釣人不老講座

Home
黒鯛について
釣法について
道具と仕掛け
エサの選択
アタリと取り込み
釣人不老講座
黒鯛広場
千葉エリア〜沖堤情報
団子釣行記

 

 

団子釣法との合せ技と秘技!

 

 

 

 

理論と口上

 

前章

 

団子の世界感とは、不思議なる魅力の釣法、普段着で望める釣法、拘って団子を極める釣法、何れも釣り師の思うが儘に望んだ事でも、釣りに成ることが黒鯛と言う釣りの魅力に引き込まれて、楽しめるのかもしれません。関東では、場所が限られているので、狭い範囲の中で、釣行しますので、黒鯛師も時間的余裕が無いと想うようには行かないようです。また、団子、かかり釣りが好きな釣り師は、各地に存在する、ボート釣り成るもので楽しんで居る方もおられますが、魅力と言う域に団子は存在するのでしょう。

団子釣法の極めと言いつつ、団子釣り師の意気は高いようですが、小生に取っての団子は、たかが団子、されど団子の世界、遊び心なのです。釣り師は皆、分野、環境に入ると拘るものです、腕を磨きたい、極めたいと想い邁進していくものです。環境が成せる団子釣りは、その点に付いては、何方も出来るし、釣れるものと私は、信じている一人です。多くの団子ファンが存在するのも納得出来る釣法なのです。踏まえて団子とは何ぞや!と考えた時、足元を見て想う事は、黒鯛(チヌの事)は釣り師の憧れの的で有り釣ることが出来る期待と、夢の感動と想いが深い分全てをさらけ出し、難しい釣りと悟って居るからです。故に団子釣りなるものを知ると、意図も簡単に黒鯛を手にする事が出来るので、1枚が2枚に、3、4,5枚と欲を出し返り見ること無く没頭してしまう釣りの悪夢を乗り越えて、歯止めが効かなくなる病を起こしてしまうものですから病み付きが生じて嵌ってしまうのです。身を大切に、意志を強く持たないと身の破滅に繋がる怖い釣りなんです、此れが団子の世界の恐ろしい釣法なのですから、理性や精神の心を学んで心技体を磨く釣り師に成ることが望ましく想います。

 

 1)、団子釣法について!

 黒鯛釣法には、大きく分けて、5釣法の釣り方が有ります。

 *落とし込み釣法、

 *フカセ釣法、

 *磯釣り釣法、

 *前打ち釣法、

 *団子釣法、

 上記5通りの釣法が、主な黒鯛の釣り方、楽しみ方です。

 詳細に記するなら、各地域の釣り方もいろいろと有ると思いますが、会えて本文では、上記の5種類とさせていただきます。是等の代表的な釣法で団子釣法は、極単純、基本さえ心得て居ればやさしい釣りなのです。

 

団子釣法を心がけるに辺り、団子釣法の域の世界だけでは無く、上記の5釣法を極めて、黒鯛釣り師と言えるのではないでしょうか?小生から眺めさせて頂けば、団子の世界だけを覗くと小さな世界なのですが、其処だけを極めるための努力や展望は、物事に対して緻密な行動、考えが荒削りに等しく奥の深さを知りえないもどかしさが備わります。(小さく固まる事)黒鯛釣法に於ける、黒鯛釣りは、視野を広めて大きな分野から団子釣りを模索してゆけば、自ずと世界が開けるものです。此れが本物の黒鯛釣り師になり得る”師”と言わせる証印の証なのです。

 

 基本釣法を、(5種類の釣法)難しい順に並べたなら上記の順になります。棚を釣る落としや、フカセは、シンプルな仕掛けと、短竿に寄る極不安定な感と読みの世界です。磯釣りは、浮きと棚を読んで、コマセで環境を創りだす釣法、前打ちや団子は、底釣りの世界なのでアタリ、寄せ、食わせ等の釣りとしては、理に叶った釣法なので、釣れる事が前提の釣法です。

黒鯛を釣って見る、と、言う釣法では、団子が最も最短な釣法で環境に慣れれば叶う釣りなので人気があるのでしょう。志して釣り始めると、直ぐに壁にぶち当たるのも団子ならではの釣法を理解して居ないからだと思っています。団子釣法の繊細な極めとタッチ、バイトの加減と見込み、精神論の読みと忍耐等、研ぎ澄まされた状況を身体で覚えることが始めの一歩と認識した間合いを生かして舞う事の醍醐味なのです。

 黒鯛釣り釣法では、団子の世界が最も馴染み易く、釣れて当たり前、何も難しい事は無いと想いますが、団子だけに拘って居ますと範囲も狭く、釣法の技や引き出しが少ないので、極めた方でも環境に寄っては難しいものとなりますから、団子以外の釣法を応用して対応する心掛けと、精神が釣法を向上させる近道かも知れません。上記に記したように、黒鯛釣法は5種類の釣り方があります。実釣の釣法100%の技術とすれば、団子釣法は1/5の割合、即ち20%の技量で100%の釣法になります。加えて、落とし込み釣法、磯釣り釣法を加えれば、60%の技量で100%の釣法になります。言い換えれば、引き出しや技量がそれだけ豊富になる釣りが出来ると言うことです。限られた時間を楽しむのには、小生の理論も一理あると思っている次第です。

 

 イ】、釣行前夜の準備、

 

 団子に限っては、今日の明日とは行かない釣法なのです。釣行日に合わせて、予約、準備、研鑽を重んじるので、少なくとも1週間前とか、それ以前に釣行を予定したなら、大事な事は、天候、水温、風波、風向きです。四季を通じて異なりますが、釣行時期に於いて天候は最も大事な釣りへのステップです。前日より1℃水温が下がれば食い渋りも強く、活性も極めて低い物になります。前夜の準備として、天候の基準、今日明日の天候基準はもちろんの事ですが、前々夜迄の平均的気温、水温が肝心なのです。例えば、寒冷期は、南西が吹けば水温も上昇、活性が高くなり、捕食も豊になります。逆に、この時期に北風が吹き続けると活性は弱くなります。が前々日迄吹き続いた北風が、北東、南西向きに変わると、途端に活性がでてくるものです。是等お時間的に平均すると、時間の間を1日空けると捕食水準が極めて高くなることを示しておりますので、前々日迄の気温、水温が最も釣法に大事な事を知る教えなのです。前夜の想定を含めて、精神面の充実、睡眠、組立を踏まえて、心の準備も大事な釣りへの一歩です。

 

 ロ】、釣行に辺り情報が全て!

