年夏
1回戦
  12345 678910 11121314
佐久長聖 20000 00200 00015
旭川大高 01200 00010 00004
佐久長聖が甲子園初のタイブレークを制す

平成30年夏
2回戦
  12345 678910 111213
星稜 50101 00020 002 11
済美 00100 00800 004X4
終盤6点差を逆転した済美が13回に史上初の逆転サヨナラ満塁本塁打

TOP