本文へスキップ

北広島市内4ヶ所で活動している伝統空手の少年団です。

北広島空手道スポーツ少年団

会員随時募集中!
当少年団は、松涛館(しょうとうかん)流空手道の教室として昭和57年より活動をはじめ、30年以上地域の空手教室として活動を続けています。

琉球から発した古来の伝統的な流れを汲む空手道の中で、日本四大流派に数えられる松濤舘流は主に長距離戦を想定した重厚かつ伸びのある空手を主体とし、特に形試合においてはその荘重さに大きな支持を得ています。

また伝統空手道の特長である全身運動、左右均等運動は、運動生理学的にもその効果が認められており、“生涯スポーツ”としての効果も期待されています。

見学・体験は自由です
いつでも無料で見学・体験ができます。お気軽に会場へお越しください。体験希望の方は動きやすい服装でお越しください。

お知らせtopics

>会員限定キューピー作成しました!
新規会員には白帯キューピーをプレゼントします。




 

中学校武道必修化への取り組み
北広島市では全校において空手道が採用され、当団体から3名が外部指導員として体育授業の指導を行うことになりました。




北広島空手道スポーツ少年団の歴史

昭和57年10月
 広島少年少女空手道教室として開設
昭和64年(平成元年)のはまなす国体において北広島市が空手道競技の会場に決定し、将来の空手道競技の選手を育成する場として、市の主催で設立されました。

昭和60年
 活動場所を中央公民館から総合体育館に移動
はまなす国体に向け建設された北広島市総合体育館の完成に伴い、活動場所を総合体育館武道場に移動しました。

平成元年
 はまなす国体で少年演武を披露
当時の北広島市内の教室の生徒みんなで、演武を行いました。

平成16年
 輪厚教室開設

平成22年
 
団地教室開設

現在、団員約40名、指導員7名で市内各所で活動しています。
 



空手グッズの通販サイト CHAMP ONLINE-ビデオ、本、Tシャツなど豊富な品揃え

北広島空手道スポーツ少年団

北海道北広島市


少年団チラシ・表
クリックで表示

少年団チラシ・裏
クリックで表示

昨日の自分より強くなろう!北広島空手道スポーツ少年団