(実施要項及び競技上の注意事項)

                                                                        
 杉並PTAカップ


1. トーナメント形式、ベンチは組合せ番号の若い順を
   1塁側とし、3塁側を先攻とする (先行・後攻はじゃんけんで
  決定する。)。

2. 試合開始予定時刻の30分前(厳守)までに
   本部指定のメンバー表に記入して提出する。

3. 試合は 7回戦、1時間30分以内とする。
   球審の「最終回」のコールが優先する。
   ただし、準決勝と決勝戦のみ1時間45分以内とする。

 <凡例>
(1)表の攻撃中に1時間30分が過ぎた時
   @先行チームが勝っていた場合−裏まで行う。
     裏の攻撃で逆転した場合はサヨナラで終了。
   A先行チームが負けていた場合−表で終了。
     但し同点・逆転となった場合は裏まで行う。
(2)裏の攻撃中に1時間30分が過ぎた時
   @先行チームが勝っていた場合−最後まで行う。
     逆転した場合はサヨナラで終了。
   A先行チームが負けていた場合−試合を打ち切る。

4. 得点差によるコールドゲームは、3回20点、4回10点、
  5回以降は7点とする。


5. 延長戦は行わず、7回終了時または制限時間を過ぎての
   同点の場合は、 最終出場ナイン全員よる抽選を行い、
   18枚中1枚しかない○印の封筒を引いた選手の所属チームを
 勝ちとする。   ただし、準決勝と決勝戦のみ特別方式を適用し、
   試合を最大2イニングまで行う。

    (特別方式)
   特別方式は継続打順とし、前回の最終打者を1塁走者
   として、  2塁・3塁の走者は順次前の打者とする。
  すなわち無死満塁の状態で試合を行う。

6.   降雨、日没等による正式試合の成立は4回完了時とする。

7.  大会使用球は学童は健康ボールC号、中学はB号とし
  主催者側が用意する。

8.   監督に限り一般と同様グランドに出て、
     指示などをすることができる。
     捕手を含む野手が一試合に投手の所に行けるタイムの
     回数は、  3度以内とする。

9.   抗議できるものは、監督と当該プレーヤーとする。

10. 捕手のマスク及び金属・ハイコンバットは、J..S.B..Bの
     マークの入ったものを使用する事。

11. 試合では、危険防止のため連盟公認の捕手の用具
      (レガーズ・プロテクタ一・ヘルメット)を着用する事。

12. 打者、走者、次打者、ベースコーチ(中学は除く)は、
  必ずヘルメットを着用する事。

13. 守備が終わり、最後のボールの保持者は、必ずマウンドに
     ボールを置いてベンチに戻る事。

14. 試合中にベンチに入れる大人は、チーム代表者(引率受任者)、
     監督、コーチ(登録者に限る)、マネージャー1名、
     スコアラー1名とする。

15.  チーム審判員(塁審)は、原則として自チームの試合を
      担当する。 準決勝、決勝戦は大会本部が担当する。

16.  勝ったチームの代表者は、必ず今後の予定を本部に
      確認してから帰る事。

17. 試合途中での降雨、雷雨時の中断・中止の決定は審判団の
   協議により決定する。


=注意事項=


@ 試合はもとより、移動を含め安全には十分気をつける、他、保険加入は
    参加チームの責任とする。
A 小雨の際の試合は決行します。
    当日雨天の場合、試合の有無は7時に決定しますので、
    大会事務局に問い合わせをしてください。
    (会場への問い合わせは厳禁) ただし、当日試合のあるチームの
    代表者1名に限ります。
    尚、7時30分以前の問い合わせはお断りします。
B 大会期間中の日程・結果・会場等、P協ホームページで確認して下さい。

  P協ホームページ: http://sports.geocities.jp/pta_cup

   
◎大会事務局問い合わせ先 
   河野 090-2940-5000

戻る