岡 山 県 極 真 空 手 道 連 盟  2005.7.1〜
◎県内の極真空手の稽古に励んでいる諸団体を応援しています。 <代表・事務局>西田憲治 
倉敷市児島味野5丁目1−17
TEL 086−474−3061
加盟団体募集中!

西田道場

岡山県極真空手道連盟 規約

■ 役 員 ■


代表・事務局≫西田憲治(西田道場)
≪副代表≫    河野義信(河野道場)、越智康仁(西田道場)  
≪代表補佐≫  西田直実(西田道場)

 会 長 ≫  逢沢一郎(衆議院議員)

≪ 相談役 ≫  中見利男(作家・ジャーナリスト)

≪ 顧 問 ≫  中見利男(作家・ジャーナリスト)

≪ 顧 問 ≫  平沼赳夫(衆議院議員)
≪ 顧 問 ≫  古市健三(前倉敷市長)
≪ 顧 問 ≫  熊代昭彦(岡山市議会議員)
≪ 顧 問 ≫  高谷茂男(岡山市長)

≪ 顧 問 ≫  橋本岳(衆議院議員)

≪ 顧 問 ≫  小西英治(小西クリニック医師)               

           ※順不同

事務スタッフ≫ 西田裕二、西田直実、島内正洋、他

空手技術向上委員長≫ 西田憲治
≪空手技術向上委員≫ (選手強化担当) 越智康仁
                (空手全般担当)畠山謙太郎
                (型担当)西田直実 
                (健康技術担当)河野義信 

■ 目 的 ■
岡山県下で極真空手の研鑽に日々励んでいる諸団体の交流を促進し、空手道を通じた社会貢献に取り組むこととする。
地域密着型の活動を通じて極真空手としての市民権を確立すること。
■ 活 動 ■
一、極真空手の普及促進
一、交流試合の開催
一、交流演武会の開催
一、懇親会の開催
一、震災などの被災者支援と治安維持の促進を目的とするブルークロス活動
一、地域の空き缶拾いなどの身近なボランティア活動
一、諸外国の岡山県訪日団体に対する演武披露などの親善交流
一、アジアをはじめとする諸外国との空手道を通じた親善と友好関係の構築
一、その他
■設立理念■
「自分さえ良ければよい」「物質文明の弊害ともいえる経済至上主義」の現代の風潮の中で、月並みな言葉でありますが、武道を通し青少年の健全育成と徳育による人材育成を行いたいと思います。社会に貢献できる人材、社会に貢献したいと思う心、弱者に手を差し伸べる心を育て「正しく、強く、優しい、人間空手」の普及を目指します。
※以上の趣旨に賛同・共感していただける団体・個人を募集致します。
■加入、または交流するには?■
交流するにあたり下記の3つの規約を守ること

一 岡山県極真空手道連盟の目的・活動・理念をご理解いただくこと
一 互いに尊重し合い、和の心を重んじること
一 所属団体会員の引き抜き、また団体の利益、信用を損なうような言動をしないこと

以上をご理解の上で
事務局まで電話連絡をして下さい。

○連盟加入に際し、加盟金、登録費、会員年会費とう諸費用は一切ありません。

○加盟はできないが、「友好団体」「賛助団体」になってくれる団体も募集しています。

※交流には下記の3パターンを設けています。
■加盟団体・・・上記の活動をともに主催していく団体
■友好団体・・・互いの団体の主催する大会・行事への交流が可能な団体
■賛助団体・・・大会・行事への参加はできないが、合同稽古会、懇親会、ブルークロス活動、ボランティア活動等が一緒にでき、互いの団体を応援しあえる団体

他の団体・個人と広く交流を持ちたいと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。

2006年5月より連盟代表は西田憲治になりました。