沖縄 仏壇
Google

応仁の乱

応仁の乱

応仁の乱(おうにんのらん)は、室町時代の応仁元年(1467年)に発生し、文明9年(1477年)までの約10年間にわたって継続した内乱。8代将軍足利義政の継嗣争い等複数の要因によって発生し、室町幕府管領家の細川勝元と山名持豊(出家して山名宗全)らの有力守護大名が争い、九州など一部の地方を除く全国に拡大した。乱の影響で幕府や守護大名の衰退が加速化し、戦国時代に突入するきっかけとなった[1]。十数年に亘る戦乱によって、主要な戦場となった京都は灰燼と化し、ほぼ全域が壊滅的な被害を受けて荒廃した[2]。 応仁元年(1467年)に起きたことから応仁の乱と呼ばれるが、戦乱期間の大半は文明年間であったため応仁・文明の乱(おうにん・ぶんめいのらん)とも呼ばれる。

気になる 生活に役立つ情報



恋愛 諦めた
恋愛 因果応報
恋愛 男 女
恋愛 三角関係
恋愛 すれ違い
恋愛 長続き 方法
恋愛 連絡頻度
恋愛 忘れたい
恋愛 自信を持つ
恋愛 めんどくさい
恋愛 押し引き
恋愛 イライラ
恋愛 興味のない男
恋愛 距離を置く 距離感
恋愛 急に冷める
恋愛 怖い
恋愛 寂しい
恋愛 楽しくない
恋愛 停滞期
恋愛 抜け駆け
恋愛 成功
恋愛 未練
恋愛 下手 女
恋愛 満たされない
恋愛 理系
恋愛 美化 美人 美肌効果
恋愛 勉強
恋愛 母性本能
恋愛 ペット
恋愛 鈍感
恋愛 努力
恋愛 引き寄せの法則
恋愛 馬鹿らしい 馬鹿馬鹿しい
恋愛 運勢
恋愛 束縛
恋愛 精神病
恋愛 続かない
恋愛 楽しむ
恋愛 苦手 男
恋愛 呪い 女性

 

応仁の乱

時代背景//応仁の乱

義政の怠惰、早い隠居志向//応仁の乱

勝元と宗全の対立//応仁の乱

諸大名家の家督争い//応仁の乱

文正の政変/経過//応仁の乱

御霊合戦/経過//応仁の乱

大乱前夜/経過//応仁の乱

戦闘の本格化/経過//応仁の乱

戦乱の終息の予感/経過//応仁の乱

終息/経過//応仁の乱

拡大の要因//応仁の乱

摂津・河内・和泉・山城//応仁の乱

大和//応仁の乱

近江・美濃//応仁の乱

越前・尾張・遠江//応仁の乱

播磨・備前・美作//応仁の乱

備後・安芸//応仁の乱

戦術の変化//応仁の乱

戦乱の影響//応仁の乱

幕府・守護権力の変化/戦乱の影響//応仁の乱

公家の没落/戦乱の影響//応仁の乱

京都の被害/戦乱の影響//応仁の乱

応仁の乱後の京都復興//応仁の乱

細川勝元//応仁の乱

勢力争い/細川勝元//応仁の乱

山名宗全//応仁の乱

嘉吉の乱から隠居まで/山名宗全//応仁の乱

応仁の乱と最期/山名宗全//応仁の乱

死後/山名宗全//応仁の乱

足利義政//応仁の乱

側近政治への移行/足利義政//応仁の乱

関東政策と大名家への介入/足利義政//応仁の乱

後継者問題から応仁の乱へ/足利義政//応仁の乱

晩年/足利義政//応仁の乱

最期/足利義政//応仁の乱

評価/足利義政//応仁の乱

日野富子//応仁の乱

応仁の乱後/日野富子//応仁の乱

足利義視//応仁の乱

応仁の乱

足利尊氏

織田信長

徳川家康

干支 性格 辞書

 


大きな地図で見る