秩父宮ラグビー場

1964年、東京オリンピックのサッカー会場。球技専用。

ラグビーに貢献した秩父宮親王(昭和天皇弟)の名を冠している。そのため埼玉県秩父市にあると勘違いされる。

港区北青山にあり、国立競技場と神宮球場の隣。地下鉄の外苑前、中央線の信濃町、千駄ヶ谷が最寄り駅。

25000人収容。天然芝。ホームゴール裏はオールスタンディング。アウェイゴール裏は屋根つきベンチシート。

メインスタンドとバックスタンドは個別シート。メインの急傾斜と比べて、バクスタは傾斜がゆるく、のっぺりしている。

照明設備が貧弱。夏場は電源車両を用意すればナイトゲームも可能。温度の低い冬季は無理。

 

       

 

INDEXへ戻る