総合型地域スポーツクラブ 大町スポーツクラブ クライミング
本文へジャンプ
活動記録
    
 平成29年10月14日 行事と重なり少人数でしたが人工壁を登りました。前半は今年初めて施設の屋上にも登り記念撮影。なかなか登れる機会がなかったのですが、人工壁最終日に登頂できて良かったですね。お手伝いいただいた大人の皆さんありがとうございました!


 平成29年9月30日 最高の天気のなか人工壁にてクライミング。今日は学校行事とも重なり、いつもより少なめの18名で登りました。久しぶりのジャンケントラバースも大熱戦の末、Yさんチームが勝利。
 平成29年9月9日 秋晴れの下、久しぶりに人工壁でのクライミング。22名で3ルートに分かれて登りました。
 平成29年8月26日 山岳総合センターにてボルダリングを行いました。
 平成29年8月5日 山岳総合センターにてボルダリングを行いました。
平成29年7月22日 22名でセンターにてボルダリング。あいうえお課題でUPした後は、スピード練習とオリジナル課題に取り組みました。今日やった課題、夏休み中も個人で是非練習してみましょう。
平成29年7月1日 なんという経日の早さ、もう7月を迎えました。人工壁が研修会で利用不可のため本日はセンターにてボルダリング。ちょうど強雨だったのでむしろ室内でラッキーでした。ピンク課題でアップの後はオリジナル課題に取り組みました。130度のオーバーハングに手こずる人も多かったですが、練習を繰り返すことでハングならではの登り方のコツを掴めます。今年のメンバーも熱心に練習する人が多いので、粘り強く取り組めば、きっとオーバーハングも気持ち良く登れるようになりますよ。
平成29年6月17日 人工壁にてクライミング。快晴の空のもと、気持ちよくそれぞれの目標に挑戦しました
平成29年6月10日 人工壁にてクライミング。小雨で寒さもありましたが、元気よく登りました。体を温めるため時々ジャントラ大会でも盛り上がりました。
平成29年5月27日 山岳総合センターにて臨時練習会を開催。少人数でレクリエーションを含め、ボルダリングを行いました。今日は学校によっては祖父母参観日とも重なってしまいすみませんでした。 
 平成29年5月20日 人工壁にてクライミング。新たなメンバーも加えて楽しく壁に挑戦しました。
 平成29年4月29日 20名にて運動公園人工壁。桜がきれいに咲き誇り、今年もまたこの時季がやってきたなーと感慨に耽りました。2009年に始まったクライミング種目も今年で9年目。練習時間のやりくりなど、不安を抱えながらの運営でしたが、やってみれば何とかなるもの。これからも長期目標も見据えつつ、地域にクライミングの楽しさを広めていきたいと思います。それにしても、指導員、協力者をはじめとする様々な方に支えてもらっての8年間。クラブ員・保護者を含め、クラブを通じて出会った全ての皆さんに改めて感謝です。
さて、今日は内壁でのトップロープとリード、各自のレベルに応じたルートを登りました。ホールド替えされて新しくなった壁で自分の目標を見つけ、チャレンジを続けましょう。
平成29年4月8日 新年度最初の練習会は運動公園人工壁。曇り空でも暖かく、小鳥のさえずりがあちこちで響く気持ち良い運動公園、いい季節がやってきました。今回は久しぶりに施設の外壁を登りました。体験者を加えて15名ほどの少人数でしたが、久しぶりの高度感をみんな楽しんでいたようです。冬の間のボルダリング効果もあってか、昨年と比べてみんな動きがとても良くなっているように見えました。次回の内壁が楽しみですね。 
 平成29年3月14日今年度ラストの練習会。壁も更新され新たな百手に挑戦しました。この冬はボルダリングの練習に熱心に取り組んだ人が多くいました。4月からの人工壁が楽しみです。冬の成果を実感しましょう。
 平成29年2月25日 センターにてボルダリング。苦しめられた17手目もこれで最後。名残りおしいですね。
平成29年2月11日 センターにてボルダリング。小学生大会のAクラス予選、決勝課題を皆で取り組みました。大会課題全てのファイルを机上に置いてあるので、個人練習でも使ってみてください。センターの壁は3月上旬に更新されてしまいます。これらの課題ができるのもあとわずか。 
平成29年1月29日第三回小学生ボルダリング大会大町カップ
  ・大会要項
  
AB共に大熱戦でした。全力プレーの選手の皆さんお疲れさまでした。
  今回主催者は写真を取り損ねてしまいましたが、活動映像に動画があります。ご覧ください。
  1月30日長野朝日放送(ABN)夕方6時15分のニュースでは大会の様子が放送されました。
  また、信濃毎日新聞大糸タイムスには大会の記事が掲載されました。
  これからも仲間を増やして練習に励み、さらなる高みを目指してがんばってください。
平成29年1月14日 新年あけましておめでとうございます!今年も賑やかに楽しく練習できること1年でありますように。今日はセンターで100手の後半51〜100を10手毎に分けて取り組みました。みんなボルダリングも着実に上達していました。さて28日は大会の前日準備のためお休みです。大会参加者は29日も十分楽しみましょう。 
平成28年12月24日 山岳総合センターにてボルダリング。クリスマス寒波もはねのけてオリジナル課題にみんな熱中して取り組みました。
平成28年12月10日 大町もすっかり寒くなり室内が快適なシーズンになりました。今日もセンターでボルダリング。50手分解課題、ヒール課題、本日のオリジナル5課題と、2時間みんな熱心に練習しました。いやぁ本当に今年はクラブ発足以来最も練習熱心な人が多い年の気がします。「スポーツしてるぞ」という雰囲気があふれていて指導し甲斐があります。さて、今日のMVPは50手分解5課題を完遂した、Nカエデさんです。次は1〜50までの通しにチャレンジしてください。
さて、今日帰宅途中、人工壁を見るために運動公園に寄りました。人工壁のホールドが十年以上ぶり(?)に新しく更新され、ルートもすべて新設されていました。なかなかカラフルで楽しめそうな課題でした。来年の春が楽しみです(冬でも小春日和の日に登ってみたいなと考えています)。人工壁情報は山岳総合センターのHP内ブログにも掲載されています。
 
平成28年11月26日 山岳総合センターにてボルダリング。 前半は百手課題を10の単位で分けて取り組みました。17〜19に誰もが苦戦しましたが、練習会後も粘って取り組んでいたS君は確実に登れるようになりましたよ。諦めずにトライし続けることが大事ですね。後半はオリジナル課題とダイノ課題、今日のMVPはダイノ課題に果敢にジャンプし、あともう少しで届きそうだったカエデさんです。百手にしてもダイノにしても、個人でも練習してみてください。ボルダリングが上手になると、人工壁の登りも上達します。
