P CUP2007 特別ルール

文責:P CUP 2007実行委員会

           マナー

            選手及び応援者は以下のマナーを遵守すること。

                  1、体育館は運きやすい服装、屋内用のシューズを着用すること。

                      2、施設を汚さず、ゴミは各自が責任を持って処理すること。

                      3、野次等、過度の応援は避けること。

                      4、コートを除く校舎内でのボールの使用は禁止する。

                      5、その他、政策学部生として恥じない行動をとること。 

 

           試合形式

            ・試合は6人制とし、ラリーポイント制で行う。

                     ・ネットは2.15m、コートは18m×9mとする。

                     ・2セットマッチ20ポイント先取(デュース無し)。勝敗は2セットの得失点の合計で決めるものとする。

                     ・1つのチームで2チーム、人数が均等になるように分け、選手は必ずどちらか1つのセットしか出場できないものとする。 

                    ただし当日の参加人数が12人未満の場合は重複を認めるが同一人物が複数回2セット出場することはできない。

 

           ルール

                     ・各チームの代表者が試合前にジャンケンをし、サーブ権を決める。

                     ・サーブ権を得る毎に各チームで提出したオーダーシートの順にローテーションを行う。

                     ・サーブはネットインを無効とし、ネットインの場合、再度同一者のサーブから始める。

                              (選手交代をした場合は交代した選手の順番に従うこととする。)

                     ・タッチネットは有効。ネットに選手の身体が触れた場合、接触した選手の失点とする。

                     ・ボールがネットに触れた場合、プレーを中断し触れたサイドのチームの失点とする。(ただし、相手コートへのネットインは有効。)

                     ・選手交代は自由とする(ただし交代の際は、必ず主審に申告をすること)

                     ・天井や壁、その他の障害物にボールが触れた場合、最後に接触したチームの失点とする。

                     ・リベロは適用しないものとする。

                     ・ボールは身体の如何なる部位の接触も有効とする。

                     ・各チーム女性が必ず2人以上コートにいなければならないものとするただし女性が2名以内ゼミの試合はこの限りではない。

                     ・女性に限り、サーブをサービスラインから相手コートに投げ入れることをサーブとして認める。

                     ・バレーボール経験者はなるべくスパイクは利き手と逆の手で打つこととし、絶対に空気を読むこと。

                    意図的な違反は主審の主観による判断で注意することとする。

 

           審判

                     試合をやっていない出場チームから各チーム3人ずつ審判を出すこととする。

                     ・主審…上記のルールを参考に、ポイントや反則のコールをする。

                     ・副審…主審と同様。ただしコールはしない。また、ポイントのカウントをする。

                     ・ラインズマン…ボールイン、アウトの判定、ブロッカーのワンタッチを見る。

 

           オーダー用紙

                     出場チームの代表者は、エントリーを済ませた後、本部にてオーダー用紙を受け取り、オーダー用紙を2部作成し、1部は本部に提出すること。

 

           棄権

             試合開始時間のコール後、10分経過してもチームが現れないもしくはメンバーが揃わない場合は、

             審判もしくは選手が大会本部に報告する。更に5分経過しても相手チームが現れない場合、そのチームは棄権処分とする。

 

           反則について

            [反則] オーバータイムス

                          ボールを返すまでに4回以上触ってはいけない。バレーボールは3回で相手コートに返さなくてはいけない。

                          ブロックで触った場合は1回とは数えない。そのあと3回触っても大丈夫。

 

                     [反則] オーバーネット

                          相手コートにボールがあるときにネットを越えてボールを触ってはいけない。

 

                     [反則] タッチネット

                          選手がネットに触れてはいけない。

 

                     [反則] ダブルコンタクト(ドリブル)

                          一人の選手が2回連続でボールに触ってはいけない。

                          ブロックの時にボールが1人または複数のブロッカーに連続して当たった場合、それが一つの動作中ならば反則にはならない。

 

                     [反則] ホールディング

                          ボールを掴んではいけない。手のひらが上に向いた状態でボールを触るとこの反則を取られることが多い。