 

 釣行日の朝の景色は、釣り人に取って、期待と、精神の充実を強く感じ、挨拶と共に心和むものです。前夜迄の予想、組立、天候を考慮してポイント選定、水温や、釣果の情報、風向き、等を組み立て直して判断、読みのセオリーと釣れると言う信念の基で行うことが寛容なのです。

音に敏感な黒鯛は、船上&筏上に於いては、十二分注意して行うように取り計らいましょう。なぜ何だ!と言う疑問を持たない釣り師は、釣果も遠く成り瞬間の間合いも時間が掛かるものと知ることです。音に敏感な黒鯛は、習性として金属音を嫌います、警戒心が強いだけに音がした近辺には寄らないものです、時間と共に薄れた頃には、時間切れとなる場合が多く、釣行と言う楽しみを失う原因なのです。黒鯛は、繊細で警戒心が強いと言われる要因なのです。情報と言うものから始まる組立、学習と同じく習性も知り尽くして事に当たる釣行が大事な始まりなのです。黒鯛釣りも情報管理に組立て、行う釣りが多くの技の手駒から方法論を絞れる最短の道なのです。一般には、釣果、潮、ポイント位なものです。大事な事には違い有りませんが、更に大事な事を見逃して居るみなさん、其れは何か?前々日の水温、風の方向、潮流の流れなんです。この基準が一日置いた釣行日に大きな役割をもたらす事を釣り人は知るよしも無い事が災いをして居るのも事実なのです、何故?と言う事になりますが、水温、潮も3日間の平均を知る事が出来ると言う最大なポイントが秘められているからです。

 

 ハ】、団子の釣りを相対的に見て!

 

 団子釣り師は、環境を作り上げ、環境を支配して始めて食わせに繋がるセオリーを知ることが出来ます。心の準備から、道具の選定、餌の有無、団子の決め手、寄せの道筋と足止めの極め、どれを取っても流れに必要,、且つ大事な間合いの詰めなのです。

 団子釣りと言う釣行は、手軽に回数がこなせない釣りの一つです。一釣行に準備する道具や荷物は、相当なものになり、コンパクトに纏めても大荷物となりますし、費用も馬鹿に成らないものです。月2回の釣行が平均的釣行回数ですが、交通費、諸々を含めますと一釣行で平均2万円相当の諸費用がかかります。月平均2回、年24回の釣行で48万相当、平均の月小遣いは、5万円とすると、月2回は無理のようです。節約を如何にして釣行するかも課題なる釣りの一貫なのです。以上、団子釣りなる論理、口上を想いの儘に記載申し上げましたが、重ねて申し上げる事は、団子の魅力に思いを馳せ遣るからには、多くの引き出し、前向きの姿勢、精神の調和、体力の基礎を含めて、攻めの一手を熟す腕を向上させる、己自身の気持ちの持ちようなのだと心得る事が、瞬間を楽しむ【こころ】と悟りたい。

 

 1)、釣法に入る前の心得、!

 

 釣法の準備、支度、考え方は、各自の精神や、遣り方に任せて!本文では、私自身の心得として望む方法論です。その中から、各自の釣法に参考、応用を含めて適用しうる事を吸収することが望ましくおもいます。

 筏でも枷でも適用は同様とみなし団子釣法としての心得、気持ちは!

釣り場の位置に定着し、準備、体制、配置を行いましたなら、団子作りから始めるのが通常ですが、想定を行い、組立を終えている私は、仕掛け作りが優先です。心得も去る事ながら、想定した竿、穂先、仕掛け作りから始まります、上コマセの環境作りと共に、仕掛け優先の意味は、潮流の確認、棚との食わせの位置、潮の重さ、底潮の流れ、仕掛けの適用、穂先の選定、ラインの抵抗等を考慮して完了!此の間、約40分平均、1投目に入り試釣の探り投入を7回程、角度、方向、位置、潮に乗せて確認して、この日の環境を整え、攻めの落とし込み食わせ釣法に入ります。10:00迄の約2時間は、モーニングタイム、上コマセと付け餌のみでの落とし込み食わせ釣法探り釣りです。研ぎ澄まされた集中力の中で遣る唯一の瞬間です。

10:00を過ぎると、継続か?団子かとなりますが、環境が整っていれば、続行、不安定で在れば団子作りからやり直しです。全て2時間の判断で環境と行程を知ることが出来ます。継続が多く、殆ど団子を使用する事が無いのも事実なので、団子を遣るとしたならどう熟すか?

 

 2)、団子使用を試みる、!!

 

 団子を使用する時は何時も遅めの時間の間合いになります。

朝のモーニングと我々は言っておりますが、見極めが出来て、環境を知ると、意志決定の中で団子をすることになりましたなら、団子作りです。

 配合粉の基本、(小生好みとして)

 割合は、3:1:1;1が基本、

 使用粉、麦パワー、筏&枷、チヌパワーの3袋、

 練り込みは、環境に合わせて、配合粉を良くかき混ぜて1/2程を残して再度粉の追加、麦パワー、筏&枷を0,5程に、チヌパワーを0,5追加して粘りを入れて団子を完成、握り感覚は、5回握り、7回握り、11回握りの感覚です。完成した練りは、最初は、濃いものになります。次が半分残したものをかき混ぜて中濃練りに仕上げて継続、最後が薄い配合団子です。

使い方は、捨て団子の道筋作り、環境、潮流を見極めて、5M沖に投入、3M(中間)に投入、竿下に杏子団子を投入、2〜3回の間合いで行い、本釣法に入っても繰り返し行い流れと食わせポイントを見定める事が寛容、環境が整えば気配を感じるものです。気配を感じるまでの継続的な流れは、食いを誘う一連の読みと、食わせの瞬間を支配する竿捌の操作に入って行くものです。此の流れを読む、食わせのタイミングを演出する環境が、団子と言う釣法の魅力なのです。空団子と言う使い方が釣りを決めて居ることを釣り人は、冷静に考えて行う事がベストな釣りだと考慮して貰いたい。

 

 空団子の意味とは!