平成28年11月12日 山岳総合センターにてボルダリング。オリジナル課題と茶色×課題などに取り組みました。久しぶりのボルダリングですが、みんなどんどん上達しています。今日のMVPはプッシュ課題を見事に1撃したイツキ君ですね。 
平成28年10月15日 秋晴れの下、今シーズン最後の人工壁を登りました。季節的にはまだ外でもできるのですが、今後の人工壁は11月中旬までセンター講座が毎週入っており一般に開放されていません。クライミングの研修会は人気が高く毎年増えているようです。下半期からのクラブ活動は山岳総合センターでのボルダリングになります。さて、今日は今年一番の快晴、人工壁最終日ということもあり、なんとクラブ8年目にして初めて人工壁建物の屋上に参加者全員で登りました。保護者の協力もえて、急な階段、はしごを登り切り、全員無事に登頂しました。学校行事などで本日来れなかった人たちも結構いたのですが(残念ごめんなさい)、今日来て登れたひとたちはラッキーでしたね。子供はめったに行けない屋上には特別な景色が広がっていました。

平成28年10月1日 予報では小雨でしたが、運よく雨は全く降らず、気持ち良いコンディションで練習できました。今回は初めて「スピードクライミング」にも挑戦しました。その場での思い付きだったのですが、これが予想以上に盛り上がり、「もう一度やりたい!もう一回!」の連呼になりました。残念ながら時間切れとなり今回は各自1回しかできませんでしたが、次回も再チャレンジし、自己記録を更新しましょう。。速く登る技術もクライミング自体のいい練習になります。
さて、東京オリンピックではスピードクライミングも正式競技です。ワールドカップなどの競技を観ると、人間離れした跳躍力で壁を駆け抜ける選手の素早さには度肝を抜かれます。興味のある人はYOUTUBEなどで見てみてください。
平成28年9月22日 山岳総合センターにてボルダリング。ファイル課題に取り組みました。それぞれの未完登課題を次回の目標にして練習を重ねましょう。
平成28年9月9日 人工壁にてクライミングを行いました。初秋の風が涼しく、クライミングに最適なシーズンの到来です。今回は高校生8名のビレイ協力も含め大勢での練習になりました。活動の様子をビデオで撮り、活動映像のページにUPしました。
 平成28年8月27日 人工壁にてトップロープクライミングを行いました。
 平成28年8月15日 人工壁の3ルートをそれぞれの目標に合わせて挑戦。休憩ではジュースのサービスがありました(クライミングがオリンピック種目になったお祝い)。お盆ということもあり、周囲の施設には人気がなくとても静かな運動公園でした。
平成28年7月16日 山岳総合センターにてボルダリング。100手の18手目に苦戦する人が続出。
平成28年7月2日 運動公園人工壁にて定期練習会。 
平成28年6月25日 山岳総合センターボルダリング壁にて定期練習会。
平成28年6月11日 人工壁にてクライミング。多くの人が右端アリアリは完登できるようになってきています。
中級者の目標は真中ルート:赤×10bですね。今年のメンバー内ではこれが登れる人はまだ3〜4名ほどでしょうか。
平成28年5月21日 人工壁にて22名が練習しました。
 平成28年5月7日 人工壁にてクライミング。GW中のせいか参加人数は14名と少なめでしたが、その分それぞれが沢山の回数をトライしました。久しぶりに行ったじゃんけんトラバースも白熱した戦いの末、1対1の同点でしたね。さて次回もここでTRクライミング。自己の目標課題を決めてがんばりましょう。
 平成28年4月23日 新たな会員も迎え23名で人工壁を登りました。今日撮った写真はトップページに飾りました。新会員の皆さんは、底の薄い靴(ウォーターシューズ等)を用意しましょう。かなり登りやすくなりますよ!
 平成28年4月9日 Tシャツで丁度良いほどの暖かな日、新年度は人工壁でスタートしました。見学体験者も含め22名が集いました。3箇所にロープを張り、レベルに合わせたルートに取り付き、クライミングの感触を取り戻しました。昨年に続き今年も熱心に登るメンバーが揃った様子。今後のいい雰囲気を予感しました。
 平成28年3月12日 今年度最後の定期練習会でボルダリング。ホールドが数日前に全て付け替えられ、課題も更新されていました。そして全員で新70手に挑戦。新たな課題は一層面白くなっていました。この半年間多くの会員がボルダリングに励み技術を向上させました。次回、春の運動公園人工壁でムーブの上達を実感することでしょう。お楽しみに。
 平成28年2月27日 センターにてボルダリング。100手課題と大会Bクラスの課題に挑戦しました。
 平成28年2月13日 センターにてボルダリング。大会Aクラスの課題に取り組みました。
平成28年1月31日 第二回小学生ボルダリング大会大町杯開催。昨年の成功を踏まえて今年は広く宣伝しました。Aクラス(3、4年生)は受付開始後2週間で20名定員に達成、Bクラス(5、6年)は12名の参加。合計32名のうち大町スポーツクラブ員は10名で、他22名は県内各地、新潟、富山からの参加もありました。当クラブ員にもう少し参加して貰えればもっと良かったですが、参加した人たちは普段は会えない他地域のクライミングキッズ達とも交流でき、良い刺激になったことでしょう。色々な大会に参加すれば、大会ならではの緊張感、喜び、悔しさを味わえます。それもスポーツの面白さです。クライミングを通じて自分と向き合い、目標を持って技を磨ければいいですね。さて、この大町杯、どんなグレードの小学生も気軽に参加でき楽しめるローカルコンペとして、今後も発展させていきたいなぁと思っています。
大会の集合写真、新聞記事はこちらをご覧ください。
 平成28年1月30日 センターにてボルダリング。 前半は五十手の二十番〜三十番を。後半はオリジナル課題。明日もあるので軽く済まそうかと考えていましたが、みんな力を振り絞って打ち込んでいましたねぇ。
 平成28年1月9日 明けましておめでとうございます。 新年の登り初め。大会も近いせいか、いつも以上に練習に熱がありました。「この6年間(クラブ発足以来)で一番充実した練習会だ・・・」とつぶやいたコーチの言葉は本当です。この先が楽しみです。今年も宜しくお願いします。
 平成27年12月19日 センターにてボルダリング。百手の記録をとりました。最高記録は80手。
 平成27年12月12日 センターにてボルダリング。22名参加。
 平成27年11月28日 センターにて23名でボルダリング。今日も五十手とオリジナル課題に挑戦。五十手は初完登者が出ました。
 平成27年11月14日 センターにて。今日は五十手にチャレンジ。記録を記憶し自己記録更新につなげましょう。この冬の君の目標はどこまで?
