ATSUTA Makoto
熱田 眞
 
1976年9月16日生 身長/体重:174cm/68kg
東京都 町田市 出身
 
 
所属チーム
  町田ジュニアユース〜帝京高校〜国士舘大学〜京 都〜新 潟〜京 都

年度別個人成績 -------------リーグ戦------------- リーグ杯 天皇杯
年度 チーム 番号 リーグ 試合 時間 得点 退 (赤)
1996 国士舘大 * 大学 - - 3 2
1997 国士舘大 * 大学 - - 3 4
1998 国士舘大 10 JFL 21 * * * 11 * * - - 2 0
1999 京 都 24 J1 14 9 5 7 739 1 3 0 2 1 0 0
2000 京 都 13 J1 18 14 4 2 1,089 5 5 0 6 0 0 0
2001 京 都 13 J2 37 36 1 0 3,389 3 12 1 (0) 1 0 4 0
2002 京 都 J1 18 6 12 3 737 0 2 0 1 0 5 0
2003 京 都 J1 4 0 4 0 47 0 0 0 1 0 - -
新 潟 36 J2 1 1 0 0 57 0 1 0 - - 2 0
2004 京 都 17 J2 34 29 5 0 2,124 5 6 0 - - 2 1
 
京 都での通算記録 125 94 31 12 8,125 14 28 1 (0) 11 1 11 1
J1 54 29 25 12 2,612 6 10 0 10 1 5 0
J2 71 65 6 0 5,513 8 18 1 (0) 1 0 6 1
 
Jリーグ通算記録 126 95 31 12 8,182 14 29 1 (0) 11 1 13 1
J1 54 29 25 12 2,612 6 10 0 10 1 5 0
J2 72 66 6 0 5,570 8 19 1 (0) 1 0 8 1
 
JFL 21 * * * 11 * * - - 2 0
 
  先:先発出場、途:途中出場、サ:サブ(ベンチ入り出場なし)の回数
警:警告、退:退場、(赤):退場の内で一発レッドによる退場の回数

サンガの”帝王”、攻撃ミッドフィルダー。攻撃センス、得点力はあるが、守備にやや難があった。また、カードも多かった。2001年は、松井大輔らと中盤を構成し昇格に貢献。新潟から復帰した2004年もレギュラー格だったが、柱谷監督の構想からはずれ、そのシーズンで解雇となった。京都退団後に移籍することも無く、そのまま引退している。
 
国士舘大学時代の1998年、JFLオールスターで2得点を決めMVPを獲得している。
 
引退後は大阪のマッサージ店で経験を積み、2007年に京都にマッサージ店をオープンした。また、京都府立医大のコーチもやっている。
 
熱田眞オフィシャルブログ
 
もみ路:熱田眞経営のマッサージ店

2009/01/18 更新