杏子団子が有効な時期は、夏場と秋のカイズ釣りです。環境に応じて一概には決めつけられませんが、杏子を使うと本餌迄の距離が狭くならないのです、潮流が早ければ尚更の事で、寄せの道筋を作る時を考えると、3Pに団子を打つとしたら、空、空、杏子と擦ることが、寄りの寄りに成るはずです。黒鯛の習性は、団子を打ち始めたとすると、竿下位置から半径30M以内に居る黒鯛は、7〜8秒で寄って来ますが、竿下に来るのは稀で、5〜7M付近で様子を伺っています。此れを寄せて食わせる為には、沖目の投入に杏子を入れた場合は、黒鯛は杏子の餌に向かいます、空ではどうか?団子の廻りを右往左往しています、そして中間の空団子、餌を求めて寄りをみせます、この時、黒鯛の心理は、餌に焦らされて無心状態です、竿下に杏子(2〜3の餌)を入れて本餌を落とせば、焦れた黒鯛は、餌に有り付く筈です。此の遣り方が団子の魅力として大きな感動を手にするのです。私は、この釣り方を、呼び込み食わせ釣法と言っております。全て此の方法で決まる事は有りませんが、可能性の中で、確立の高い戦法と思っております。環境を支配する参考としての一例です。

 

 解説 黒鯛が生息するに辺り、生きて行く生態の行動は、粗同様な範囲であるが、繊細で賢い黒鯛は、習性と言う強い行動が、警戒心を持ち、反応も敏感である、反面、泳ぎが下手で近眼であるため捕食は、臭覚、波音(鼓動の周波)と言われております。回遊魚の溜め、春の乗っ込み、産卵を終え、盛期に成り9月頃に落ちに入ります。体力を整え冬場を凌ぎ春を待って産卵に向かう一連の行動なのですが、捕食と言う生命維持の習性が有りますので、習性を生かした釣りを研究、研鑽すれば、黒鯛釣りに役立つものと知ることです。

 

 A),行動範囲を掌握する、!

 

 黒鯛は、落ちから始まり、体力を整えた後に深場へ移動しますが、群れになって移動します、浅場から産卵期迄の行動は、水温安定の水深のある場所に移動するのです。富浦湾は、北西方向に向かって湾の入り口のようになっています、その先が東京湾の中心航路、水深60M〜120M程あります、富浦湾の平均水深が14〜5M、東京湾航路迄は僅かな距離です、地形が湾奥に向かって駆け上がりになっていて、最奥部は砂地のなっています、(海水浴場)、筏廻りは、深場から伸びて来る溝が無数に有り、中心部から富浦よりが台地の様扇形に広がった地形になって溝と大房岬の地層の形状が重なりあって、岩礁と砂地の変化に富んだ場所なのです。黒鯛の捕食回遊は、浅場の餌です、群れで深場から溝を伝わり湾奥に入って来ます、賢い黒鯛は、湾奥部の河川、砂浜に向かい捕食しながら戻りますが、その行動は鈍く転々として捕食を終了した後は基の群れに戻るのです、底で1日今日過ごして消化すると、群れで捕食に向かうと言う習性と生態のなす本能によって繰り返される性質なのです、周期と言うものが備わっていて一潮(約15日)毎に捕食体制を見ますと72時間がサイクルになっておりますから、生態の習性を考慮すると中々面白いものがあります。勿論、群れは一つの集団として解りやすく捉えたものですが、群れの集団は多く、海の中は、生き物の捕食行動をするお魚が右往左往しているのです。黒鯛も生き残る子孫繁栄の為に今日も回遊捕食をしています。

 

 B)、捕食の移ろいと習性、!

 

黒鯛は、近眼である!故に単独的な行動は取らないものです。例え単独を目撃しても近くには仲間がいるのです。型物に(40cm以上)になっても、3〜7.8枚の集団をなしています。此れは、身を守る習性、本能なのです、しかも、40cm以上になりますと黒鯛は、性転換に於いて♀になるのです、臆病で繊細と言われる由縁なのです。捕食の習性を如何に読み取るか?と、考えた時、釣法に於ける寄せの技術、スタンスを重く見ないと、寄せの効果を知る事が出来ないものです。海と言う環境も刻々と変化する中で、事をなす事が如何に難しいものか?瞬間を捕らえて食わせに繋げるリズムや心境の間合い、全ては此の一念に釣り人は賭けているのです。食いの平均的な時は、それ程拘りが有りませんが、水温低下に入り、水温12℃までは食いが有りますが、12℃を割ると捕食の低下はまぐまれません。黒鯛の平均的な捕食の水温は、18℃〜23℃ですから、冬季から春の乗っ込みまでは、14℃〜16℃の水温が適温なので、環境を掌握して対応をするのが良いでしょう。乗っ込みに入ると12℃迄は、食い渋りながらも捕食体制は有りますので此の限りでは有りませんが、乗っ込みが終わると14〜15℃に水温が上昇しないと食性は皆無に近く、黒鯛は、海藻、苔、虫等を捕食して草食性の体力を補っています。産卵の体力を養うと、再び浅場に回遊して、貝、カニ、エビの甲殻類から捕食していき、カラス貝の季節になっていきます。習性と言う捕食の体制を見て行くと多くの捕食と言う黒鯛の環境を釣り師自身も学習していくことが、捕食体制の移ろいが見えてくるものです。人間社会の食の文化と同じく、黒鯛の食の習性、移ろい研究した小生、おもしろい発見と共に、主食のお米同様、カラス貝と言う主食で生態系を維持している食の移ろいは、釣り師にとって、餌の有り様そのものを語っております。主食がカラス貝であれば、小生は、オヤツ感覚、デザートとしての食わせ釣りが最も好む釣りとして日夜努力を惜しまない釣法を行なっております。其れが、団子釣法の食わせ釣りなのです。

 

 C)、釣法と竿捌き!

