名古屋グランパス  豊田スタジアム

 

2012年よりグランパスが豊田市をホームタウン化。

Jリーグ戦の過半数を豊田スタジアムで開催することになった。

設計は故・黒川紀章。国内最高の巨大サッカー専用スタジアム。45000席どこからでも見やすく臨場感に溢れる。

特徴は殺人的な急傾斜を誇る客席スタンド。ゴール裏から観ると、メインとバックスタンドが垂直に建つ壁に見える。

全席背もたれつきの個別シートだが、前列の背もたれ頂点が後列の地面に相当し、前列が視界の邪魔にならない。

客席の後部に進んでも、ピッチは決して遠くならず、ピッチ上空に自分が浮かんでいる雰囲気になる。

 

    

 

INDEXへ戻る