[設立の経緯]

山口県には誠英(旧三田尻女子)高等学校が常に全国トップクラスの成績を収めて、先野久美子選手・宝来眞紀子選手・栗原恵選手・井野亜希子選手などが全日本やVリーグで活躍するなど「バレー県山口」を全国に発信できる基盤があります。しかし、現実には優秀な選手が県外に流出し、成人チームは国体予選突破も厳しい状況にあります。
 そこで、平成18年4月に山口県バレーボール協会のサポートを受けて、県内出身有力選手の受け皿となり、またバレーボールの普及・発展の核となる成年女子6人制クラブチーム「きらら山口クラブ」の設立となりました。


[めざすチーム像]

「山口県民チーム」…多くの山口県民に愛され応援していただけるチームをめざします

「2011山口国体優勝」などを通して、「元気県山口」を全国に発信します

「支援チーム」…県内のスポーツ水準向上に積極的に協力いたします


出張バレーボール教室
 バレーボール教室や公開練習、公開練習試合など、県内の各団体との連携を図ります。
 申込など詳細については、チーム連絡先まで
                  
(0835−38−5252 誠英高校 河村 充)

讀賣新聞西部本社
平成18年6月13日朝刊記事より