大分トリニータ  大分銀行ドーム

 

 日韓ワールドカップでは、イタリア×メキシコの試合などが開催された。

設計は故・黒川紀章。サッカー専用の豊田スタジアムと同様、個性的なデザインの陸上競技場に仕上がっている。

ドームという名の通り、完全にピッチと客席の上空を覆うことができる。

普段は屋根が開けられているが、十字に架けられた鉄骨が独特の外観をアピールする。通称ビッグアイ。

背もたれのある個別シートで34000席。傾斜がしっかりあり、どの席からも遠目であるが眺めやすい。

山の斜面に建てられたため、半ば地中に埋もれており、風通しが悪い。夏場は蒸し風呂と化す。

 

   

 

INDEXへ戻る