実況中継 好天で迎えた第6戦は、好投手燃える男戸崎投手擁するエンジェルス。
何となく相性の悪い印象が強いが、完封勝利の勢いで行けるか?
今期最多の19人参加となったこの試合は先攻。
初回、先頭のマグナム山田はボテボテのセカンドゴロであっさり倒れるが、続く2番暴言王新谷が四球で出塁。今一つ調子の上がらない3番キャプドラ太田はランナーを進めたいところであったが、今期初三振。2死となり4番核弾頭大島の打席、大島が四球と勘違いして歩き出したのに釣られ、暴言王も2塁へテクテクと歩きつつ、実は3ボールでディレードスチール成功。これが作戦だと凄いのだが、只の天然・・・。結局四球となるが、このボールが暴投となり、2死ながら1・3塁のチャンス。ここで5番大木凡助がサードへ内野安打を放ち1点先制!
その裏、スシ石田の立ち上がり、1番のサードゴロをダンディー横井が好守でアウト、2番を三振と上々だったが、3番に死球を与えると、4番にセンター前ヒット、5番に火の出るようなライト前ヒットを浴びてしまう。しかし、ライト伊東からホームへの返球をキャッチャー太田がナイスブロックでホームを死守、無失点で切り抜ける。
2回表、1死後、サンバイザー伊東のヒット、ダンディー横井の死球で1死1・2塁のチャンスを作るが、後が続かず無得点で終わってしまう。
2回裏、今一つコントロールの定まらないスシ石田は、先頭打者を四球で出すと、ヒット・四球で無死満塁のピンチを迎える。1死は取るが、追い込んでからの球が高目に甘く入ったところを次打者に痛打され、走者一掃のレフトオーバー2ベース。3失点で逆転を許してしまう。しかし、後続にもヒットを打たれるが、ランナーを三本間で足止めにし、キャッチャー太田が狭殺でアウトにし、これ以上の失点は許さず。
3回表、先頭のシュフ森木が9球粘りに粘って四球で出塁すると、続くQP安井はピッチャー前にボテボテ過ぎる内野安打で無死1・2塁のチャンス。ここで、リンリン田中を迎えるが、無抵抗に三振。最近練習足りてないんじゃないすか〜?土曜会で鍛えなおしです。久しぶりの登場となるノーヒッター小栗もノーヒット記録更新の三振。いつ出るのか賭けにもなりかねないです。この間暴投で2死1・3塁となり大島BIM。初球が暴投になり、3塁よりシュフ森木が生還し、1点返すも、大島BIMも三振で、3者三振を喰らってしまう・・・。
3回裏、またもや先頭打者を四球で出してしまうと、続く打者にヒットを浴びる2回裏と同じような展開。続く打者をサードゴロに打ち取るが、次打者にライトオーバー2ベースを浴びてしまう。1点を失うが、ライト伊東からファースト佐野と中継され、またもやキャッチャー太田がナイスブロックで3回連続のクロスプレーでランナをアウトにし、バックの好守で1失点に抑える。
4回表、1死後、クセモノ北西がセンター前クリーンヒットで出塁するが、後が続かず無失点と好投手から、なかなか点が取れない嫌な展開。
4回裏、セカンド金子が弾いた打球をショート大木がそのままファーストに転送するなどアライバを髣髴とさせる好プレー(珍プレー?)もあり、簡単に2死を取るも、燃える男戸崎選手にあわやホームランとなるセンターへの2ベースを浴びると、スシ石田は突如コントロールを乱し4連続四球を与えると、1塁への強襲安打を浴び、2死からのまさかの4失点。
6点を追う5回表、先頭のキャプドラ太田が右中間3ベースを放つと、核弾頭大島が技ありのレフト前タイムリー、暴投で無死2塁とすると、大木凡助がセンター前ヒット。大島が生還するが、大木が送球の間に2塁を狙うもボールがホームに返っておらず、2塁で憤死。ポロリ松木はいい当たりだったがファーストライナーで2死・・・。万事休すかと思ったが、疲れの見えてきた戸崎投手に怒涛の攻撃を見せる。流し佐野センター前ヒット、サンバイザー伊東ショート内野安打、ダンディー横井センター前ヒットで2死満塁とすると、ゼッツ金子がレフト前に2点タイムリーで2点差とすると、河村監督がジャストミートの打球はセンターの刈り取った木の葉っぱを直撃。番長のお株を奪う葉っぱホームランは何と大逆転のスリーラン!更にシュフ森木はショート後方へのフライがヒットとなり、更に守備がもたつく隙に2塁へ。続くQP安井は三振となりチェンジとなるが、怒涛の攻撃で7得点!
僅か5分弱となった5回裏を無失点で抑えれば勝利となるスシ石田。しかし、先頭打者に2ベースを浴びてしまうと次打者に痛恨の四球。続く打者を打ち取るが、ここで無情の時間切れ。逆転勝利ばかりか5回表の怒涛の攻撃も無効となってしまいました(涙)
最終回の攻撃は怒涛ではありましたが、もっと前の回に投手に揺さぶりをかける等すれば、もっと早く攻略出来たかもしれません。打てないかな?と思うならバントの構えをするなど、工夫が必要です。バントの練習ももっとやった方が良いですね。
スシ石田は、ボール先攻となりストライクを取りに来た甘い球を打たれてしまう、あるいは四球を出してしまう悪い流れが出てしまいました。気持ちを切り替える上でも、もう一人ピッチャーを育成する必要が出てきているのかもしれません。
個人個人がテーマを持って試合に取り組んでいきましょう!
<本日のMVP> キャプドラ太田(3度のホームクロスプレーでホーム死守)
<本日のMEP> サンバイザー伊東(好守に亘り活躍) & シュフ森木(見本のような粘り打ち&好走塁)
  Batter Pos  TPA AB R H 2B 3B HR RBI SF BB SO SB E
1 山 田 CF 2 1               1      
2 新 谷 DH 2 1 1             1   1  
3 太 田 C 1 1                 1    
4 大島田 CF 1                 1      
5 大 木 SS 1 1   1                  
6 松 木 DH 1 1                      
7 佐 野 1B 1 1                      
8 伊 東 RF 1 1   1                  
9 横 井 3B 1                 1      
10 金 子 2B 1 1                      
11 河 村 DH 1 1                      
12 森 木 DH 1   1             1      
13 安 井 DH 1 1   1                  
14 田 中 DH 1 1                 1    
15 小 栗 DH 1 1                 1    
16 大島B DH 1 1                 1    
17 石 田 P 1 1                      
18 北 西 DH 1 1   1                  
19 古 田 DH 1 1                      
Total 21 16 2 4           5 4 1  
HOME
PROFILE
MEMBERS
SCOREBOARD
STATS
SCHEDULE
BALLPARK MAP
BBS
OZEKI ROOM
HKSA Homepage
勝利投手 石田 2勝4敗 / 奪三振 1 与四死球 8
HR -
第6戦 2011/7/10 第1試合 石z尾(SKM)
1 2 3 4 5 6 7 Total
Ozeki 1 0 1 0       2
Sanyei 0 3 1 4       8

OZEKI SOFTBALL TEAM

HKSA Men's AA League

SCOREBOARD