関西医療系学部サッカーリーグ規約 

 

   1章 総則

   第1         『名称』 本会は、関西医療系サッカーリーグとする。

   第2         『目的』 本会は、医療に携わることを目的とする学生たちに、試合を行う機会を与え、競技の普及と技術の向上、加盟校の親睦を図ることを目的とする。

   第3         『所属』 本会は、何れのサッカー協会にも属してない。(2003.1現在)

   第4         『会期』 本会は、毎年春季(4月〜7月)にリーグを開催する。

 

  第2         組織

   第5         『構成』 本会は、関西における医療系学部による体育会サッカー部により構成される。

   第6         『加盟』 新たに本会に加盟を希望するクラブは、総主管校に申請する。主務会議において、参加校の承認が得られると、次年度よりリーグに加入される。

   第7         『退会』 本会の退会を希望されるクラブは、総主管校に申請する。総主管校の確認を持って、自動的に退会となる。

   第8         『休会』 退会扱いとなる。

 

  第3         運営

    本会を円滑に運営し、維持発展させるため、加盟校、各会員は誠実になしうる限り協力する。また各会員各位が担う責任をまっとうする。

   第9         『主管』 総主管校は、毎年一校選出する。

   第10    『総主管校』 任期は1年とし、再選は可とする。本リーグの開催、運営のため、総主管校は以下の義務を完遂する。

    1.主務会議の開催

    2.加盟費の徴収

    3.加盟費の運用

    4.各校からの報告を受ける

    5.シーズンパンフレットの作成、配送

    6.賞罰の執行

 

  第4         主務会議

    本会を維持発展させるには、全加盟校、全会員の活発な議論が不可欠である。また、あらゆる要請、提案、トラブルも本会議にて結論を出さなくてはならない。

        本会の発展に寄与する姿勢が求められる。

   第11    『出席』 加盟校は必ず本会議に出席する。出席者は各大学の主将、主務、もしくは代表者とする。

                      総主管校からの開催の通知を受け次第、出席の確認を行う。

   第12    『欠席』 天災、試験など、やむをえない事情により欠席する場合はアンケート用紙に理由を添えてFAXにて総主管校に届け出る。

                      電話のみの連絡は不可とする。無断欠席に 関しては、何らかの懲罰を用いる。

   第13    『開催』 総主管校の指定する日時、場所において行われる。

       A.主務会議は毎年最低1回行い、何かあればそのつど開催する。その内容は以下に挙げる。

       1.リーグの結果報告

       2.昇格、降格の決定

       3.審判員からの意見、通達

       4.総主管校による会計報告

       5.総主管校による総括

       6.総主管校に報告された案の討議

       7.6以外の新たな案

       8.次年度の総主管校の選出

 

       B.加盟工の要請に応じて、総主管校は随時に会議を開催する。その内容は、以下に挙げる。

      1.本規約の改正

      2.協議ルールの改正

      3.本会の維持発展の妨げになる問題の解決

      4.本会の維持発展の妨げとなる加盟校、会員の処分

      5.新加盟校の審査、承認

      6.その他

 

   第14    『議事運営』 議長は総主管校の主将または代表者が務める。

   第15    『決議』 主務会議参加者によって議論して議決をみる。基本的には多数決による。

    

  第6        会計

   第16    『経費』

      A.大会の経費は以下のものより支弁する。

       1.大会参加費

       2.必要による徴収

       3.寄付

       4.協賛

 

      B.主な経費は以下のものである。

       1.リーグパンフレット作成

       2.配達料

       3.通信費

       4.審判講習会費

       5.審判への謝礼

 

   第17    『徴収』 総主管校は加盟校に、直接依頼して必要額を徴収する。

   第18    『納入』 加盟校は、要求された額を速やかに、総主管校に納入する。納入を証明する通帳、領収書は保管する。

 

