川崎球場

川崎駅前。

大洋ホエールズが1955〜77年、ロッテオリオンズが1978〜91年まで野球場として使用。

老朽化のため、2000年に客席スタンドをすべて取り壊し、あらゆる球技が可能な多目的グラウンドとなった。

2007年、アメフトW杯の際、野球使用時の外野部分に客席スタンドが建てられ、現在のアメフト専用スタジアムとなる。

Xリーグの2/3の試合がここで集中開催される。(残り1/3は関西)

アメフトの聖地。

 

        

 

INDEXへ戻る