アクセスカウンター
 
 

 
 小田原ってどんな町?  

小田原市鴨宮の中里遺跡は東日本の本格的な弥生時代集落としては最大で最古のものといえます。弥生時代は本格的に稲作が始まった時代で紀元前4世紀に中国大陸や朝鮮半島の文化の影響を受け北九州に誕生し、次第に日本列島に広まった。人々は台地の上に住み、縄文時代の木の実の採取や狩猟の暮らしを続けながら細々と稲作を行う状態がしばらく続いたと考えられています。しかし中里遺跡での発見は今までの考えよりおよそ50年早く人々は進んだ技術で低地を切り開き、灌漑によろ本格的な水田稲作を行う大きな集落を築いていました。集落は中央に中核施設として大型の倉庫や神殿などの堀立柱建物が建ち、周囲に井戸が掘られており、集落から100mほど離れてたところに方形周溝墓という当時西日本から全区に広まりつつあった新しい種類の墓地でした。こうした大変めずらしい集落は瀬戸内東部の弥生土器が多量に出土したことから遠く離れた地方の人々と小田原地方に住む人々の交流が行われたことにより誕生したと考えられています。瀬戸内東部の土器は愛知県や静岡県などの太平洋沿岸で認められないことから海路によって直接小田原にもたらせられたのではないかと思われています。




江戸時代、東海道を歩む旅人にとって小田原宿は特別なものでした。徳川幕府は江戸防衛のため、古来より暴れ川として地域住民の生活に脅威を及ぼした酒匂川へ橋を架けることも渡し船を使うことも許さず、旅人は渡し場から川越人足によって川を渡らなければならなかった。もっとも酒匂川は10月5日から3月5日までの間、仮橋が架けられた。その時期以外の歩行渡り時期を「夏川」と称した。「夏川」渡りに際して旅人は、酒匂、網一色(東町・寿町)・山王原(浜町~東町・寿町)三村から出没する川越人足の手を引かれたり、背負われたり、又は人足の担ぐ「輦台(れんだい)」を利用し渡りました。酒匂川を渡り疲れ切った旅人を出迎えるのが、江戸日本橋を発ち九つ目の宿にして初めての城下町である地「小田原」でした。人々は小田原の地で疲れを癒し、英気を養い、天下の嶮、箱根山に向かいます。




御幸の浜と国道1号線の間にある千度小路界隈は戦国時代「船方村」と呼ばれ、船頭をちぢめ千度になった言われます。これとは別に「大量祈願の千度詣」にちなんでいるのではないかという説があります。千度小路の中ほどの路地にを入ったこの家の窓手すりには網をデザインしており、千度小路周辺の漁家や商家に今も多く残っています。大倉喜八郎は小田原・板橋の別邸、共壽亭にこのデザインが使われていました。千度小路の西端に近い「山室理容店」は国道1号線沿いにある「伊勢谷理容店」などとともに白秋に愛され、北原白秋の「あわて床屋」のモチーフの一つになったと言われます。

 


 小田原駅を青橋方面に10mほど行くと日向屋敷跡の標識が立っています。この日向屋敷とは改易された大久保忠隣の奥方の住居でした。小田原大久保家二代藩主の突然の失脚の原因は、今だ十分解明されていませんが、二大将軍秀忠の側近で声望も高かった忠隣らと、駿府の大御所家康を取り巻く家老たちの意思の齟齬は、二頭政治の世界では考えられないことではなかったと思われます。また豊臣家潰滅を目的とする家康にとっては、これに友好的な忠隣の行動は邪魔であったと思われます。また居城小田原城は北条時代の遺構を温存し、未完の江戸城に比べても不気味な存在でした。慶長19年(1614年)1月25日忠隣は謀反の罪で突然改易され、翌26日小田原城は本丸を残して全域破却されました。忠隣の配所は草津市でした夫人は小田原に留まることを許され、その屋敷がこの場所にありました。彼女が石川日向守家成の娘であったことから日向御前と呼ばれました。後代この地は14戸ほどの家臣の住居に分割されました。ただ日向屋敷は、むしろその分割屋敷の呼称として認識されていました。              




