上天草市サッカー協会
K.A.F.A Since2005
アクセスカウンター
のファミリーが閲覧しました












上天草市

上天草市体育協会

Mリーグ参加チーム募集開始(H30.9.21更新)
 毎年恒例、素人サッカーの祭典「Mリーグカップ2018」(平成30年度上天草市市民体育祭サッカーの部)を10月28日(日)に開催します。
 この大会は、市内に在住または勤務(通学)する中学生以上の人ならだれでも参加できる大会。ルールも6人制で、女性やシニアへのハンデもあります。参加クラスも勝ちにこだわるアスリートクラスと、お楽しみクラスのビギナークラスがありますので、お好きな方にエントリーしてください。みなさんの参加をお待ちしております。詳しい大会要項と申込書はこちら。
 <大会要項> <ルールQ&A> <申込書

クーバーコーチングサッカー教室を開催しました(H30.10.20更新)
 クーバーコーチを迎えてのサッカースクールを10月20日(土)に開催しました。
 今年は年度末の開催を改善して、秋に開催。これからまだまだある試合に活かしてもらうことが目的です。教室にはキッズの部に15人、ジュニアの部に7人が参加し、個のスキルを身に付けようと熱心に学びました。毎年みんなが楽しみにしているクーバーのサッカー教室ですが、今年は参加者が少なかっただけに、トレーニングも個々の選手に充分行き渡り、充実した時間を過ごすことができました。


3年ぶりにディラネーロ天草が優勝。五橋祭ジュニアサッカー大会(H30.9.24更新)
 天草五橋祭の公認行事第13回五橋祭ジュニアサッカー大会を9月22日(土)・23日(日)に開催しました。
 大会には25チームがエントリーし、8パートに分けての予選と、翌日8チームでの決勝トーナメントを戦いました。当日は、週末の天気予報と打って変わって暑いほどの晴天。計30試合を2日間かけて熱いプレーが続きました。
 大会は、これまで6回の優勝経験があるディラネーロ天草が優勝。3年ぶりに優勝杯を持ち帰りました。詳しい大会結果は次のとおりです。
 <大会要項> <大会結果



県民体育祭ベスト8の壁は厚く2回戦敗退。(H30.9.16更新)
 第73回熊本県民体育祭は9月15・16日に大津町スポーツの森競技場で開催されました。上天草市代表は昨年からメンバーは1人しかかわらない体制ではありましたが、5月から練習を始め頑張ってきました。
 しかしながら、県体の壁は厚く、天草郡を破った熊本市に2回戦で敗れ、2日目はおろかベスト8進出も阻まれました。悔しい結果を胸に、次年度に期待します。


職場対抗ナイターサッカーはヤマハが優勝(H30.8.10更新)
 働く人のワールドカップ。職場対抗ナイターサッカー大会は、8月1日から10日までの全4日間の日程を終え、今年も楽しく終了しました。
 今年の参加チームは10チーム。新規参加チームも1チーム迎え、例年どおりの2次リーグ制で開催。各チーム4試合を対戦した結果、ヤマハサッカークラブが5年ぶりに優勝し、ヤマハ製造(株)が協賛カップを寄贈されてから初めてその優勝カップを持ち帰りました。詳しい大会の結果は次のとおりです。
 <大会要項> <大会結果


なでしこサッカー大会は「くまさる。」が初優勝(H30.6.4更新)
 中学生以上の女性によるミニサッカー大会、上天草市なでしこサッカー大会を、6月3日、あまくさ村カップキッズサッカー大会と並行して開催しました。
 大会には7チームがエントリー。初心者のチームやママさんチーム、本格派チームが入り交じり熱戦が笑戦が繰り広げられました。大会結果は、昨年から参加している「くまさる。」が優勝。2年目にして初優勝しました。
 詳しい結果は次のとおりです。
 <大会要項> <大会結果


人工芝コートで初開催。あまくさ村カップキッズサッカー大会(H30.6.4更新)
 6月3日、今年人工芝化された松島総合運動公園で、第13回「あまくさ村カップ」上天草市キッズサッカー大会を開催しました。
 毎年梅雨の雨に見舞われるこの大会ですが、今年は快晴。27チームのキッズチームがきれいな人工芝のグラウンドで楽しく走り回りました。
 大会は、3年の部は八代いずみ、1・2年の部はAC.Livent熊本が共に初優勝しました。詳しい大会結果は次のとおりです。
 <大会要項> <大会結果


平成29年のフォトリザルト



  協賛企業紹介        協会へのE−Mail        お薦めリンク