大阪府綱引連盟 ホームページ
トップページ トピックス 連盟登録チーム紹介 大会日程 大会結果
綱引の歴史 競技方法 理事会報告 連盟役員一覧 かわら版2008

綱引競技の方法


1.競技場と用具(インドア)

(1)競技場(レーン)

競技場はレーンと呼ばれ、長さ33m、幅0.9m〜1.8m。中央にセンターライン(赤)と中央から左右に2mの位置にホワイトライン(白)、さらに10mの位置にエンドライン(白)が引かれている。

(2)ロープ

素材はマニラ麻で、外周10cm〜12.5cm、長さ35.5m〜36m。
レーンと同じように、中央にセンターマーク(赤)と中央から左右に2mの位置にホワイトマーク(白)、さらに50cmのところに、一番前の選手がロープを握る位置を示すブルーマーク(青)がつけられている。
【レーンとラインの解説】
A競技ゾーン 競技開始にあたって選手が整列し、競技が行われるゾーン。
B後方安全ゾーン 競技開始後、選手が後方へ下がっても壁などにぶつからないための安全ゾーン。
センターライン 競技開始時のロープの中心を合わせるためのライン。
2mライン 勝敗決定のためのライン。一方のロープのホワイトマークが、このラインに達したときに勝敗が決定する。
エンドライン チームの最後尾の選手(アンカーマン)は、競技開始前まで安全ため、このラインの内側にいなければならないことを示す。
通常、2mラインから10mの位置に引かれるが、会場のスペースによっては、後方安全ゾーンを最低4.5m以上確保することを優先する。
サイドライン 公式競技会では、レーン幅は90cmで行われ、このレーンから出たまま引き続けた場合は失格となる。



2.選手と服装

(1)チーム構成

監督(コーチ)・・・1人
トレーナー・・・1人
選手・・・8〜10人
選手は、1番前の選手をファースト・プラー、2番目をセカンド・プラーと呼び、以下同様に3番目の選手をサードプ・プラー、・・・セブンス・プラー、最後の8番目の選手はアンカーマンと呼ぶ。

(2)クラス

出場する選手8人の合計体重により、複数のクラスで男女別に行われ、日本選手権では男子600kg、女子520kgで実施されている。

(3)服装

一般的なスポーツウェアを着用し、上着は脇、上腕の保護のため7分袖または長袖であることが望ましい。
靴は、綱引シューズまたは、一般に市販されている靴底の平らなかかとのないスポーツシューズを使用。ただし、素足での参加は認められない。



3.競技開始の準備

(1)ロープの握り方と姿勢

一番前の選手(ファースト・プラー)はロープの青マークのできるだけ近くを持ち、エンドランまでの間に8人が並ぶ。選手はロープの左右どちらで引いてもよく、両手の平が向かうような持ち方で、競技中ロープが身体と上腕部の間を通るように持ち、両足が常に膝より前に出るようにしなければならない。

(2)アンカーマン

最後尾のアンカーマンは、他の選手と同じようにロープを持ったあと、ロープを脇の下から背中を斜めに通して反対側の肩に掛け、残ったロープを脇の下を通して斜め後ろに垂らすようにする。



4.競技の進め方

(1)競技開始

主審の「ピック・アップ・ザ・ロープ」の号令【両手を前に水平にあげる(写真1)】で選手はロープを持つ。
次に主審の「テイク・ザ・ストレイン」の号令で【両手を頭上にあげる(写真2)】ロープをひく体勢に入る。このときお互いに体重を充分に後ろにかけロープを引く姿勢をとり、ロープがピーンと張られた状態にする。
ロープのセンターがあっていない場合は、主審が両手を頭上にあげたまま、手のひらで引いているチームを招きよせる動作、または他方のチームに引くようを動作で示し、各チームば主審の手の動きに合わせてロープのセンターを合わせるよう調整する。
センターマークが合うと、主審は「ステディ」の号令をかける。【両手の平を外側に返す(写真3)】 。このステディは、「そのまま、動くな」の意味で、選手はテイク・ザ・ストレインの状態を維持してスタートの合図を待つ。
続いて主審の「プル」の号令で【頭上に上げられた手を勢い良くふり降ろす(写真4)】、競技が開始される。

(2)競技方法

ゲームは3セットマッチで行うことが望ましいが、最近では3〜4チームによる予選リーグと決勝トーナメントを併用し、決勝のみを3セットマッチで、他は1セットマッチで行う大会が多い。

(3)競技時間と勝敗の決定

競技は一方のチーム側のロープのマークが相手側の2mのラインに達したとき、すなわちロープが4mどちらかに移動したときに勝敗が決定する。屋外の場合は、4mの位置につけたマークがセンターラインに達したときに勝敗が決定する。 競技終了の合図は主審がホイッスルを吹き同時に勝ちチームを指し示すことで終了する。(写真5)3セットマッチの場合はサイドを交代する。

(4)反則

競技中の反則としては次の様なものがある。
シッティング・・・・足の裏以外の部分が地面についたまま競技続ける。
ロッキング・・・・ロープを腿に抑え込むなど、ロープの自由な動きを妨げるような引き方。
ボジション・・・・足先が膝より前になく、しゃがみ込むようを姿勢で競技を続ける。
サイドスッテプ・・・・サイドラインよりほみだしたままロープを引き続ける。
グリップ・・・・規定以外のロープの握り方をした場合。.
プロッピング・・・・ロープが身体と腕の上部の間(肘から、脇の下の間)を通らないようなもち方をした場合。
アンカーマングリップ・・・・アンカーンが規定以外のロープのもち方をした場合
※この他にも、クライミング、ローイング、リーニング、といった反則がある。

(5)失格

ゲーム中に反則が起こった場合は、審判により反則を正すように注意をうけるが、注意されても改めない場合や、反則が度重なる場合はコ一ションが宣告される。(写真6 1回目のコーション) コーションは1回のゲームで2回まで許されるが、3回目のコーションが告げられるとそのチームは反則負けとなる。


(C)Copyright 2007 大阪府綱引連盟,all rights reserved.