 小田原駅近くのオシャレ横丁には小田原市指定史跡の北条氏政・氏輝の墓所があります。北条氏政は北条氏4代の領主 氏照は、氏政の弟で八王子城など5つの支城の城主でした。天正18年(1590年)豊臣軍およそ20万人に包囲される小田原城攻めで100日の籠城の末「これ以上民を苦しめたくない」と城を明け渡し、五代領主氏貞は高野山に追放され、父氏政とその弟氏照は城下の田村安斎邸(現南町)で自刃しました。両人の遺体は、当時この地にあった北条氏の氏寺 伝心庵(現在、永久寺所有)に埋葬されました。その後放置されていた墓所は稲葉氏が領主の時(1633~1685)北条氏追福のため整備されました。大正2年(1923年)の関東大地震では墓所が埋没する被害を受けましたが、翌年地元の有志により復元しました。いつの頃からかここをお参りすると幸せな出会いがあるという若い女性たちの姿が数多く見られるようになりました。願いが叶うと小さな鈴を納める風習ともなり垣根にはたくさんの鈴が結ばれているのが目につきます。

 


小田原を象徴する小田原城は、廃城から昭和35年5月に築城され、復興された現在の天守閣は3重4回の鉄筋コンクリート造りでした。今回の改修工事は、来館者の安全確保を目的とした耐震改修とともに空調設備の整備や展示品のリニューアルを行うため、昨年7月から改修工事が行われ、本年5月1日(日)のリニューアルオープンまで残すところ1か月ほどになりました。本年2月から足場が段々はずされ始め、現在、急ピッチ工事が進んでいます。
リニュアール後は、最上階は武家の守護神・摩利支天像を安置する空間を部分的に再現されます。江戸時代の史実に基づき、小田原の木材を使い、地元の職人が工事に携わっています。2月いっぱいでで大工工事が終了し、現在は土壁や漆喰を塗る左官工事へと移っています。足場は天守閣入口の付樽を除き3月中旬にすべて取り外される予定です。内装も4月上旬に作業を終え、新生小田原城のお目見えにご期待ください。




小田原駅には駅長さんが5人います。それはJR東海、JR東日本、伊豆箱根鉄道、小田急電鉄、箱根登山鉄道です。「小田原駅五社会」という会があり」野球大会など親睦を深めています。そのためか小田原周辺は鉄道ファンの聖地のようなところです。そのため何回かに分けて掲載させていただきます。まずは新幹線です。鴨宮には新幹線の試運転区間として新幹線の碑がありますが、綾瀬~鴨宮が戦時中に「弾丸列車計画」(東京~下関を9時間で結ぼうとする大陸輸送計画)で用地買収が先行しており、プロジェクトの拠点が鴨宮にあったため「鴨宮モデル線区」と呼ばれ、「新幹線発祥の地」となりました。現在、小田原駅は上り46本(内ひかり号7本)、下り35本(内ひかり号8本)が停車し、かつドクターイエロー(こだま号用)が停車している様子が見られます。




梅干しは夏の土用干しを経て、漬け込まれることになります。小田原に欄干橋ちん里という店がありますが、明治元年に漬け込まれた梅が現在も食べられる形で保存されています。ちん里うは明治初年に創業した小峰門弥さんはもともと料理人でしたが、明治維新後にゆかりの小田原に戻って、唐人町に料亭「枕流亭(ちんりうてい)」を開業しました。小峰さんは梅干しのほかに柚子の皮を使って甘く蒸し練り、餅の形に流し固めた「柚餅」などを創案してゆきます。ちん里うの柚餅は北原白秋も愛好したと伝えられています。




 
ご 紹 介  

・小田原市歩け歩けの会(略称OWA)は、小田原市を中心に箱根や相模湾を臨み、名所旧跡に恵まれた神奈川県西湘地区に拠点を置くウォーキンググループです。


 
 
協会のご案内   

・協会の設立   19655月に『小田原市歩け歩けの会』を設立

・KWA加盟   200011月に『神奈川県ウォーキング協会』に加盟

・活動方針    20134月から『明る<楽しく元気な例会を推進』することを目指しています

 

・例会参加費

  神奈川県ウォーキング協会員200円  ・他協会の会員300

  一般参加者500円(当日に入会される方は参加費が200円になります)

 

・【小田原市歩け歩けの会 入会方法】

  ◆入会金:1500円

  ◆年会費:1500円

    

※ 年会費は次のとおり加入時期により金額が異なります。

 入会時期 1月~3月  4月~6月   7月~9月  11月~12月
 入 会 金  1,500円 1,500円  1,500円  1,500円 
 年 会 費 1,500円 1,000円   500円 0円 
 合   計 3,000円   2,500円 2,000円  1,500円 