 

 黒鯛釣法、様々な組立、仕掛けが有るように、釣る姿勢、精神、集中力から始まって、餌を黒鯛に送り込む、または、呼び込んで食わせる等の環境に応じた釣りが出来るのも長けた技や経験から来る感性豊な心があるからだと思います。釣法の竿さばきで、黒鯛と物語を語る、由来なのか?本能なのか竿捌の冥利は、黒鯛釣りに魅力を感じた作法なのかも知れません。竿捌は、唯の竿扱いでは有りません、一竿に賭ける釣りへの生命は繊細且つ大胆に、そして、穂先の重要性、送り込み、誘い、感度、伝わり、張り、バランス、曲線美、分散、溜めと腰、等アワセに繋がる乗りを経て、黒鯛を取り込む、捌きの一振りなのです。竿捌きを会得擦るのには、竿の良さ、バランス、調子を含めて使いこなす魂が入っている物でなくっては成らないと思っています。竿は使いこなすと手首の延長、竿から穂先を通じて糸の先、餌の確認や、黒鯛が吸い込んだ、噛んだ、吐いたと、糸を伝えてお話粗てくれます。そんな、竿さばきの出来る名竿に仕立て上げるのも黒鯛釣り師の心意気なのです。竿捌き、簡単であって難しい竿の扱いです。小生、団子竿は3振りだけです。1振りは、筏用1,40M、2振りは、枷用1,30M、此の竿で、彼是7年になります。使い熟し尽くして、針先に(餌)魚信が掠った事まで伝わります、竿は黒鯛釣りの命、更に捌きは、生命です。私の使用竿は全て、仏の魂を入れてあります。檀家寺で、住職の手により供養と且つ、魂を竿に入れて所持しております。此れからも黒鯛に向かう精神斜陽の心を延ばす為に精進したいと願っております。

 

 *、食わせに繋げる餌の扱い!

 

 A),雑食性と言われている黒鯛!団子釣り師が用意しえるえさの種類は、オキアミ、モエビ、サナギ、ボケ、コーン、練り物が一般的な餌の種類です。夏場になると、カラス貝、フジツボ、イワシの胃袋、カニ類などがあります。餌の組み合わせは、冬場のオキアミ、ボケ、コーン、夏場のオキアミ、カラス貝、コーン、練りです。その他に付いては、応用的な使い方になりますが、基本的には此のくらいの餌の持ち合わせでしょう。最近良く使う手が、オキアミ+コーンとか、サナギ+コーン、ボケ+コーンのミックス付けです。全て効果抜群で実釣果の8割の確率を秘めております。其処でコーンを注目して頂きたいのですが、コーンは、黄色と言う色合いが、海中の景色の中で、黒鯛に興味を抱かせるようです、近眼で色盲と言われて折りますが、臭覚や波音で捕食する黒鯛が何故コーンに興味を示すか?と、言う事になりますが、実際には良く解からないのが現状です。水槽の実験では、理解している部分は有りますが、捕食の対象として他の餌寄り数倍の時間、コーンが残っていると言う事だけなのです。

 B),落とし込み釣法に比べると、

  団子釣法の範囲は狭く理に叶った釣りです。筏&枷、一つのポイントを造り、同様な場所で釣法を極める、自分は座って居るだけで、黒鯛を寄せて捕食させる、贅沢な釣りであり、簡単に黒鯛と言う難しい釣りの対象を釣ってしまう、簡単に釣れると、言うことが晦かも知れない、詰まる所、釣り師の学習能力が極めて乏しくなる、1枚、2枚黒鯛が釣れたからと言って、釣れた極めを悟り得る、積み重ねた釣行毎の努力、知識、攻め、を怠り、研鑽と反復を怠れば、元の釣り師!団子の世界に於いても、初心者、中級者迄は、壁は無いのです。有るとすれば驕りに過ぎない自信過剰です。団子釣法は、簡単な則、食わせ、組立が初心者でも可能です、だからみなさんが、団子釣法に嵌って試行錯誤するのですが、多少釣れる様になると、驕りと自信が湧くので、頭脳と身体と釣りが誤差を生じるものです、団子の世界程、謙虚な姿勢と思いやりが大事な釣りはないのです。誰でも釣れる釣りなんですから、前向きに釣るための研鑽、環境作りの学習、テーマを掲げて都度挑戦する積み重ねが技術向上、進歩した成長の証なのです。後は、言うが如しです。落とし込み釣法で言うならば、黒鯛の尾ヒレに餌を落として居ることです、幾ら尾ヒレに餌を落としても変化はあれど捕食は不可能、捕食アタリは、口で捕らえるものです、落とし込み釣法は団子の何十倍と言う食わせセオリー、心技体の釣りです、だから、落とし込みは足で釣れと言われる由縁なのです。

 

  

 *、針の重要性と付けの工夫!