  第7章 試合

   本会の存在意義は、すべてこの試合のためにある。試合、対戦相手、審判、会場すべてを尊重し、質の高さを高める。

   第19条 『ルール』 試合のルールは、日本サッカー協会のルールに準ずる。

   第20条 『形式』 1回戦総当りとする。

   第21条 『時間』 試合時間は35分ハーフの70分とする。インターバルは10分とする。延長、PK戦は行わない。

   第22         『会場』 会場校は、遅くとも試合開始30分前には、試合開始に支障をきたさぬよう完璧に準備する。準備とは、以下のものとする。

        1.     危険物の除去

        2.     ピッチの整備

        3.     ラインマーキング

        4.     両チームベンチの設置

        5.     ゴールネットの補修など

                     すべては会場校の指示のもと、試合両チームが準備、片付けなどを行う。

 

   第23         『交代』 交代要員は名まで登録、5名まで交代可とする。交代時には審判に交代用紙を提出する。

   第24         『出場』 本会に登録する会員のみとする。薬学部に関しては院生の参加も認める。

   第25         『出場停止』 前節にレッドカードを提示されたもの、およびイエローカードが2枚以上累積したものは、自動的に時節は出場停止とする。

                            リーグ戦を通じてイエローカードは累積する。特に悪質なファールがあった場合、審判は総主管校に報告し、検討の際2試合以上の出場停止を提示する場合がある。

   第26         『ユニフォーム』 試合に出場する選手はユニフォームを統一しなければならない。シャツ、パンツ、ソックスが明らかに異なるものは、出場できない場合がある。

                           その際、主審が相手チームの了承を得れば、出場できる。

   第27         『棄権』 試合予定時刻に1チーム8名未満の場合は、そのチームを棄権とみなし、不戦敗とする。

   第28         『控え』 控え選手は出場選手と異なる色のウェアーを着用する。ベンチの外にいるものは、両チームと異なる色のウェアーを着用する。

   第29         『ボール』 試合の際に両チームは、試合球を提供する。予備球も用意する。ボールは努めて新品もしくはそれ同等のものとする。

                            試合において、破損、紛失した場合、本会は保証できない。

   第30         『メンバー表』 試合開始前のお互いのチーム同士交換し、試合開始時に審判員に提出する。

 

    第8章 審判

     質の高い試合は、質の高い審判なしにはありえない。本会はいずれの協会にも属さず、審判の派遣を協会に申請する権利を持たず、また、協会も派遣の義務がないのも現実である。

        これに対し、各大学の理解と協力が必要となる。

  第31          『審判員』 審判員はチームにおいて責任のあるものが行う。主審をした大学は、試合日の翌日の夜までにその試合結果を、1週間以内に詳細を書面で総主幹校に報告する。

     また、詳細に関しては別紙の審判マニュアルを参照のこと。

 

      第9         試合成績

    第32          『ポイント』 試合の勝者には勝ち点3、敗者には0、引き分けには両チーム1が与えられる。

    第33          『優劣』 リーグ全日程終了時に、最も勝ち点の多いチームを優勝とする。ただし、複数校が勝ち点で並んだときは、得点数から失点数を引いた得失点差で多いものとする。

                       これにおいても並ぶときは、総得点差の多いものとする。これにおいても並ぶときは、当該チームの対戦成績により決定し、それでも並ぶ場合は抽選とする。

    第34条         『昇格』 2部Aリーグ1位vs2部Bリーグ2位、2部Aリーグ2位vs2部Bリーグ1位の勝者が昇格する。その試合で引き分けの場合はリーグ1位のチームが昇格する。

    第35条         『降格』 1部における下位2チームが自動的に降格する。

 

      第10    罰則

        本会は罰則を是としない。参加校、各会員の理解と協力により問題を解決する。しかし、審判や相手チームに対して著しい不名誉、迷惑となるものには、罰則をもち処分する。

     第36       『対象』

      1.審判員に対する著しい暴言

          2.会員間の暴力

          3.会場設備の故意による破損

          4.総主管校の召集する会の無断欠席

          5.審判講習会の無断欠席

          6.書類の不備

          7.書類の未提出

          8.連絡の不備

          9.参加費の未納    

         10.試合の遅刻

         11.試合の放棄

         12.登録外選手の出場

 

       第37条『処分』 これらの処分には主務会議により討議され処分される。

       第38条『不戦勝』 3−0とする。疫病で試合実行できずに且つ代替試合も行えなかった場合、不戦勝とする。