名古屋グランパス  トヨタスポーツセンター

 

 

 

名鉄豊田線の駅から歩いてすぐ。

駅からの道は大型ダンプが多く走るので歩道橋を使いたいところだが、

異常にゆるい傾斜でUターンしてしまうので、サポーターの多くは危険を承知のうえ道路を横断する。

2012年より豊田市もグランパスのホームタウン化。

それ以前からグランパスは練習場とクラブハウスが豊田市にあるので、選手やスタッフはもともと豊田市で生活していた。

Jリーグ戦も豊田スタジアム開催が過半数となり、脱名古屋が進む。

見学者エリアが狭いため、練習の多くが遠くで行われ、見学しづらい。