 

 A)、落とし込みと同様、団子釣りの針も重要な要素を秘めている。餌に寄って張りを替えるとか選ぶのでは無く、食いの良い状態、悪い状態、シビやな食いに合わせて針使用を考える、また、冷凍付け餌と活餌でも選定が同調しないと、黒鯛の食いは、極めてしびやな物になります。餌が自然体を保って落ち込む、漂う、潮の動きで舞い上がったりすると、針に寄っては、回転したり、不自然な動きをするものです、不自然の餌は、黒鯛に取っては餌扱いにならないのです、飽く迄自然体の餌で無いと食いの確率はゼロに等しいのです。”黒鯛の捕食体制は、餌に素早く寄り、餌の手前で(30cm位の位置)必ず動きを留めて、餌の動きを確認しています、不自然だと反転して元の位置に戻ってしまいます。自然体だと、寄りながら吸い込みに入り咥えます、吸い込んで抵抗が無ければ咥え直して噛み(此れが前アタリ)飲み込みと同時に反転します、(此れが本アタリ)です。”即ち、如何に自然体の餌を黒鯛に食わせるかと、言う事になりますので、針の重要性として、針は、ヒネリのの無いストレート針が適合かと言うことです。例えば、オキアミを付ける場合、付け方としては、7種類の付け方が有り、環境に寄ってどの付け方が食いを示すかということです。針の種類は色々なものが有りますが、専用針、ボケ、モエビ、最近では、コーン、練りなども有りますが、ヒネリの無いものが有効な針と認識して釣法を心掛けて下さい。

 

 B),団子釣法では、底の棚と縦の棚が有ります。底の棚で、重要ポイントは、団子からの抜けの一瞬なのです、団子釣りでは、此の抜けの瞬間が解からなければ、釣りに成りません、抜け出た餌が底に落ち込む迄の間合いの演出、攻めの攻防、食わせの瞬間を捕らえる全てが、団子の抜けから始まる黒鯛釣りの団子食わせの醍醐味なのだと知ることです。団子釣法と言う、釣り方の枠の世界から眺めても、枠内だけを極めるならそれ程難しく考える事はないものです。団子を使い切るセオリーに環境を支配出来れば相通じる釣法だからです。底の釣りとして掌握した場合、黒鯛の捕食の警戒心は薄く、前打ち釣法と比べても魚信の捕らえ方は大きく出るのでアワセのタイミングも巾が広い分何方も理解出来るものです。黒鯛と言う習性、生き物の生態を知れば自ずと分かる捕食の知能、釣り人が1〜2枚を釣れば、環境を支配して釣り人のセオリーが生きた事に成る筈です、此の上を狙うのが上級者の腕で有り読みの世界に始まる黒鯛との駆け引き、詰り、語らいの成せる技に尽きるものです。従って、団子釣りで黒鯛を手にする最も近い道が、環境を支配する釣りが自分に出来て居るかと言う事なのです、団子釣りの範囲は竿の届く極狭い場所と相対して行う出会いの釣法なのかも知れません。

 C)、団子釣法とは、黒鯛を釣る環境としては理に叶った釣り方なのかも知れません。付けエサを自然に食わせる事への繋がりは、団子と言う配合の粉の選定、練り加減、比重を考えて、黒鯛の習性に近づければ良いのでは無いでしょうか?其処で、団子の使い方は、黒鯛を寄せる役割のみに考えている釣り師が多い中で、使い分ける配合や、練りを重視しての環境作りと言うテクを遣る釣り人が少ないのも事実です。何故成らジャミが釣れ過ぎで釣りに成らない、ボラの活性が高くボラばかりと良く聞きますが、団子は打てば良いものでは有りません、環境に応じて使い切ることです。黒鯛のみを釣る環境を団子で作りだすことです。黒鯛を寄せる事を考えれば、1個の団子を投入すれば、釣場範囲30Mの中に居る黒鯛は反応しています、此の反応を利用して寄せるのは釣法の技量です、同時にジャミも寄ります、ジャミと黒鯛が底に集まりエサを摘むのですが、エサ取りはジャミの方が素早いのです。黒鯛は毀れエサを拾って捕食しているだけです、此れを釣るためには、ジャミを退けて黒鯛のスペースを作らないと釣れません、スペースを作るための団子使用、簡単のようで難しいのです。私は、竿下に黒鯛しか食わない物を底に置き、ジャミを上げて環境を整えるか、叉は、ジャミを置いて黒を上に上げるかして、置きエサコマセに活エサで望むと効果があります。解りやすい事では、カラスを底に置き、活エサのボケを落とすと言う逆の発想が効力をうむのです。オキアミ使用ではジャミが散らないので環境作りには不向きです。繊細な遣り方は団子配合が基本ですが、付けエサと共に、此れは小生の?テク、遊び心の小生が黒鯛と遣り取り、手にする秘策です。あしからず!

 

 

 *、落とし込み&フカセの応用

 団子釣法を志す方には無用と存じ省略、

 

 

 

 *、魚信を伝える竿とは、分散型&ダイレクト型!

 専用竿が有りますので理屈無用の為、省略、

 

 

 

 *、底と棚の意味と確率!

 此の項目は大事な意味をなすと考えましたが、反応が有りませんから次回気の向くままに!

 

 

 

  *、アタリの捕らえ方は!糸か穂先か?

 

 

 

 *、何事も黒鯛釣りには、保険を造る?

 

 

 

 *、居付と回遊黒鯛に、入りと戻りが交じる!

 

 

  

 *、黒鯛を土産に持参したら?

 

 

 

 *、黒鯛釣りの上達は、研鑽と研究心!

 

 

 

 *、極めたい釣り師は落とし込みをせよ!

 落とし込みと言う、神秘な釣り方、誰しもが遣って見たいと想う釣りです。短竿にて、(基本寸長、7尺竿、2,10M)堤防の際(ヘチ)を落として行く釣りなので、シンプルな仕掛けと餌のみで、パワフルで繊細な黒鯛を釣るのですから衝撃を感じ取り、感動と醍醐味を経験するものです。しかしながら、落とし込み釣法は、極めて繊細且つ不安定な釣りなのです。10人中、何人此の釣りに興味を抱き辛抱強く、耐え忍べるかと言うと、恐らく8〜9人が見切りを付けるでしょう。残った1人も多分?かと思います、落とし込み釣法は、簡単には行かないのです、単純な釣りが故に奥が深く、不安定な釣りとして自分を悟り、釣法や技を個人の能力で階段を登る如く極める事が大事な落とし込みの釣りなのです。

 

 

 