 平成27年10月24日 山岳総合センターにてボルダリング。人工壁が研修会で使用不可のため、今日はセンターで活動しました。百手課題を一人ひとりが2回行いましたが、どこまで到達しましたか。ファイルに各自の到達点を記録したと思うので、個人記録更新目指して、自主練も積極的に行いましょう。
 平成27年10月10日 運動公園人工壁にて。ハイステップを意識しながらのクライミング。今年始めた低学年生でも、この頃は右ルートを完登する人が多くなりました。みんなの上達を実感します。これは、クラブ発足当時はなかったこと。定期練習の回数は今もかつても同じく月2ですが、練習への集中力が増したようです。 
 平成27年9月26日 山岳総合センターにてボルダリング。ファイルを使って既成のテープ課題、本日のチャレンジ課題等を行いました。オリジナル課題は意識して「遠い系」を多くしました。飛びつきムーブにどんどんチャレンジして、運動神経系を鍛えましょう。
 平成27年9月12日 運動公園人工壁にて。23名の参加で、壁を全面使って賑やかに登りました。カメラを忘れてしまったのが残念・・・10月10日こそはみんなで写真を撮りますよ!
 平成27年8月29日 山岳総合センターにてボルダリング。ファイルを使って登れた課題に記名をしました。
 平成27年8月8日 運動公園人工壁にて
 平成27年7月11日 運動公園人工壁にて
 平成27年6月27日 運動公園人工壁にて。20名以上での練習。高校生にもお手伝いしてもらいながら、3ルート全てにロープを垂らし、様々な課題にチャレンジしました。それにしても、今日見学に来て初めて登った3年生の子が、右ルートを完登してしまったのには驚きました。
 平成27年6月13日 センターにてボルダリング。即席で作ったルートをみんなで登り、互いのトライを見ながらムーブの基本を学びました。
平成27年5月23日 人工壁にて定期練習。個人記録用紙に各自の最高到達点を記録しはじめました。これからも、自分最高記録の更新をめざしてがんばりましょう。 
 平成27年5月9日 運動公園人工壁に20名のメンバーが集いました。今年のメンバーは練習熱心な子が多そう。他の子が登っているときも、応援したり登り方を観察している人がちゃんといます。クライミングは上達するほどに面白くなって嵌るスポーツ。仲間内で切磋琢磨して高みを目指そう。
 平成27年4月29日 山岳総合センターにてボルダリング。新しい仲間も加え総勢21名で賑やかに壁を登りました。
 平成27年4月11日 今年初の人工壁。ちょっと肌寒かったですが、大勢の会員が久しぶりのウォールクライミングを楽しみました。クラブが発足して今年度は7年目に入ります。会員数も徐々に増え、練習会も賑やかになりました。コーチの都合で今のところ定期的には月に2回しか練習日が取れずに申し訳ないのですが、ほぼ毎回参加し熱心に取り組む人や、個人でもセンターに通って練習する人が増えてきたのは嬉しい限りです。仲間と楽しみながら、クライミング自体も好きになる人が更に増えるよう、今年も張り切って出発です。
 平成27年2月28日 3月14日 今年度最後のボルダリング。12日にはセンターの壁が年に一度のリニューアル。練習会では新たな課題を作りながら練習しました。今年はクラブ初のボルダリング大会開催が成功しました。毎年一つずつ何か新しいことに取り組んでいます。来年は何をしたいか、皆さんからもアイデアを出してください。ちなみにボルダリング大町カップは来年度さらに規模を拡大して開催したいと思っています。
来年はみんなでお泊り合宿なんていう新企画も・・・できるといいね。
 平成27年2月14日 センターにてボルダリング。大会ルートを再登しました。大会本番では登れなかった課題も、今日は結構サクサク登れてしまうのが不思議ですね。
 平成27年1月18日 第一回小学生ボルダリング大会大町カップ。大人会員、保護者、中高生メンバーがスタッフとなって運営をしました。初めての競技運営でしたが、とてもスムーズに進み、私達もコンペの運営に自信がつきました。しかし何と言っても本日の主役は素晴らしい登りを見せてくれた選手達。みんな全力を出し切り、大勢の観客の声援も盛んにとび、熱気を帯びた素晴らしいコンペになりました。選手からはコンペならではの体が震えるような緊張感と登りに対する真剣さが伝わってきました。参加した選手全員の立派な挑戦に拍手です。おつかれまさまでした。また来年のコンペを一つの目標に力を磨きましょう。
今回使った課題はクラブのファイルに入れました。個人練習の時にも使ってみてください。

平成27年1月17日 新年です。今年も宜しくお願いします。山岳総合センターでのボルダリング、翌日の大会前ということで、いつも以上に練習に熱が入りました。
 平成26年11月3日、12月13日、12月20日 山岳総合センターにてボルダリング。
 平成26年10月25日、11月22日 人工壁にてクライミング。
 平成26年9月27日、10月11日 人工壁にてクライミング。
 平成26年9月13日 晴天の下、大勢で人工壁クライミング。
 平成26年8月30日 20名の参加者で人工壁にてクライミング。
 平成26年8月9日 人工壁にてクライミング。いつもより参加者が少なめで、たくさんのルートを登りました。明確になったそれぞれの課題ルートを覚えておき、今後の目標にしましょう。
 平成26年7月21日 人工壁にてクライミング
 平成26年7月6日 山岳総合センターにてボルダリングを行いました。ファイルも作り直したので、完登者の記入も、一から新たに始まりました。テープ課題はいくつ記名できましたか。百手の自己記録はいくつでしたか。もし、個人でもここに来れる人は、更新記録を随時ファイルに記入していきましょう。
平成26年6月21日 新たなメンバーを加え賑やかに人工壁を登りました。 
平成26年6月14日(土) 人工壁にて。学校行事と重なったため、いつもより少ない人数でした。一人ひとりがいつもより多く登りこめ、みんなクタクタ?になりました。
平成26年5月25日(日)人工壁にて定期練習会。見学参加も含め20名が集いました。今年も新しいメンバーを加え、大人も子供もクライミングを通じて運動能力を高めましょう!
