2016年度体育会リーダーズキャンプ

2015年12月25日(金)-27日(日)にかけて滋賀県奥琵琶湖マキノパークホテルにて2016年度体育会リーダーズキャンプを開催致しました。
2016年度の体育会リーダー146名、本部32名の計178名が参加しました。

初日(2015年12月25日)

朝の8:35、参加者が関西学院大学に集合。
バスに乗り滋賀県マキノパークホテルへ移動します。

11:30、マキノパークホテルに到着し開会式を行いました。

13:00から18:00まで原田隆史氏による講演会。
独特の研修方法で、あっという間の5時間でした。

原田 隆史
株式会社原田教育研究所 代表取締役社長。
1960年大阪生まれ。奈良教育大学卒業後、大阪市内の公立中学校に20年間勤務。
保健体育指導、生徒指導に注力、問題を抱える教育教育現場を次々と立て直し、「生徒指導の神様」と呼ばれる。独自の方法「原田メソッド」により、勤務3校目の陸上競技部を7年間で13回の日本一に導く。
大阪市教職員退職後、大学講師を経て、起業。「原田メソッド」で数々の企業の研修・人材育成を歴任。これまでに約320社、60000人のビジネスマンを指導した実績を持つ。現在も、家庭教育・学校・企業の人材育成、講演・研修活動など、幅広い分野で活躍中。

18:30から夕食をとりました。
キャンプの班での最初の食事です。これから3日間過ごす仲間と打ち解ける時間となりました。

夕食がひと段落したところで、突然部屋が真っ暗に!
学生本部からのサプライズイベントです。12月25日といえばクリスマスなので、参加者にクリスマスケーキをプレゼントしました!

19:40から20:40まで班別討議①【理想の体育会】を行いました。
関学体育会が求められているもの、理想の体育会など、この後の討議の軸となる部分について考えました。

20:50から23:10までは班別討議②【部の現状】と入浴を行いました。
班別討議①の内容と比較しながら、理想に対してのそれぞれの部の現状を考えました。

2日目(2015年12月26日)

8:00から朝食をとり、8:45からレクリエーションを行いました。
レクリエーションは班対抗で行い、得点上位の班には素敵な景品もありました!

11:15からはコンプライアンス討議①を行いました。
関学体育会の不祥事に焦点を当て、過去の事例をもとに、不祥事が起きた原因など、コンプライアンスの面について参加者全員で考えました。

12:40から昼食をとりました。

13:30からコンプライアンス討議②を行いました。
コンプライアンス討議①の内容をそれぞれの班に戻り、共有しました。

14:40から班別討議③【リーダーとは】を行いました。
班別討議②で出した部の現状をもとに、悪いところの解決策や、良いところの継続方法について話し合いました。

15:50から班別討議④【まとめ】を行いました。
今までの討議の内容をふまえ、実際にリーダーとして何をしていくのかをを考えました。

17:00からスローガン討議を行いました。
各班で2016年度関西学院大学体育会の指針となる、スローガンを考えました。

18:20から夕食をとりました。

19:30から21:30までは色紙と決意表明を書く時間と、入浴を行いました。
色紙は各班で、班員一人一人にメッセージを書きました。
そしてリーダーとしての決意表明を大きな模造紙に参加者全員で寄せ書きしました。こちらは銀座通りの掲示板に掲載しているので、ぜひご覧ください!

21:50から親睦会を行いました。
違う班の人とも話をして、最後は全員で校歌を歌い、楽しい時間を過ごしました。

最終日(2015年12月27日)

8:00から朝食をとりました。

9:00からスローガンプレゼンを行いました。
各班で考えたスローガンを発表し、それに込められた意味を説明します。

10:20から11:30まで役職別討議を行いました。
違う部活の同じ役職の人と意見を共有し、その役職について考えました。
また、同時刻に班長と本部編集部幹部で、2016年度スローガンについて話し合い、決定します。

11:40から昼食をとりました。

12:30から13:30まで部別討議を行いました。
部ごとに集まり、班で話し合ったことを共有してこの後の全体発表に向けて話し合いました。

13:40からは全体発表を行いました。
各部代表者一名が「関西学院大学体育会を担っていくリーダーとして部をどうやって引っ張っていくのか」を発表しました。

全体発表後、閉会式を行いました。
来賓の方々からご講評を頂き、体育会学生本部本部長より2016年度関西学院大学体育会スローガンが発表されました。2016年度の関西学院大学体育会スローガンは「ホンモノ」です。
「ホンモノ」とは、嘘偽りなくつきつめきった状態を言います。 近年、関西学院大学体育会は、競技的には素晴らしい戦績を残していますが、その一方で、マナーやルールを守れていない行動や、不祥事が起こっているという現状にあります。体育会員として「ホンモノ」の自覚があれば、当たり前のことを当たり前にできるはずです。一人一人が体育会員としての「ホンモノ」の自覚を持つことで、「ホンモノ」の体育会をつくることができます。
全員が「ホンモノ」の体育会員となり、全員で「ホンモノ」の体育会をつくりましょう。

16:30にマキノパークホテルを出発しました。
19:30に西宮北口に到着し、2016年度体育会リーダーズキャンプが終了しました。

リーダーズキャンプ

フォトアルバム