PIM VERBEEK
ピム・ファーベーク

1956年3月12日生 身長/体重:cm/kg
オランダ ロッテルダム 出身

所属チーム
ローダJC〜NACブレダ〜スパルタ・ロッテルダム (すべてオランダのクラブ)

主な指導暦
DS'79*:アシスタントコーチ(1981-84)
Unitas Gorinchem*:監督(1984-87)
デ・グラースシャフ*:監督(1987-89)
フェイエノールト*:監督(1989)、アシスタントコーチ(1990-91)
FCワゲネンゲン*:監督(1991-92)
FCグロニンゲン*:監督(1992-93)
フォルトゥナ・シッタート*:監督(1994-97)
大 宮:監督(1998-1999)
オランダ代表:チームスカウト(2000-01)
韓国代表:アシスタントコーチ(2000-02)
PSVアイントフォーヘン*:リザーブ監督(2002-2003)
京 都:監督(2003.7-.11)、テクニカルアドバイザー(2003.11)
オランダ領アンティル代表:コーチ(2004)
ボルシア・メンヒェングラットバッハ/ドイツ:アシスタントコーチ(2005)
UAE代表:アシスタントコーチ(2005)
韓国代表:アシスタントコーチ(2005-06)
韓国代表:監督(2006-07)
オーストラリア代表:監督(2007-)
*:オランダ

2度目の降格時の監督。2003年のシーズン途中にエンゲルスに代わり降格阻止の為に招集された。オランダからFWレジを呼ぶなどテコ入れしたが、成績は向上せずに残り2試合を残し監督を解任された。京都加入の前は、オランダで監督経験を積み、その後、当時J2の大宮でJリーグの監督を経験。日韓W杯ではヒディング監督のもと韓国代表のアシスタントコーチをつとめてベスト4進出に貢献。加入直前は朴智星が在籍していたPSVアイントフォーフェンに籍を置いていた。
ディック・アドフォカート監督のもとボルシアMG、UAE代表、韓国代表でアシスタントコーチをつとめる。ドイツW杯後に、アドフォカートに代わり韓国代表に就任。しかし、翌年のアジア杯3位の成績をうけ辞任する。その後はオーストラリア代表で指揮をとっている。
2007年に大宮の監督をつとめたロバート・ファーベークは実弟。

2008/05/11 更新