 平成26年5月10日(土) 人工壁でクライミング。3ルートに分かれレベル別に。外壁は両側とも他グループで一杯でしたが、クライミング壁はウチで占有できたため、十分な量の練習ができました。
 平成26年4月19日(土)人工壁にて定期練習会。見学者や新入会員も迎え、春らしい雰囲気に満ちたクライミングでした。人工壁ルートの自己最高到達点を目標にして、ベテランも初心者もがんばりましょう。。
 平成26年4月12日(土)新年度第1回目、人工壁にて定期練習会。まだ若干肌寒い屋外ですが、20名近くの会員で久しぶりに人工壁を登りまくりました。やはり屋外クライミングだと活気がありますね。
 平成26年3月22日(土)今年度最後の練習会。センターでのボルダリングで締めくくりました。
 平成26年3月8日(土)山岳総合センターにてボルダリング。AとBの壁でオリジナル3色課題。B緑テープ課題は、上級向け、残してあります。
 平成26年2月22日(土)山岳総合センターにてボルダリング
 平成26年1月11日(土)山岳総合センターにてボルダリング。
 平成25年12月14日(土)山岳総合センターにてボルダリング。
 平成25年11月23日(土)山岳総合センターにてボルダリング。
 平成25年11月16日(土)山岳総合センターにてボルダリング。参加者23名。コンペ形式でオリジナル課題にも取り組みました。
 平成25年10月26日(土)山岳総合センターにてボルダリング
 平成25年10月14日(月)体育の日特別企画、午前中の鷹狩山ハイキング&午後のボルダリング。朝9時、23名の会員&友人が集い、山岳博物館の南側の登山道を約2時間かけて山頂へ向かいました。途上、上り道でも、子どもたちの会話と笑い声は途切れることなく、素晴らしい展望の山頂で昼食を摂り、グループ対抗のレクリエーションも盛り上がりました。下山を始めると駆け下り競争が始まって(でも山で走るのは止めてね)、大町の野生児フルパワー。クラブ4年目にしての初企画でしたが、天気に恵まれとても楽しい一日でした。親御さんの参加も結構あったので、いい交流になりました。今後もたまにはこういったイベントも企画したいと思います。
 平成25年9月28日(土) 人工壁にてクライミング
 平成25年9月14日(土) 人工壁にてクライミング
 平成25年8月24日(土) 山岳総合センターにてボルダリング練習会
 平成25年8月3日(土) 12名参加で人工壁。夏休み中で色々な行事とも重なり少な目の参加者でしたが、その分各人がたくさん登りこめました。Hiyoさんは真ん中ルートを初完登、おめでとうございます。イッちゃんHikaさんは右ルートで自己記録更新です。9月の大会に向けて熱気溢れる練習ができました。次回練習は24日(土)の予定でしたが、ボルダリングの大会(会員4名参加)が重なってしまったため、急遽19日(月)に変更しました。急で申し訳ありませんがよろしくお願いします。
 平成25年7月6日(土)20名で人工壁を登りました。Aさんは右ルートの自己初完登でした。感想をきくと「気持ちいい!」とのこと。自分の力で登りきった高い壁は独特な気持ちよさがあります。そういえば先日、エキスパートのS君も念願のルートを初完登して下りてきた時に「何だこの達成感は・・・」と嬉しそうにつぶやいていました。喜びの源泉は文字通り「壁を乗り越えた時」にあるんですね。
 平成25年6月29日(土)運動公園人工壁。右ルートと難関の左ルートにロープを張りました。クライミングは自分の記録を越えることに楽しさの根源があります。「前回の自分」が越えられたかどうか知るためには、到達記録をどこかにメモしておくと役立ちますよ。
今月は3週連続で練習会があります。来週7月6日(土)も自己記録更新を目標にがんばろう。
 平成25年6月22日(土)山岳総合センターにて。25名参加。@既存ルートA百手B特別4課題
 平成25年6月16日(日)長野県国体予選県大会。クライミング県大会が小谷村ちゃんめろ体育館で行われました。大人の大会ですが、年齢制限はないので、クラブからも4名が参戦。種目はリードとボルダリング、大人に混じってのファイト溢れるキッズの挑戦に会場からは大声援が送られました。何事も経験が大事。チャレンジ精神が当クラブのモットーです。
 平成25年6月8日(土)16名プラス見学者4名で人工壁を登りました。クライミングの認知度があがっているようで、今年は新会員が一気に増えました。そして現在会員数は24名。今日の見学者も入会しそうなので、もうじき30名に達します。施設や指導者の関係から定員は30名とさせてもらっています。もし定員を超えた場合は申し訳ないですが来年度再受付とさせてください。
 さて今日のMVPは右壁ダイレクトルートを自己初完登したhiyoさんです。小さい体をひねって繰り出す伸びのある腕が印象的でした。センターでのボルダリングの個人練習が成果を生んだようです。みんなも時間のあるときはセンターでクラブ専用ファイルを使って、ボルダリングしてみてください。
 平成25年5月26日(日) 土曜日はDisney Parade があったため、日曜日に変更して行いました。人工壁では今年初めて左壁にもロープを垂らし、中級者はかぶった壁へ果敢にチャレンジしました。今回各自、自分の登れた高さを覚えておきましょう。また、今回の練習から、個人の記録や練習メニューをノートにも記録しておくようにしました。練習終了時に最高記録と今後の目標をコーチに伝えましょう。さらに、ノートで毎回出欠も確認します。皆勤賞(出席率9割以上)めざしてがんばりましょう。
 平成25年5月19日(土) 五月晴れの下、18名の参加で登りました。ウォームアップのトラバース課題は、@ありあり、A赤・桃・黄の手限定、Bインナー・黄の手限定、Cインナー、パターンの手限定、Dインナー・パターンの手足限定、にレベル分けしました。みんな自分の目標を立てて熱心にチャレンジしました。
 平成25年4月28日(日) 第二回目人工壁にて。体験者を含め22名の大勢で練習を行いました。今年は新人さんも熱心な人が多く、ルートには絶え間なく挑戦者が取り付きました。何か例年とは違った雰囲気を感じます。月に2回だけの練習では物足りない人もいそうです。コーチの都合が付く時は、平日を含め随時練習会を設けます。新会員でまだメルアドをコーチに伝えてない方はonutak@hotmail.com までお知らせ下さい。
 平成25年4月13日(土) 今年度初の練習を人工壁で行いました。継続会員とともに、多くの見学者も体験参加しました。新たな会員も加え、今年の活動もがんばりましょう。

 平成25年3月9日(土)季節はずれの温かさから急遽人工壁に場所を変更しました。やっぱり外は気持ちがいいですね。室内より室外、人工より自然岩にクライミングの醍醐味はあるのかもしれません。今年度の定期練習はこれでおしまい。お疲れ様でした。「わんぱくでもいい逞しく育て、○○ハム」なんてCMが昔ありましたが、それが僕の大町っ子のイメージです。新年度も更に明るく楽しく逞しく、壁にチャレンジしましょう。