 *、団子の世界、総評

 団子釣りの世界とは、黒鯛釣りとしては極めて優しい分野です、基本は、環境作りと言うものを如何に長けた思考で短時間に完成させるかと言う事ですが、時間を掛けた環境を黒鯛の捕食時間に合わせるかの一会です。摩れば、黒鯛と対面出来る唯一の瞬間を手にすることが可能な団子釣りの魅力なのです。何事も、精神正義、団子釣りの世界ほど、驕りや自信過剰は禁物です、覚えた知識、反応を固めてしまっては進歩が無いのです、無心で立ち向かう努力と勇気、謙虚が故に試練を乗り越え向上する精神が宿るのです。奢る釣り師に明日はなし!謙虚に無垢な心が明日を開くのです。私は、団子の世界を覗いて得た釣り師は、心豊かながらも、釣りとして前向きに努力している姿、謙虚な気持ち、乞う有るべき姿に魅せられて団子のおもしろさを悟った一人です。中にはいろいろな方がおられますが、私とは、道理や思想がとても理解し難いものがありますが、其れもこれも団子釣りの世界なのでしょう。誰でも黒鯛が釣れる優しい釣りなので納得して楽しむ事が私の【遊び心】の理念なのです。

 

心得として!

黒鯛釣りと言う心得!多くの方々の気持ちは、多分成る思考が御座います。黒鯛釣りが好きだから濾そ、個々の目標や極めを全うしたい意志の成り立ちです。私の黒鯛に対しての多くの言葉や伝える気持ちは、押し付けや、完全なるものではありません。本公開分を理解して頂き、釣り師各自が参考に、また自信の釣りの応用的役割を成せば良しとするものです。私は黒鯛釣りは、こうすれば釣れると言う事は一行足りとも記載はして居ません、確率が高い、低いと言う言葉で表現させて頂いております。何れにしても釣り師は、あなた”なのですから、自身の釣法の極めに向かって少しでも役立てば、私の本分もお伝え出来たと信じております。

 

希望項目が御座いましたなら優先して記載します。

何分にも、膨大な資料を纏めて簡素化するので瞬間をようします。

全て個人の研究資料から、訳して行いますので重複、誤字はお許しください。

 

 

 

 

 

 

 

*************************************

釣友紹介

 

 

黒華会メンバー  ★黒華会の詳細はこちらをご覧下さい。

 

松井名人(黒華会 相談役 釣暦47年)

   【黒鯛記録 58cm 石鯛72cm メジナ62cm】

石鯛釣りから堤防のフカセに変更して、会では逆釣り流し、吸い込みアタリの第1人者。幻の名人、五井堤防の全てを知り尽くしている松井名人、弟子も多く、黒華の釣り師の主たるメンバーの殆んどが名人の弟子に群がる頂のボスなのです。

(写真準備中)

 小生の親友、公私共に共通する考え、セオリー社会感知識を持ち合わせた釣友であり友人です。松井麺を経営しておりますが、麺仕込みに於いては日本有数の立役者です。

 

藤井名人(黒華会 運営幹事 釣暦30年) 

  【黒鯛記録57cm】

松井氏の弟子で、松井釣法の申し子。釣り理論、考え方が共通の氏とは松井氏同様、長年の釣友。黒鯛釣りにおいては自然状況、風の方向、潮の流れを読む、会随一の心技体を持ち合わせるフカセの名手。

 

 黒華会、創設者、短竿の研鑽に努力して五井沖堤釣法の竿の基礎を完成させた功労者、和竿の細身仕様2,10M(7尺竿)を1,8M〜1,6Mに創作して、現在和竿1,8Mが黒華会の使用竿として主流の長さになっています。

 近年に於いては、青イソメで黒鯛を釣る事に没頭して研鑽しています。

 

土屋名人(黒華会 堤防渡船の世話役)釣歴40年 

  【黒鯛記録56cm】

日頃より研究熱心で、状況の変化に応じた釣りを巧みにこなす名人です。落とし込み釣法において、基本に忠実なスタイルで、第一人者として頭角を現しています。磯、団子、船、堤防のフカセと、魚釣りに関係する事は多彩で貪欲、人格者です。

 

 五井沖堤、平日渡船は不定期便ですが、氏を中心にメンバーを集め釣行しております。守山釣り船店問い合わせと共に、平日釣行は氏に一報して釣行するのも宜しいかと存知ます。青灯での黒鯛釣りに関しては、会員の中では、第一人者

 

遠藤氏(黒華会 副会長 釣暦25年)

  【黒鯛記録 56cm】

団子、磯釣り共落とし込みの名手。遠ちゃんとは20年以上の付き合いになります。仕事の関係でなかなか釣行の機会が少ないですが、堤防で見かけたら親切に指導してくれますよ。独特のセオリを持ち、経験豊かなスマイルは高感度NO1です。     

 

 黒華会若手のホープ、落し込み釣法に於いては名人級の腕を持ち、人間性豊かな人物として会員に慕われている技巧者です。小生の親友です。落し込みの姿勢、形が美しい基本的なスタイルを心情として居る第一人者です。

 

佐藤氏(黒華会 釣暦20年)

  【黒鯛記録56cm】

黒華会の貴重な若手メンバー。フカセ釣り、磯、団子釣法等、多彩な釣り師。特にフカセ釣法で独自の世界を持ち、他のメンバーに釣果がないとき、平然と釣ってくる隠れた名人です。ユニークで明るい性格なので、気軽に指導相談して下さい。

 

 

竿本作(黒華会 釣暦30年)

  【黒鯛記録58cm】

五井沖提において、大物ばかり釣る長けた釣り。彼の五感のセンス、繊細な心の目、俊敏なる読みの技、卓越した心技体は黒鯛釣り師の模範です。心から信頼できる真面目な人間性と、釣りセンスには敬意を抱いております。

 

五井沖堤、オリジナル黒鯛竿製作者。独特の五井黒鯛竿を作り出し、バランス、調子など、釣り師の意向に沿った細身で実戦向きの和竿を提供しています。

釣りのセンス、五井沖堤の落し込み食わせ釣法の名人級の腕を持ち、経験から五井釣法の竿制作をします、調子、バランス、共に釣り人のセンスに合わせた和竿を制作して頂けるのでファンが支持しております。小生の師匠であり親友です。

 

 

守田 昇一(黒華会)  釣り暦15年

 【黒鯛記録55cm】

黒華会事務局運営幹事。小生の弟子であり、釣友である同氏は、メバル釣りの名人として会の人気者です。氏は、自動車販売業を営んでおり、会のメンバーはもとより、多くの車愛好家に支持されています。車検は「あつ海自動車工業」へ!

