福島県カーリング協

 

ホーム
  トピックス
  練習日等日程
  大会の結果
  来訪者 掲示板
  協会員用 掲示板
  磐梯熱海アイスアリーナ
 
 

 

 

 

対戦相手

所属協会

結果

戦評

予選リーグ1試合目

和櫻

愛知県他

VIVAプラス

1001022220=10

和櫻

 0110100005=8

今大会のルールは、まず16チームの中から3試合ランダムで対戦を行い、勝ち点と得点+得失点差で8チームが決勝トーナメント進出です。

今大会の特徴はオープン大会では珍しい10エンドの試合というところです。

予選リーグ2試合目

DKC

長野県

DKC

0300100107=12
VIVAプラス

2013011030=11

勝負は終わるまでは何が起こるか、わからないものです。
シーズン最大の逆転劇(逆転された側ですが…)は5月4日、長野県岡谷市で起こりました。
「やまびこカップ」の予選。我がチーム「VIVAプラス」はチーム「DKC」と対戦。第9エンドまでは――
DKC  030010010
VIVA  201301103
と言う事で、VIVAが何となく11対5でリード。
最終の第10エンド。VIVAがセカンドの1投目でDKCの石を1つテイク。しかし、2投目に自チームのガードをピールし損なってから、スキップが作戦を変更し、一転ドロー戦に。両チームのサードが終わった時点で、DKCの石5つがハウスの中に。VIVAの石も2つハウス内にあり、それぞれNo3とNo4の位置をキープ。
VIVAのぐるみんスキップ、「相手チームのNo1の石にフリーズします」。しかし、ハウス前にショート。DKCスキップはドローに成功。VIVAスキップ再び「No1の石にフリーズ。さっきより、ちょっと強めにデリバリーします」。ところが、どう見てもテイクウェイト。相手チームのNo1の石を弾くも、それがVIVAのNo3を弾いてステイ。さらに、投げた石が少しロールしてVIVAのNo4だった石の前にきれいに縦に並んでしまいました。これをDKCスキップ、見事にダブルテイクしたうえに、ステイして7点ゲット!! 会場は大きな拍手に包まれました。
なんと、我がチームの演出の素晴らしさ!
この逆転劇以上の演出ができるチームがあったら、名乗り出てください! 豪華粗品用意いたしております!?
(H田)

予選リーグ3試合目

ストーンズクラブ

新潟県

VIVAプラス

10

ストーンズクラブ

いつも柏崎オープンなどでお世話になってる新潟県協会さんとの対決です。思えば私がカーリングをやり始めた頃、H田さんに訳も分からず?連れて行かれたオープン大会が柏崎オープンでした。しかし、両チーム1勝1敗で決勝トーナメント進出には負けられない試合だったので、厳しい試合展開に。

2点ビハインドで先行、しかもサードまでにハウス内にストーンが入っていない厳しい展開でしたが、まぐれなのか何なのか、ダブルロールインとかが決まって前試合から一転し、まさかの逆転勝ち。

これにより予選は3位通過となり、さらにこれから30エンドが出来ることとなります。まさに僅かな差が天と地ほどの違いがありました。

決勝トーナメント

1回戦

kigurumix

東京都


VIVAプラス(予選3位)

111000021×=6
kigurumix(予選6位)   000223300×=10

kigurumixさんとは何かの縁で結ばれているのでしょうか。全国各地のオープン大会でやたらと対戦する機会に恵まれています。しかも悉くウチが勝ってきたのですが、今回は3点リードの4エンド目にさらにスチールを狙いに行って失敗。そこで流れを失いました。2ストライクから勝負に行って打たれてそこから攻略されたような感じでしたが、結局そこに制球できないショットの精度不足を痛感します。

決勝トーナメント

5位〜8位決定戦

DKC

長野県

VIVAプラス 

4200031010=11
DKC

0011100103=7

予選で苦敗を喫したDKCと再戦。序盤から優勢に試合を進めましたが、改めてスコアを見るとやっぱり最終エンドに点取られてますね〜。

決勝トーナメント

5位決定戦

チーム岡谷CA

長野県

VIVAプラス 

1103110110=9
チーム岡谷CA

 0010002002=5

さすがに60エンドの終盤ともなると集中力とかにも疲れが・・。固い展開で勝って、最終順位5位でした。