 平成25年2月23日(土)雪が降りしきる外界を眺めつつ、山岳総合センターにて室内の快適なボルダリング。少人数だったこともあり今日の指導はチャーさんにほとんど任せました。指導ばかりかやるべきこともどんどん指示を出し、「子供達による子供達のためのボルダリング」といった趣。たまにはこんな手法も新鮮で面白いですね。
 平成25年2月9日(土)12名がセンターでボルダリングをしました。100手からファイル課題、後半は8課題でコンペを行いました。ここの壁も3月13日にクリーニングされ、ホールドの位置も全て更新されます。あと1ヶ月、登りきれていないファイル課題をできるだけ埋めましょう。
 平成25年1月26日(土) エッジ&ソファへ。12時から15時半まで、12月に取り組んだ課題の続きを行いました。前回は登れなかった課題が登れると歓声があがりました。6年生は5〜6級、3年生は6〜7級の課題が目標になっています。
 平成25年1月12日(土)山岳総合センターにて新年の初練習でした。ボルダリングの課題を皆でつくり合いました。ファイルに保存したので、時間のあるとき果敢にチャレンジしましょう。
 平成24年12月24日(月) 松本のエッジ&ソファへ遠征練習に行きました。12時から16時まで、それぞれが自分のレベルに合わせたボルダリング課題に取り組みました。センターにはない大きくハングした壁も多く、いつもはできない練習ができました。最後は逆さまにハングしたルーフ課題にも挑戦し、完登した人もいました。
  平成24年12月8日(土) 山岳総合センターにて、テープ課題→百手→オリジナル課題に取り組んだ後、8個の課題によるコンペを行いました。難しい課題も多かったのですが、果敢なトライに打ち込み、3名が5課題以上完登の好成績を収めました。平日や休日時間のある日は個人練習にも訪れ、技を磨いてください。クラブファイルも積極的に活用を。
 平成24年11月23日(金)今回のテーマは「足使い第一弾」。カウンターバランスを実感してもらおうと、やじろべーなんかも用意しましたが、逆にわかりにくかった??かもしれません。次回改めて復習します。後半はオリジナル課題でコンペをやり、時間が過ぎるまで盛り上がりました。登りすぎてくたくたになってしまった人もでるほど皆熱心に登りこみました。
 平成24年11月21日(日)今年もボルダリングシーズンが始まりました。今年から山岳総合センターが週末もオープンしているため、クラブの練習もしやすくなりました。クラブ専用のファイルを使って登りまくりましょう。
 平成24年10月27日(土) 今期最後の人工壁。体験者も含め14名の参加。右・中央・左の3箇所全てにロープを張ったのは初めて。最終日に相応しくたくさん登ることができました。Rinちゃんが壁を初完登するなど、自己記録更新が続出し、白熱してきたところでこの壁がしばらく使えなくなるのも何か残念ですが、次回から山岳総合センターのボルダーで来春に備えて体幹を鍛えましょう。来春またここを登るころには更に高みに届くようになっているはず。
 平成24年10月13日(土) 爽やかな秋の朝13名で壁を登りました。右と中央に張ったトップロープのルートをメンバー全員が次々と登り、あっという間の2時間でした。人工壁も次回が今年の最後、どのメンバーも4月と比べると到達高度が随分伸びたと思います。さて、今日の驚きはS太郎くんが大人顔負けの10Cルートをレッドポイント(トライを重ねて落とすこと)したこと。不可能と思えた遠いホールドも、あきらめずに何度も粘ったトライの末、巧みなムーブで掴んだのには感動でした。クライミングの価値や素晴らしさは、上手下手ではなくて、自分にとっての難しい課題に立ち向かう挑戦心だと思います。
 平成24年9月22日(土)運動公園人工壁にて。参加者12名。壁全体のルートを満遍なく登りました。トラーバース課題では、ジャンケンゲームも好評だったようです。
10月8日(月曜体育の日)には希望者8名で松本市島内のエッジ&ソファにボルダリングへ行きました。天井の様にかぶったルートをサクッと登ってしまう人もいて、上達ぶりを実感しました。ジムに来ていた他の大人も驚きや羨望のまなざしでみんなの様子を見ていましたよ。
 平成24年9月8日(土)山岳総合センターにてボルダリング。参加者12名。テープ課題と100手課題を行いました。100手課題は23番が最高記録でした。それぞれ自分の記録を覚えておき、更新できるようがんばりましょう。
 平成24年8月18日(土)運動公園にて。warm-upのトラバースはタイムを計りました。早い人は19秒で完了しましたが、誰でも繰り返すほどにタイムが短縮され、良い練習になりました。クライミングは力を無駄に使わぬように一番楽な体勢で正確に登ることが大事ですが、素早くのぼることも同様に効果的です。これからも時々スピードクライミングに挑戦しましょう。
 平成24年8月10日(金) コーチの都合により平日になってしまいました。少人数でしたが、一人6〜7本も右壁をトライでき、いつもの2倍の練習をこなしました。そういえばショウタロウ君が「地獄のけものみち」を見事初登しました。
 平成24年7月28日 運動公園人工壁にて。天気にも恵まれ大勢で右と中央のルートを数多く登りこみました。
 平成24年7月14日 運動公園で今年第7回目の練習。10名の少人数でしたが、最難の左ルートを含め、全員がたくさんのルートを積極的に登りこみました。今日の特別メニューはトラバース課題。難易度をあげるにつれみんなで名前をつけました。ありあり→1点、黄なし(手)→2点、黄なし(手足)→3点、黄なし(手)黄と赤なし(足)【ローラルート】→5点、黄なし(手)パターンのみ(足)【杉ちゃんワイルドルート】→10点、手足パターンで手については黄色もOK【地獄のけものみち】→20点。最難20点ルートはちえちゃんの命名。斬新ですね。
平成24年6月17日 第一回長野県小学生クライミング大会が行われました。ともかく初の小学生対象の大会ということで、試行錯誤の連続でしたが、大勢の参加者が集まり、ファイト溢れるファインプレーに場内は予想以上の熱気を帯びました。大町スポーツクラブからも5名が参加。用意された2本のルートをほとんどの人が完登し、素晴らしい登りを見せてくれました。大会は毎年続き、さらに拡大していくと思います。誰でも参加できる大会です。目標も持ってさらにクライミングを楽しみましょう。
 
  
 平成24年6月9日 小雨の下、人工壁で見学者2名を加えた13名のメンバーが練習をしました。いつもの右ルートに加え、左壁にもロープを垂らしました。ハング気味の最難エリアのため、例年だと敬遠するルートなのですが、今年はみんな意欲的なので、クラブ発足以来初めて登りました。結果は意外と登れたのでびっくり。力がついてきました。また、たとえ登れなくても積極的に何度もトライする姿がスポーツマンらしくていいですね。練習時間が経つのも早く感じます。このように熱心な人が増えてきたので、本当は毎週練習できると良いのですが・・コーチの都合で月に2回しか設定できず歯痒く申し訳ない思いです。近いうち昨年のように平日夕方の希望者練習も再会したいと思います。