※ 退会時は、入会金一年会費は返金致しません。

    個人会員になられた方には

      1)入会後に、会員証・バッチ・名札をお渡し致します。

      2)会報(かながわを歩こう)を毎月配布致します。

      3)定例行事参加の会費は200円です。

        ※1 特別行事等は参加費を別途設定する場合があります。

         ※2 ネ申奈川県ウォーキング協会員 200円

           他協会の会員 300円、一般参加者 500円

           参加回数の多い方については年間完歩賞が貰えます。



 【ウォーキングの雑学】

         美しく、快適に歩くためのポイントについて

  長い間の生活習慣で知らず知らず体に染みついたクセ(ゆがみ)が誰にもあるものです。その癖を
  そのままにしておくと,すぐ疲れやすくなったり痛みや故障の原因になります。頭の傾きで肩や背
  骨の位置が変わったり,関節の曲がりが大きくなって負担がかかります。そして内臓にも影響が
  出てきます。こんな状態では快適に歩くことが困難になってきます。
  まず自分の癖を知ることが大切です。そのためには二人でチェックしたり,鏡でチェックしま
  しょう。その後,両手を組んで裏返しし,頭の上に伸ばし体全体に引き上げることで背筋が気持
  ちよく伸び,胸が大きく広がり,お腹が引き上げられます。これはいつどこでもできますので気づ
  いたとき適宜行ってください。そしてこの姿勢を保って歩きましょう。
  歩く際には見えないひもで天から釣りあげられている気持ちで姿勢を保ちます。そして,膝を曲
  げて歩くと歩幅も狭くとぼとぼした歩きになりますから,ひざが伸びきったときに地面にすっと
  着地するように歩くと歩幅が無理なく広がります。
  そして,ひざが伸びて着地するとき,自然に踵から地面に着きます。ひざが曲がったままだと
  足裏全体で着地するので,ペタペタと音がします。踵から着地すればほとんど音のしないしな
  やかな良い歩き方が得られます。

         手のむくみ防止について

  多くの方は長時間のウォーキングをされた時,手にむくみ感を経験されたことがあると思います。
  これは腕をだらんと下げたまま長く歩くと血行の戻りが悪くなり,むくみや腫れぼったい感じに
  なります。手や腕も積極的に動かすようにするとむくみが防げます。
  軽く肘を曲げ,拳を心臓の高さくらいにして振るとよく,コンパクトになった腕は早く振れます。
  肩や腕の筋肉が使われよい運動になります。最後にむくんでしまったら,時々手をあげて手の
  開閉等すると早く治ります。手袋の着用も効果があります。(ちなみに,手袋は転倒,木の枝等
  の把持,吸汗等による事故防止に効果的です。)
  また地図を手の平に収まるように折りたたんで持つのも良いです。反対側の手にはペンを持ち
  ましょう。落とさないように筋肉が動いてむくみを防ぎます。

  
    正しい靴の履き方で美しく健康なウォーキングを

  ① できるだけ履きなれた靴を使用するのがベストですが,新しい靴は早めに買って履きならしましょう。
     買うトキは,カカトをつけて,つま先に1cm程度テイドの余裕のあるもの,横幅は指が動く程度にコウが柔らかく,
     カカトはきっちりと保護するものが良いです。
  ② シューズを購入する際は,夕方(足がむくむため)に,必ず両足履いて,少し歩いてみてください。
     (お店の人にはくれぐれも断ってください。)

  ③ 歩いている最中,足の形は常に変化ヘンカしています。靴も足の形に柔軟に変化することが望ましいです。
     特に足の甲が当たる部分は踏み返しの際,靴のアッパー両サイドにコウが食い込むような形で張り出て
     くるので,この部分は窮屈になりがちです。
  ④ 紐の通し方は3通りほどありますが,ウォーキングで便利なのは紐を穴の内側から外側に通すようにして
     組み上げる方法だと,甲の張り出しによる窮屈さが緩和されます。靴ひもが解けない方法は,最後に互い
     の紐を二重に結び,そしてちょうちょ結びの輪っかを二重に結んでください。

 

 

 
 おだわらウオーキングだより(PDF)
 

 
小田原市歩け歩けの会
(神奈川県ウオーキング協会・加盟団体)
TEL&FAX 0465-34-3265
電話は9~18時にお願いします