2サイクルスーパージェットツイン 

 

ヤマハ YAMAHA HX90                     SUZUKI RG185    Main Pageへ  

                                                                     

hx9074.JPG 1960年代後半、ヤマハからAT90という2stツインのスポーツバイクが発売されていました。その発展形として1971年に登場したのがこのHX90です。

フレームからメーター類やエンジン、車体各部の造りは決して手を抜くようなことはなく、90ccを上級車と同じ本格的ロードバイクの最小排気量と捉えていることが分かります。AX125とはよく似ていますが、多くのパーツが別で、このHX90の存在感を高めています。

発売時の車体価格は125より廉価でしたが、エンジン系などはすべてのパーツを125よりも小さく精密に作らなければならず、むしろコストはこちらの方がかかったのではないかと感じてしまいます。実際、1974年には短気筒のRD90に引き継がれ、その姿を消しました。

 

                                                                        

hx9075.JPG 

 このHXは90年代後半、中古で購入しました。

走行も少なく、驚くほどいい状態でした。 店頭に出ていた時点ですでにキャブやクラッチ系のOHもなされていて、さらにオイル系のホース類などもきちんと新品に交換してありましたから、こちらですることは何もありませんでした。

 現在までの10年以上の間にしたことと言えばバッテリーやミッションオイル、タイヤなどの消耗品の交換をそれぞれ数回した程度です。

                      

 

 hx9085.JPG

 

※←1972年、オートバイ誌の記事です。

この時点ですでに 「90ccツインエンジンは唯一のものとなってしまった」 との記述があります。

 

 

 

 

hx9077.JPG 

 富士山にツーリングに行きました! 共に走ったのはZX-10やレーレプの高速系バイク達でした。 90ccでもとりあえず90Kmあたりまでは楽に出るから、流して走ってもらえばなんとか一緒には走れます。(ぎりぎり^^;)

 

 

 

 

 

 

hx9079.JPG hx90761.JPG ハンドリングは落ち着いていて、90ccとはいえ、いかにもロード系のそれで、トレール車系から乗り換えるとその違いを実感します。

エンジンは、わずか44cc×2!の2スト!です。

原付よりもぐっと小さいミニピストン2つにミニキャブ2つが付いています。 未来永劫、同じ形のエンジンはこの地球上で2度と作られることはないでしょう。

当然、その排気音はカン高く、独特のものです。KH250の音質に似た感じです。耳障りなものではありません。

 写真は生野方面へのツーリングにて。

 

 

 

 

hx9080.JPG 

 淡路にて。HXは海の風景にもよく似合います。(←自己満足とも言う)

 

 

 hx9082.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

hx908313003.JPG 

 2009年7月、久しぶりにエンジンをかけました。充電しておいたバッテリーを取り付け、新鮮なガソリンを入れるとキック2発目で目を覚まし、白煙を吐き始めました。 特にエンジンが温まるまではKHよろしく白煙ダッシュです。(後ろの車ごめんなさい^^)

 

2STカストロールのいいにおいが写真からも漂ってきそうです。

 

 

 

 

 

 

 

hx9084.JPG 

 その後つくはら湖に行ってきました。梅雨時の夕方でしたがCT100氏、ハーレー氏達がツーリングに来られていました。気さくな方たちで、楽しくバイク談義させていただきました。

 

 

    

       SUZUKI RG185     Main Pageへ    

        ページ上へ