近畿学生野球連盟 規約

 

第1章  総則

 

第1条(名称)

  本連盟は近畿学生野球連盟と称する。

 

第2条(事務所)

  本連盟の事務所は大阪市西区土佐堀1丁目5番11号土佐堀INビル4階に置く。

 

第3条(目的)

  本連盟は日本学生野球憲章に則り、学生野球の理念を実践し、その健全な発展に寄与することを目的とする。

 

第4条(構成)

  本連盟は、近畿地区に所在し、学校教育法に基づき設置された大学で、本連盟への加盟を承認された大学(以下「加盟大学」とする。)の硬式野球部をもって構成し、T部(6大学)、U部(6大学)、V部(複数大学)で組織する。

 

第5条(加盟大学の義務)

  加盟大学は、第3条の目的に鑑み、以下の義務を遵守する。

  (1)法令、日本学生野球憲章、本連盟規約、その他の倫理規範等の遵守

  (2)本連盟の費用の負担

  (3)本連盟の運営への積極的参加

  (4)その他本連盟の運営に欠かせない事項の協力、履行

 

第2章  事業

 

第6条(事業)

  本連盟は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1)大学野球の普及、振興、指導及び監督

(2)近畿学生野球リーグ戦及びその他の試合の開催

(3)大学野球選手、部員等のスポーツ障害予防・健康増進

(4)大学野球選手、部員等の文武両道による成長の支援

(5)大学野球に関する講習会・研究会の開催

(6)大学野球に関する関係諸団体との協力・提携

(7)その他本連盟の目的達成に必要な事項

 

第7条(事業年度)

  本連盟の事業年度は毎年1月1日から12月末日までとする。

 

第3章  役員

 

第8条(役員構成とその数)

  本連盟には次の役員を置く。

   会長    1名

   理事長   1名

   常務理事  8名以内

   理事    各加盟大学につき1名

   特別理事  6名以内

   監事    2名

 

第9条(会長)

  (1)会長は、加盟大学の学長の中から、理事会が選任する。

  (2)会長は本連盟を代表する。

 

第10条(理事長)

  (1)理事長は、理事会が理事又は特別理事の中から選任し、会長がこれを委嘱する。

  (2)理事長は、理事会の運営を管理・統轄する外、法令及び本規約に定めるところにより、本連盟の業務を執行する。

  (3)会長に支障があるときは、理事長が会長の職務を代行する。

 

第11条(常務理事)

  (1)常務理事は、理事会が理事及び特別理事の中から選任する。

(2)常務理事の員数は8名以内とする。

(3)理事長に支障があるとき、理事会は常務理事の中から理事長代行を選出する。

(4)常務理事は、常務理事会において別に定めるところにより、本連盟の業務を分担執行することが出来る。

 

第12条(理事)

  (1)理事は、各加盟大学につき1名とする。

 

(2)理事は、各加盟大学の硬式野球部部長をもって充てる。理事は、各加盟大学の硬式野球部を代表し、野球部及び野球部員の活動に関する責任を負う。

 

第13条(特別理事)

  (1)特別理事は、理事会が学識経験者及び本連盟OBの中から選任する。

(2)特別理事の員数は6名以内とする。

 

第14条(監事)

(1)監事は、理事会が学識経験者及び本連盟OBの中から選任する。

(2)監事の員数は2名とする。

(3)理事会は、監事2名のうち少なくとも1名は本連盟OBの中から選任するように努める。

  (4)監事は、本連盟の会計を監査し、その結果を理事会に報告する。

 

第15条(任期)

(1)役員の任期は2年とする。但し、役員の任期は重任を妨げない。

(2)役員に欠員が生じた場合は、第9条から第14条に定める手続を経てこれを補充する。

(3)補充された役員の任期は前任者の残存期間とする。

(4)役員は、任期満了のときは、その職務を後任者に迅速かつ円滑に引き継がなければならない。

 

第16条(役員に対する報酬)

役員は、無報酬とする。

 

第4章  理事会

 

第17条(組織及び構成員)

  (1)本連盟に理事会を設置する。

  (2)理事会は、すべての理事及び特別理事で構成する。

 

第18条(審議決定事項)

  理事会は次に定める事項について審議、決定する。

  (1)本規約の改正

  (2)決算案の承認

  (3)本連盟への加盟及び脱退の承認等に関する事項

  (4)常務理事の選任

  (5)その他理事会が審議し決定すべきものと定められた事項

 

第19条(招集と議決)

  (1)理事会は一年度に2回、2月と7月の第3土曜日に開催する。

(2)理事会は理事長が招集し、その議長となる。前項にかかわらず、理事長は必要と認めるときは、理事会の構成員を招集し、理事会を開催することができる。

(3)理事会の定足数は、その構成員の2分の1以上とする。

(4)理事会の議決は、出席した構成員の過半数の賛成によりこれを決定する。可否同数の場合は議長の投票により決定する。

(5)理事会は、必要と認めるときは、構成員でない者の意見を聞くことができる。

 

第5章  常務理事会

 

第20条(常務理事会)

  (1)本連盟に常務理事会を設置する。

  (2)常務理事会は、常務理事と理事長で構成する。

(3)常務理事会は、理事長がこれを統括する。

 

第21条(審議決定事項)