 

(有)あつ海自動車工業 : 新車・中古車販売、車検・修理全般

千葉県稲毛区長沼原666

TEL 043−250−8188 FAX 043−250−3630

 

 

他の黒華会メンバー紹介

 

黒華会の勇士は人格、釣技共、実戦を通じて黒鯛釣りの世界を共有する仲間であり、良きライバルでもあります。一戦の釣り毎に、釣技、予想、ノウハウを談義し、反省して明日の黒鯛師を目指す最前戦のメンバーなのです。

 

●荒木 義和 千葉市在住、釣り歴30年

 【黒鯛記録58cm】

氏は、空手道の達人であり、空手の先生です。黒鯛釣りも一流で釣法を極めた釣り師です。

また、氏は黒鯛を求めて全国の釣場へ長期間遠征している釣り師です。全国各地の釣場や

黒鯛の釣れる堤防や沖提等詳しく、色々な情報を提供していただけます。また、全磯連、関東支部本流会のメンバーでもあり、千葉エリアの釣り場の開発に貢献した第一人者です。

 

●金井 秀明 八千代市在j住、釣り歴20年

 【黒鯛記録56cm】

氏は、歯医者さんです。黒鯛釣りも研究心、多才なセオリを持ち合わせ、沖フカセ釣法に於いては、氏の右に出る釣り師は居ないと言われるほど、人格、釣技を極めた釣り師です。

黒華会の精鋭として活躍し、黒鯛を求めて一年中各地に釣行しています。彼は、前打ち的な沖フカセの名手で、読む、聞くの感と技は卓越した黒鯛釣師です。

 

●武江 紳一 松戸市在住、釣り歴15年

 【黒鯛記録55cm】

氏は、黒鯛釣りに間しては、貪欲で釣技も自分の形を持っている黒鯛師です。釣法は、待ち釣り的な実戦釣果のあるポイントを移動しながら読む釣りを基本として釣り歩く黒鯛師です。

此の釣法に、誘い落としと送り込みが出来れば一流の黒鯛師になる素質十分でしよう。

 彼は、黒鯛釣りを心から好きなんですね。好感の持てる釣り師と言うのは、好ましく、気持が暖かくなる釣り師が彼なのです。

 

伊東宏二 船橋市在住、釣り歴30年

 【黒鯛記録54cm】

各地の釣場を釣り歩き、本年度から千葉沖堤、黒華会に入会した若手のホープ、落し込みの基本をマスターして7月より毎週のように挑戦、教え甲斐のある釣り師に成長した事で人格と共に好感の持てる釣り師です。会員の優れた技術を素直な気持で学び、実戦して得た釣果は、上位者を凌ぐ成績を残すほどに成長した釣り師になりました。経験を積み重ねて五井沖堤の名手になる事を願い努力して下さる事を願っております。

 

 

団子釣友、富浦関係

 

柳名人   野田市在住、釣り歴30年

富浦筏、枷創設以来の釣り師、型物から小物のカイズ釣りに於いては、右に出る釣り師は居ないと言うほど、富浦の環境を熟ししている団子釣り師、特にカイズ釣りの数釣りに於いては、超ベテランの粋にたしてカイズ釣りの乱舞を毎釣行のごとく釣り上げています。富浦創設以来からの釣り師で、富浦の主とも言われております。

 

滝澤名人   荒川区在住 釣り歴30年

富浦枷に於いては、団子なしの独特の釣法で、黒鯛を釣るアングラーです、1年を通じて日曜日には、必ず釣行して居る釣り師で人間的にも心豊かな団子釣り師です。私の友人でもあり釣り理論や釣論が私と合うので好感の持てる釣り師です。創設以来富浦をこよなく愛する釣り師です。

 

尾崎名人   つくば在住 釣り歴30年

私の団子釣友の中では、何でもこなす団子釣り師です、インストラクターをしたり、組織や会を作ったり釣りに関して何でも経験して来た釣り師で、私も学ぶ事が多いい釣友です、ブラジル在住の折に港で釣りをする話の中で、バナナのエサにおいては、仰天です。今でも思い出す1コマです、団子釣法の世界を知り尽くしている黒鯛釣り師です。私の友人でもあり、団子釣りの世界では名の熟れた名手です。

 

大竹浩史氏、  幕張在住、 釣り歴25年、

私の釣法を引き継ぐ稀な存在感を持ち合わせた団子の第一人者!

公式ブログ!【四季織々】公開中!

小生の釣法を理解して頂く釣友でもあり、哲学は尊敬に値します。

富浦をこよなく愛する熱き釣り師です。

 

 

師弟関係!2005,4,吉日以降!