 平成24年5月19日 五月晴れとはよくいったもの。澄み切った空の下、新会員4名を加えた14名が人工壁に取り付きました。練習内容はトラバース→トップロープ→2手課題。壁を登って振り向くと爺や鹿島槍が手が届きそうなほどにクッキリ映えていましたね。こんな陽気の土曜の朝は外での運動がピッタリ。いい季節を迎えました。今年も外練張り切っていきましょう。そう言えば初参加者の登りを観ていた誰かが「初心者に負けた!」と悔しがっていました。たしかに今年は初めてとは思えないビックリ新人さんもいます。先輩たちもがんばろう。
 平成24年4月28日 夕方16:15から人工壁にて、11名で練習。人工壁は今年、15年ぶりにリニューアルされました。新しくきれいになったホールドとルートをそれぞれがたくさん登りこみました。今年も外壁での練習がいよいよ開始。新たなメンバーも加えて楽しく活動しましょう。
 平成24年4月14日 雨と寒さのため、練習会場を山岳総合センターに変更しました。センターは今年から、利用時間が平日は夜8時までに延び、土日も開館するようになりました。悪天で人工壁が使えないこのような時、急な代替施設があることはありがたいことです。 参加者は7名と少なめでしたが、クラブ専用のファイルを使って内容の濃い練習ができました。
ところで、ボルダリング室には何やら珍しいものが。それは「スラックライン」。柱の間にピンと張ったテープです。この上を綱渡りのように渡るニュースポーツは、欧米でちょっとした人気だそうです。やってみると結構難しいのですが面白い!! 果たしてこれとクライミングのバランス感覚には関係があるかどうか??今までは別物かと思っていたのですが、今回新しい発見が・・・クライミングの上手な人は、綱渡りも上手!!皆さんもお試しを。
 平成24年3月31日 大雨のため、人工壁での練習を取りやめ、希望者で松本edge & sofaへ行きました。お昼から4時まで様々な課題を登りこみました。
さて、お知らせにも載せましたが、来る6月17日(日)に長野県で初の子供クライミング大会が開催されることになりました。会場は佐久市ということで少し遠いのですが、都合のつくメンバーで、大町スポーツクラブとして参戦します。今後活動の中で参加希望を募ります。長野県山岳協会の主催ですが、NBSと信毎が後援し、TVにも映るそうです。もうすぐTVで大会受付のコマーシャルが始まります。大会も目標の一つにすれば、練習の励みになるのではないでしょうか。
 平成24年2月25日 山岳総合センターのボルダー壁で定期練習を行いました。お知らせした通り、今年からこの壁にクラブ専用の課題を作りました。参加したメンバーはファイルに載っているそれらの課題を、端から登りこんでいきました。様々なグレード(11級〜3級)の課題が用意してあるので、個々それぞれの最高グレードを伸ばそうと、皆熱中して取り組めたようです。次回からは運動公園に活動場所が戻りますが、平日の夕方など、センターに個人で練習に来た際は、クラブ課題にもチャレンジし、ファイルに名を残していって下さい。因みにセンターは今春から長野県山岳協会が管理を委託され、平日や休日の利用可能時間帯が伸びそうです。他市からも羨まれる恵まれた施設環境を十分活用し、この春も存分にクライミングを楽しみましょう。
 平成24年1月15日 8名で松本市エッジ&ソファへ。お昼から4時近くまでボルダリングを行いました。小学生であれば800円(会員500円)の料金がかかりますが、きれいな室内と分りやすくレベル別に分かれた豊富なルートで1日中楽しめます。今日も予定は3時終了でしたが、練習時々滑り台に盛り上がって、去りがたく、結局4時近くまで登り続けました。ルートと違い順番待ちもないので、各自相当な量を登りこんだでしょう。 もともとボルダリングはルートの核心部攻略のために便宜的に考えられた練習方法でしたが、今では独立した種目として、大人気です。特に首都圏では新設のクライミングジムが勢いを増して増えていますが、多くはボルダリングジムのようです。このE&Sは規模的にも内容的にも、首都圏にあるジムを凌ぐ日本有数の素晴らしいジムで、他県から通う人も多いです。週末ともなれば、ちびっ子や子連れも結構いますので、個人でも利用してみてはどうでしょう。クラブでも年に数回は利用して、親御さんを含め、ボルダリングの楽しみ方を伝授します。
 平成23年12月17日 7名で長野市アートウォールへ。少人数でしたが、リードクライミングなど、いつもより高度なメニューを加え、果敢に登りました。クラブ練習ではいつもトップロープ方式ですが、慣れてきたメンバーは安全に配慮しつつ、リードにも挑戦します。自力で登る要素がより強まるので、達成感が大きく、完登の喜びも倍加します。まずはハーネスへの8の字結びをマスターしましょう。
 平成23年11月19日 11名で長野市アートウォールへ。8時半に大町駅へ集合し15時20分に戻りました。練習時間は10時から2時までの4時間。豊富なルートとボルダリングを登りこみ、集中的な練習ができました。現在、AWのオーナーで山岳協会の副会長でもある森山氏中心に、長野県ジュニアクライミング大会の計画を練っています。メンバーそれぞれの力を試し、他クラブとの交流も出来る貴重な機会。開催は来春でしょうが是非実現したいものです。
  平成23年10月29日 今年度最後の人工壁。暖かい陽気の中、子どもは右、大人は中央を中心に登りこみました。それぞれの課題ルートが明確になったところで、この壁ともしばらくお別れは残念ですが、冬の間に別の場所でも練習に励み、春に一段上手になってそれらの課題をサクッとクリアできるといいですね。来月から3月頃まで土曜日は月1回の集中練習です。インドアジムはルート豊富で沢山登れます。こぞって参加を。
  平成23年10月8日 秋も深まり肌寒くなってきました。10名で正面壁の右と真ん中ルートの2本にロープを垂らしました。右ルートが登れる人でも真ん中ルートはコルネの核心でほとんどの人が撃退されてしまいます。アリアリでも登れるようになった人は誰でしたか・・・次回確認してみましょう。
11時半からは5年男子3人が右ルートの10bでコンペをしました。R君は今まで登れなかった最後の1手が届き見事初完登しました。おめでとう。本日の敢闘賞です。ちなみに本日の独創賞は縄文ミニチュアを作ったMユさんですね。
  平成23年9月24日 秋晴れの爽やかな青空の下、14名のメンバーで正面壁を登りました。ウォームアップはトラバース。クロスムーブと重心移動に焦点を当て練習しました。
 ルートは真ん中と右の2つ。小2Sさんは右ルートを初めて完登できました。小6Mさんも真ん中ルートを粘りの初完登。おめでとう!真ん中ルートは傾斜が強く難関ですが、登れる日を信じてMさんに続きがんばりましょう。
 今日はまた、大人メンバーにビレーを覚えてもらいました。メンバー同士でビレーもしあえるとルート数が一気に増やせます。安全に配慮しながらも効率よく沢山登れるように工夫していきます。
 平成23年9月10日 人工壁の西側外壁を2ルート登りました。左ルートは上部でハングとチムニーがでてきます。みんな果敢に挑戦し、見事クリアする人が続出しました。 