  常務理事会は次に定める事項について審議、決定する。

  (1)本連盟の業務遂行に関する各種規則・細則の制定、改廃

  (2)選手部員の登録の承認

  (3)試合日程の承認

  (4)毎会計年度の初めに事業計画を策定し、その会費を決定すること

  (5)予算案の承認

  (6)会長及び理事会より授権された事項

(7)その他常務理事会が審議し決定すべきものと定められた事項

 

第22条(招集と議決)

  (1)常務理事会は一年度に3回、2月、7月及び11月の第3土曜日に開催する。

(2)常務理事会は理事長が招集し、その議長となる。前項にかかわらず、理事長は必要と認めるときは、常務理事会の構成員を招集し、常務理事会を開催することができる。

(3)常務理事会の定足数は、その構成員の2分の1以上とする。

(4)常務理事会の議決は、出席した構成員の過半数の賛成によりこれを決定する。可否同数の場合は、議長の投票により決定する。

(5)常務理事会は、必要と認めるときは、構成員でない者の意見を聞くことができる。

 

第6章  業務の遂行

 

第23条(理事の任務分掌)

(1)理事会は、第25条に規定する各委員会の委員に選任することにより理事及び特別理事の担当業務を定めることができ、担当業務を割り当てられた理事及び特別理事は、当該担当業務を誠実に遂行しなければならない。

(2)前項の担当業務には、@財務会計、事務庶務、渉外、報道等の総務業務、A事業推進、試合の開催運営等の業務、B加盟大学野球部監督との連携等の業務、C審判との連携等の業務が含まれる。

 

第7章  委員会

 

第24条(委員会)

  (1)本連盟に次の委員会を置く。

     @総務委員会

     A業務推進委員会

     B監督委員会

     C審判委員会

  (2)総務委員会は前条(2)@の業務を、業務推進委員会は前条(2)Aの業務を、監督委員会は前条(2)Bの業務を、審判委員会は前条(2)Cの業務をそれぞれ担当する。

(3)総務委員、業務推進委員、監督委員及び審判委員を、理事会が理事又は特別理事の中から選任する。

(4)総務委員会及び業務推進委員会は委員4名で構成し、そのうち1名は委員長とする。委員長は委員の互選で決める。

(5)監督委員会及び審判委員会は委員数名で構成し、そのうち1名は委員長とする。委員長は委員の互選で決める。

(6)監督委員会及び審判委員会には、幹事数名を置く。幹事は、理事会が学識経験者及び本連盟OBの中から選任する。

 (7)各委員会の委員は、他の委員会の委員を兼任することが出来る。

(8)各委員会の設置及び運営についての詳細は、別途、細則で定める。

 

第25条(学生委員会)

  (1)本連盟に学生委員会を置く。

(2)学生委員会は、原則として加盟大学の理事の推薦を受けた各加盟大学3名以内の学生(学生委員)で構成する。

(3)学生委員会には、本部について、本部学生委員長1名、本部学生副委員長若干名、会計及び業務推進担当委員若干名、各部(T部、U部、V部)について、各部学生委員長、各部学生副委員長3名、会計、記録、審判及び試合担当若干名、その他を置く。

  (4)学生委員会は、常務理事会の決定及び指示に従い、試合開催に関する業務等を担当する。

  (5)学生委員会の設置及び運営についての詳細は、別途、細則で定める。

 

第8章  会計

 

第26条(経費)

  (1)本連盟の経費は、事業収入、会費、寄付金及び雑収入金をもってこれに充てる。

  (2)加盟大学は、半期に一度、会費を納入しなければならない。

  (3)前項の納期は2月末日、7月末日とする。

(4)会費の詳細については、別途、細則で定める。

 

第27条(決算及び予算)

  本連盟は、毎年1月1日から12月31日までを会計年度として、決算を行う。

 

第9章  表彰・注意・厳重注意・処分

 

第28条(表彰)

  本連盟は、次の表彰を行うものとし、常務理事会の推薦に基づき、会長が表彰する。

  (1)優勝旗及び優勝杯の授与

  (2)優秀選手の表彰(ベストナイン)

  (3)選手個人の成績が特に優れた場合(特別表彰)

  (4)放送優秀賞

  (5)その他特に功績が著しい場合(感謝状などの特別表彰)

 

 

 

第29条(注意・厳重注意及び処分)

  加盟大学、野球部、野球部員、監督その他の指導者、審判及び本連盟の役員等は、日本学生野球憲章に違反する行為を行った場合、同憲章第7章の規定に従い、注意、厳重注意もしくは処分される。

 

第30条(注意・警告及び除名)

  本連盟は、加盟大学が第5条(加盟大学の義務)に違反する行為(不作為を含む)を行った場合、一定の催告期間を定めて是正もしくは履行等を催告したうえ、その義務違反の程度及び是正・履行等の状況に応じて、当該加盟大学に対して注意、警告もしくは除名することが出来る。

 

第10章  付則

 

本規約は、昭和23年4月1日制定、実施され、次の通り改正されたものである。

昭和37年  4月 1日  改正

昭和47年  9月 1日  改正

昭和49年  4月 1日  改正

昭和59年  4月 1日  改正

平成 2年 12月22日  改正

平成 6年  2月23日  改正

平成 6年  6月29日  改正

平成12年  6月15日  改正

平成13年 11月22日  改正

      平成17年  2月10日  改正

      平成20年  1月18日  改正

      平成21年 11月28日  全面改正

      平成22年 11月20日  改正

            平成25年  11月  9日    改正

      平成26年 11月 8日  改正