小糸氏   つくば市在住、 釣り歴15年

富浦枷に於いて、最近メキメキと腕を上げている若手のホープ、特にコーン、カラス貝に於いてはセンスの高い釣りと攻めにおいては、エサの誘い、落し、読みと抜群の感覚を磨いた団子釣り師です、特に型物狙いの落とし込みでも、持ち前のセンスで威力を発揮している富浦カセの若手団子釣り師です。

 

 

坂巻強氏、  深川在住、釣り歴25年

 

 

佐戸井氏  水海道在住、釣り歴20年

 

 

上田氏、  八王子在住、釣り歴10年

 

 

尾高氏、  大宮在住、釣り歴20年

 

 

鴨志田氏、  船橋在住、釣り歴10年

 

 

本多氏、  鶴瀬在住、釣り歴20年、

 

 

 

山田氏、  稲毛在住、釣り歴2年、

 気遣いの釣り師、多くの釣り師を見てきましたが、彼の気配りは一目置くものが有ります。此の気持ちや精神を釣りに集中させたら才能が開花すると信じています。教えの中で、学ぶこころと精神を養う間合い、釣法に生かされた自信が結べば、末恐ろしい団子釣り師に成長するでしょう。彼を取り巻く環境、意志の強さを見ても小生にも学ばせて頂く才は無限の可能性を秘めています。近い将来、才を発揮して対等してくる釣り師なのです。

 

 

高野氏、  銚子在住、釣り歴初年度、

 出会いも、教えも学ぶ心が純粋な彼は、小生のHPを学習して、疑問や質問をしてきた唯一の弟子で、彼と、高橋君は、小生の釣り人生に於ける最後の弟子です。まだ、キャリア2年足らずですが、学習能力、釣法技量は、天性の見込みを示す才を持ちあわせて居る釣り師ですので、ゆっくり育てば、団子釣り師の域に達すると見抜いて学習させて居る弟子なのです。

 

 

高橋氏、  木更津在住、釣り歴初年度、

 彼は、苦労人です。人生の基盤を働いて、家族を養う為に労を惜しまず努力しています。釣り経歴は浅いのですが、素直で真面目な正確、釣りに対する姿勢も、前向きで明るい好青年です。私の最後なる弟子として、大いなる躍進を期待するひとりです。

 

 

 

行きつけのお店

市原フィッシングセンター

東京方面より、R14を市原方面に行くと、村田橋を越えた信号の左角にあるお店です。24時間営業で、釣具一般から、活エサ、冷凍、粉各種まで、堤防釣り、磯釣り、団子釣り、各種釣りの分野に対応出来ることで、常連の多い人気店です。黒華会指定エサ店でもあり、店主の気さくな人柄が釣りファンに親しまれています。本人も黒華会の会員でもありますから、

何かと便宜を図っていただけます。

 

TEL:0436−41−6300 (24H営業)

住所:千葉県市原市八幡北町2-3-1

 

 

 上州屋 市原店

釣具の上州屋です。短竿、堤防釣りの道具、その他もろもろ店員さんが親切にアドバイスして下さいます。昔から馴染みの店長、次店長は、釣り場情報にも詳しく、実技におけるノウハウにも信頼がおけますので、気軽にご相談されてはいかがでしょうか。

 

 

上州屋(市原店)        

TEL:0436−43−2275(代)

住所:千葉県市原市八幡海岸通り1967-11

★詳しくは上州屋ホームページをご覧下さい。

 

 

(有)餌島商店

東京近郊の釣人には、千葉の釣りに便利な餌屋さんです。特に黒鯛のヘチ釣り師の方には(ストロー季節物)から、タンク、エビ類、カニ類など、一年中あります。黒鯛釣り師待望の餌屋さんです。

(有)餌島商店

東京都江戸川区大杉3−18−11 

(京葉道路「一之江橋」際、駐車場完備)

営業時間 : 月〜木 8:00〜19:00

          金曜日 8:00〜20:00

         土曜日 7:00〜20:00

         日・祝 6:00〜17:00

 

 

全磯連関連

本流会  千葉県千葉市中央区寒川町3−67−2

代表   石井昭臣

TEL  043−264−8796

会員数   13名 

本流会は、全磯連関東支部所属です。事業計画推進は本部に移行。会員は、頭脳の持ち主が多く、一人一人が分野を担当、長年に亘り生態、生息、回遊、水温、捕食、道具から竿まで研究して黒鯛釣りに貢献しているメンバーなのです。

 

全磯連関東支部   

支部長  秋葉俊吾(築地磯釣魚恋会)

 51団体所属、全磯連最大の支部 、秋葉支部長の人間性豊かな教養には、全会員から尊敬され、多くの団体活動の運営に邁進活動している関東支部支部長秋葉氏です。

 

全磯連本部   千代田区神田和泉町1−4−8

会長  松平基嗣

TEL 03−5687−1641

FAX 03−5687−1091

E-mail :honbu@zenisoren.gr.jp

URL:http://www.zenisoren.gr.jp

全磯連は、全国、14支部から組織された日本最大の団体です。年事業計画、海上保安、講習会、青少年釣り指導、大会等多くの大会主催があり、企業、団体、財界に支持されている全日本釣り連盟です。

 

 

団子釣法、釣り場、渡船業者、渡船店、紹介(順不順)

富浦港 漁業協同組合 富浦町多々良内 →アクセス方法

TEL0470−33−2511

   0470−33−4360 

   090−8748−9246携帯受付 石井、 

イカダ5基 人員40名 ¥4000円

 1番筏〜5番筏迄 予約貸し切り1基8名¥34000円

カセ 5船 人員19名 ¥5000円

 トイレ船外機のみ、(土日)予約貸し切り、6名¥30000円

(土日のトイレ船については、予約無しの時はフリー、責任者石井氏による)

 

長井港 長井かかり釣りセンター   

TEL  0468−57−1880

イカダ 10基 人員60名

渡船料  5500円

付けエサ、コマセ粉、店内に備えてあります、詳しくは現地に問い合わせ!

TEL、予約制、HPあり

 

清水港 山本釣り船店  

TEL  0543−52−3217 

カセ専用船15船 人員40名

一人7000円〜  HPあり

 (渡船料、引き船料、コマセ、駐車場、保険、弁当、その他+α)

小生は、山本釣り船店にお世話になっております。

清水港には、他に枷のかかり釣り業者は、2店あります。【原金、富士屋】

以上が関東近郊の団子釣場です。この他沼津周辺にも何箇所か団子釣法の釣り場が有りますが、ボートを借りて自分で行くポイントです。沼津周辺には、多くのポイントや生け簀があり業者も多く交渉次第では、自身のポイントが作れます。