 平成23年8月28日 ちょうどよい気温と薄曇のベストコンディションの下、右と真ん中のルートを登りました。メンバーは12名。見学や体験希望者もいたので、総勢20名くらいいたのかもしれません。お知らせしたとおり、9月から平日の練習も始めます。開始は5時としましたが、私たちは4時20分には会場にいるので、早めに来て下さい。終了は6時半としましたが、日が短くなるにつれ終了時刻も早めます。短時間の練習ですが、集中して毎週取り組めば上達間違いありません。がんばりましょう。
平成23年7月24日 運動公園人工壁。 参加者11名。久しぶりに西側の外壁に2本のロープを垂らしました。高度感はあるけど外壁はサクサク登れて楽しいですね。昨年から登り続けているメンバーは楽々登っていました。特にMさんの昨年からの上達ぶりが印象的でした。初めは誰でもうまく登れないのが普通ですが、練習を続けることで、体のバランスを保ち手足を思いの通りに動かす能力が発達します。
 さて、壁を登るというと腕力に目が向きがちですが、実は一番大事なのは足に体重を乗せること。体のムーブや重心の移動をうまく使い、足に神経を集中させることが上達の秘訣です。なのでクライミングは「如何に腕を使わずに壁を登るかを追及するスポーツ」とも言えるかもしれません。そんな奥の深さもあって、はまる人も多いのでは。ところでクライミングは野球、ソフト、空手などと供に2020年オリンピックの種目候補になったそうです。実現すれば面白いですね。
 平成23年7月17日 運動公園人工壁。右ラインを登りました。高学年生はアリアリなら難なく登れるメンバーが増えてきました。次は同ラインの黄色テープ10bルートの制覇を目指そう。 
平成23年6月23日 運動公園人工壁。 梅雨前線の影響でばっちり雨降りでしたが、屋根のおかげで壁は乾いており、予定通りの練習ができました。体験参加者(親子)2名を含む12名で、右ラインと左の難ラインにも多くのメンバーが挑戦。右ラインの完登→左ラインの完登を目標にしよう。
平成23年6月9日 運動公園人工壁、右ライン中心にトップロープクライミングで練習しました。
 平成23年5月22日 風雨強く運動公園の壁が濡れてしまったため、中止としました。が、せっかくの練習日だったので、11時から希望者で松本のエッジアンドソファへボルダリングにいきました。参加者はわずかでしたが、4時までみっちりボルダ練習、アンド、(恐怖の?)滑り台遊びで充実した1日を過ごせました。
 平成23年4月23日 運動公園人工壁にて。小学校の行事と重なり参加者は付き添い含め6名でした。そんな日でもT姉弟はしっかり練習します。特にお姉さんの上達が顕著。6月に予定されている県大会が楽しみです。他の参加者は今年初めて見えた体験者3組でした。新たなメンバーを加えて新年度のスタート。新たな出会いもあり新しいことも始まる春、いいですね。
 平成23年4月9日 今年初めての人工壁。天気も悪かったため、参加は5名と少なめでしたが、久しぶりのロングルートに、子どもたちは眠っていた感覚を取り戻すように、がむしゃらに登っていました。 
 平成23年3月24日 大町北高校にて。運動公園人工壁の予定でしたが気温が低かったため、北高校でボルダリングを行ないました。
平成23年2月26日 山岳総合センターにて、9名参加。充実した初級ボルダールートをコンペ風にたくさん登りこみました。冬季の理想的な練習環境を提供していただいたセンター職員の方に感謝です。
 平成23年1月22日  新年になりました。今年は3年目の活動。山岳協会主催の大会参加や、他団体とのチーム戦など、活動の幅を一歩拡げた1年にしたいと思います。宜しくお願いします。
 今日は長野市AWへTさんと私の車でメンバーを連れて行きました。参加者は少なかったのですが、ジムの用意した、「お年玉ルート」を中心に登りこみ、充実した練習になりました。冬は運動不足で体が重くなりがちですが、ジョギングやスキーなどどんな運動でもいいので、体力維持に努めましょう。
 平成22年12月13日 長野市のAWへ総勢8名でGO。到着すると、開店前なのに子どもと大人がワイワイ。小学校のPTAレクで40名ほどの親子がクライミングをしていました。親子の歓声があがり、子どもたちはどこを登れるか互いに競っていました。最近の子どもは、以前より野外で遊ばなくなり、「木登り」なんていう遊びもまったく見かけなくなりましたが、人工物であれ「よじ登り」は本能を呼び覚まし心を弾ませる効果があるのでしょうか。登らせたくても登れる木もすくなくなった現代、根源的な運動能力が退化しないように環境を用意することも大事。最近のジムの親子連れブームがもっと広まればいいと思います
 さて、ウチは団体さんが11時に帰ってから9M壁でのクライミング練習に入りました(それまでは2階でボルダー)。10台のちょうどいいレベルのルートがたくさんあるので、自分の目標に合わせて沢山登りこむことができました。ここで練習するとクライミングの新たな楽しさを発見するメンバーが多くいます。高さも程よく、適切なレベルが多いからでしょう。登れなかった所が登れるようになったときほど嬉しい事はないですよね。
 平成22年11月27日 大町北高校でのボルダリング。冬季練習メニューが始まりました。今日は各自ボルダーを7〜8本くらい登ったでしょうか。11時からは3つの課題を作り、コンペをしました。これからも寒さに負けずがんばろう。
 平成22年11月13日 長野朝日放送の「ムチューっ子」の撮影がありました。総勢15名(手伝い高校生を含む)でワイワイとトラーバースからトップロープ、ボルダーまでの練習メニュ一連を実践しました。今回の撮影は、スポーツクラブの事務局が番組の打診を受け、クライミング種目を紹介してくれたのがきっかけです。「人気が出始めているスポーツなので、紹介も兼ねて取り上げたい」と製作会社の方が言ってました。わずか5分の番組ですが、みんなバッチリアップで映っていそうです。22日の放映を楽しみにしましょう。
 平成22年10月9日 生憎の雨模様でしたが、壁は半屋内なので全く濡れずコンディションはGOOD。肌寒かったせいか参加者は少なめでしたが、動けばちょうど良い気温、10bルートへの挑戦者が続きました。 
さて、10月23日はコーチの仕事の都合でお休みさせていただきます(申し訳ありません)。 次回は11月13日ですが、この人工壁を今年最後に使いましょう。 12月は長野市への遠征練習を計画中です。そして、12月からは冬期間ということで、昨年同様大町北高校のボルダ壁をお借りします。 今後練習日時が変則的になるので、会員には予定表を数日内に郵送します。
 平成22年9月25日 今日も人工壁の右端アリアリ5.8ルートが人気。ほとんどの人がこのレベルはスムーズに登れるようになってきました。クライミングはグレードや到達高度といった目に見える数値で、自分の上達度が判るのが面白さの一つです。人との比較より、自己の上達を励みに、登りに登って楽しもう。。
 平成22年9月11日 11名参加で運動公園人工壁。9月とはいえ残暑厳しく、ギラギラ照らす太陽の下熱く練習に励みました。高校生のビレイヤーも来てくれたので、2ルートのトップロープルートを存分に登りました。ナオユキ君が目標の10bルートを完登。みんなも彼に続こう!
 平成22年8月14日 お盆休みと重なってしまい、参加数は7名と少なかったかったものの、集ったメンバーは熱心に練習しました。S君から「夏休み特別イベントは?」と過日私がつぶやいた企画の有無をたずねられてしまいました。ごめんね〜今回は準備してなくて。涼しくなったら、何かお楽しみイベントもやりましょう。
 平成22年7月24日 今日のメインイベントは10bルートのコンペ。唯一の完登者ユーリさんが優勝です。全員で11名のメンバーがそれぞれの最高点目指して力を競い、人が登るときもよく見て声援がとんだので、いい雰囲気の練習になりました。小学校高学年はこのルートを目標の一つとして、これからも励みましょう。(みんなが解散してから、隣で登ってた高校生も同じルートで苦戦して、曰く「小学生おそるべし!」)
 平成22年7月10日 体験者2名も含め12名が人工壁に集いました。始めはリクエストに応え、外側面の垂壁へ久しぶりにロープを垂らしました。昨年は高度にビビッていたメンバーたちも、今年は高さにすっかり慣れ、高いところも自然な動きで気持ちよさそうに登ります。一方、今年始めた子たちはまだ高さが怖いようですが、じきに慣れるので、無理せずゆっくりやりましょう。 楽しく長く続けることが技術とからだをバランスよく磨きます。
平成22年6月26日 小雨模様の天気。8名のメンバーでウォール右端と内部壁ボルダリングにトライしました。壁右端は最も取り付きやすいラインとはいえ、小学4年生以下ではリーチが短く下部ハングに苦戦する人続出。小学生はまずここの乗り越えがいい目標になりそうです。 
 平成22年6月12日 今年度最初の練習日。7名のメンバーでウォール右端をなんでもありで登り、久しぶりのリード壁の高さと感触を確かめました。
 平成22年3月27日
 
山岳総合センターにて初年度最後の練習。成長著しいメンバーが揃いボルダリングに励みました。120手課題は45手まで届いた人もいます。強い!センター職員の方にもお手伝いいただき充実した練習ができました。ありがとうございました。
 新年度は旧年の成果も踏まえクライミング大会の参加やジムへの遠征、自然石のボルダ体験なども考えています。新たなメンバーも加えて6月からまた楽しみましょう。
平成22年3月13日
 長野市Art Wallでの遠征練習会。こども5人保護者3人と私、計9名で行きました。10時から13時半の間、メンバーは「夢中で登りまくった」という感じです。賑やかだった往きの車中とは対照的に帰りの車中の静かなこと。いつもの数倍は登ったので無理ありません。ジムではオートビレイのルートと別の壁に張ったトップロープルートの2本をほとんど独占で使わせてもらえました。久しぶりのルートでしたがボルダーで体をほぐすと、多くの子がサクサクと9Mの高さを登り、3年生以上は10aに挑み続けました。環境が良いと子供達は自分の課題を考えてどんどん登ります。さて、クラブはたった月2回の練習ペースでしたが、発足当初と比べるとみんな随分ムーブがうまくなりました。ダイアゴナルやハイステップなどの動きが板についてきました。特にジュニアのクライミングでは筋力よりも運動神経系が発達すると言われていますが、なるほどと思います。
今回利用したアートウォールやリンクを貼った松本のジム等に、春休みを利用して家族でも是非遊びに行って下さい。最近ジムには家族連れが増えており、スタッフも色々と対応してくれます。個人で出かけたら体験したことをコーチにも教えてください。森山さん始めアートウォールの皆様どうもお世話様でした。
 平成22年2月27日
 10名で北高校にて練習。厳しい寒さ、練習の合間にはいつもの「鬼ごっこ!」のリクエスト。しかし、こんなレクを通じて子供達はすっかり打ち解け、年度当初の緊張感が懐かしくもなります。クライミングは個人競技ですが、チームメートの相互作用が個の力を伸ばすこともできるはず。まずは仲良くなり仲間意識が生まれれば今年はOKでしょう。後半の20手課題チャレンジでは、ナオユキ君が最長到達15番タッチ。ケンサク君が14番タッチでした。今年の北高校での練習は今日が最後。学校関係者の皆様、快く施設を開放してくださりありがとうございました。後日校長先生にお礼に行ってきます。
 平成22年2月13日
 
7名で北校ボルダ壁を登りました。今年一番の冷え込みにも負けず設定課題を少しずつクリア。後半は新たな20手課題でセッション。14手まで到達したケンサク君、ミユさんが今日の最高記録です。次回は誰が記録を塗り替えるかな?
 平成22年1月9日
 山岳総合センター職員のご協力により施設内の壁を使わせてもらえました。壁が広く暖房もあるため心置きなく登れる環境。今日はとにかくたくさん登りこませました。職員や協力者が子供向けの課題を予め作ってくれてもあり、質量ともにすばらしい練習ができました。センターの皆様ありがとうございました。週末は休館ですが、平日なら5時まで誰でも利用できます。今日挑んだ課題を個人でも練習しはじめると、驚くほど上達しますよ。